写真や画像をクリックすると拡大します!

2015年08月10日

「工学ガールのためのサマーCafe」開催(2015年)

 平成27年8月10日(月)、オープンキャンパスにあわせて、「工学ガールのためのサマーCafe」が13時から開催されました。主催は、兵庫県立大学女性研究者支援室で、姫路工業倶楽部は、協賛しました。サマーCafeの狙いは、女子高校生の皆さんに工学部に興味を持っていただき、最終的には女子の工学部入学者を増やすことにあります。
今回は、50名の女子高校生が訪れました。(昨年は63名)


 第1部では、在学生(4年生と大学院生各1名)から、合格体験談、授業、サークル、アルバイトなどキャンパスライフの紹介に加え、企業で活躍する卒業生の講演としてダイキン工業株式会社 橋岡様から「大学から社会に繋がるキャリアパス」と題してお話をしていただきました。
P1010471(20140811)A.jpgP1010987.JPG

 第2部のフリートークは、丸テーブルを囲んでの相談会。学生に加え、橋岡様や学生部長の藤原先生含む工学部の女性研究者(先生)も入って、大学のこと、進路相談など疑問に思っていることをface to faceで何でも相談できる密度の濃いもので保護者の方も加わって、熱心な相談が行われました。
P1010995.JPGP1010999.JPG
*写真をクリックすると拡大します

2015年08月05日

大阪支部だより 第14号発行(2015年7月)

 大阪支部だより 第14号が福本大阪支部長から発行されました。A4版18頁です。
目次: 挨拶、大学や本部の近況、大阪支部秋の見学会、
    先輩としての一言、会員の近況、各科の近況、
    企業内グループの近況、同好会の近況、随筆 など
大阪支部だより 第14号0001.JPG

・第11回 姫路工業倶楽部 大阪支部総会のご案内
 日時: 10月3日(土) 16:00〜20:00
 場所: 神仙閣(大阪駅前第一ビル12階)
 *出欠のお返事は、8月20日まで

・大阪支部 秋の見学会のご案内
 日時: 11月7日(土) 9:00(JR神戸駅集合)
 見学先: 県立大学自然・環境科学研究所・自然環境系
     (県立人と自然の博物館)
 場所: 兵庫県三田市
 *出欠のお返事は、8月20日まで

姫路工業大学41E(入学)同級会

 2015年7月17、18日の2日間、鳥取県岩美町の岩井温泉(明石家)で、姫路工業大学41E(入学年)の3回目の同級会を開いた。開催場所が1回目の大阪、2回目の姫路より少し遠い山陰と いうこともあり、今回の予定出席者は前回の17名より少ない11名で、しかも前日からの台風11号の接近で開催中止も危ぶまれたが、台風がすこし西よりのコースを通ったこともあり、出席予定の11名全員が集まることができた。67、8歳という年齢もあり、病気、薬、健康食品など、健康についての話題が多いのはしかたないが、退職後、家庭菜園のレベルをはるかに超えた農業経営をはじめて大もうけしているという景気のいい話しもあり盛り上がった。台風の影響でバーベキュー、浦富海岸の島巡り遊覧ができなかったのは残念だった。 山田義博(E45)
E44(41入学)クラス会.jpg

2015年08月03日

会員の皆様の100字だより募集(部報27号掲載予定)

 部報27号では、会員の皆様が、より多く紙面に登場していただくために、会員の皆様の100字便りを募集することに致しました。テーマは特にありません。最近のことや昔のことを文章と写真(無くても構いません)にして、お送り下さい。卒業学科、卒年、名前も記載願います。

【提供いただきたいもの】
百字前後の文章と文章に相応しい写真

【送付方法】
郵送の場合の送り先
 郵便番号: 671-2201
 住所: 姫路市書写2167 兵庫県立大学 姫路工学キャンパス内 
     姫路工業倶楽部
Eメールに文章、写真を添付
 メールアドレス: hi-club@eng.u-hyogo.ac.jp

【納入期限】
第1次締め切り: 9月11日(金曜)

2015年07月15日

神戸新聞に工学部女子推薦枠の記事が掲載されました

今朝の神戸新聞です。
また、「リケジョ発掘へ新推薦枠 パンフなどPRも工夫 兵庫県立大工学部」と題するネット版はこちらです。
http://www.kobe-np.co.jp/news/kyouiku/201507/0008209034.shtml
そして、8月のオープンキャンパスでの「サマーCafe」(女子高校生対象の催し、8月10日)についても言及があります。
なお、今回、卒業生の講演は、ダイキン工業堺製作所の橋岡様です。
「工学部を目指す女子高校生の方とお話できる貴重な機会なので、多くの方に工学部へ興味を持っていただけるような内容にしたい」と熱いメッセージとともに、暑い夏を涼しくと150本のうちわを持参いただく予定です。多数のご参加をお待ちしております。

昨年の「サマーCafe」

2015年07月13日

平成27年度 山陽特殊製鋼支部の総会を開催

 4月15日(水)に割烹「森富」にて、姫路工業倶楽部山陽特殊製鋼支部の総会を開催致しました。兵庫県立大学卒業の新入社員2名を含めた姫路工業倶楽部会員48名が参加し、兵庫県立大学からは、新入社員の恩師の八重教授にも、ご参加頂きました。
 総会では、平成26年度の会計報告、今後の方針説明に合わせて、新入社員の自己紹介がありました。たくさんの先輩に囲まれて、初めは緊張しながら今後の意気込みや、入社にあたっての熱い想いを語ってもらいました。その後、歓談の中で緊張もほぐれ、先輩方との交流で仕事に対する期待を膨らませていました。一方、先輩方は、新入社員からの若いパワーを受け、お互いに刺激を受けました。世代を跨いで笑顔の絶えない和気藹々とした雰囲気の中で親睦を深める会となりました。
 今後とも、世代、役職を超えたこの絆を大切にし、姫路工業倶楽部を盛り上げてまいります。 藤井 愛理(F2013)
H27年山陽特殊製鋼総会写真.jpg


2015年07月08日

2015年 HITメルマガ7月号 リンク集

(工学研究科関連)
■女子学生特別推薦入試の案内が掲示されました
 http://www.eng.u-hyogo.ac.jp/admissions/eng/detail/index3.html

■平成 27年度 兵庫県立大学 工学部 公開講座が開催されます
 《 ナノテクが拓く未来 》
 http://www.eng.u-hyogo.ac.jp/topics/oshirase/detail/pdf/koukai2015.pdf

■NHK大学セミナー「プロフェッショナル 仕事の流儀」が開催されました。
 http://www.eng.u-hyogo.ac.jp/topics/oshirase/detail/pdf/nhk_houkoku.pdf

(兵庫県立大学、 産学連携・研究推進機構、学友会)
■国際交流便り
 第9号 お昼休みの時間を利用して毎月国際交流イベント(通称:ラン活)を開催しています
     http://www.u-hyogo.ac.jp/international/newsletter/27/no9/index.html
 第8号 バングラデシュ・ダッカ大学と大学間学術交流協定を締結しました
     昨年度 工学研究科との間でも部局間協定を結び、全学的な交流推進を視野に、この度の大学間協定締結に至りました。
    具体的には、昨年10月に1名、また今年10月から1名の学生がダッカ大学より本学工学研究科博士後期課程に入学を予定しています。
     http://www.u-hyogo.ac.jp/international/newsletter/27/no8/index.html

■「工学ガールのためのサマーCafé」開催について【8月10日】
 兵庫県立大学工学部オープンキャンパスの中の特別企画として、
 女子高校生対象のイベントを開催します。
 日時: 平成27年8月10日(月)13:00〜15:00
 場所: 兵庫県立大学姫路工学キャンパス 大学会館2階
 http://www.u-hyogo.ac.jp/topics/event/20150810/index.html
 *企業で活躍する卒業生の講演「 大学から社会へ繋がるキャリアパスの話」
  については、ダイキン様にお願いしております

学友会)2015年度 第1回キャンパスバスツアーに参加

 平成27年6月25日(木)にキャンパス巡りバスツアーが実施されました。姫路工業倶楽部関連の参加者は36名、姫短大(26名)、商大(19名)事務局他で、全参加者は90人となり、バス2台でのツアーでした。明石看護キャンパスでの骨密度や足裏測定や川崎重工業の明石工場(オートバイ)・西神戸工場(ロボット)の見学があり、姫短大、姫路工業倶楽部関係者の皆様が多く参加された理由かと思います。

1)明石看護キャンパス
 ケヤキ並木と噴水の似合う明るいキャンパスは、建築家・安藤忠雄氏が設計されたそうです。地階にある会議室で学部長の挨拶とキャンパスの概要説明が行われました。
P1010944.JPG
 >全国の大学の1/4に看護系の学部があるが、その中でもリーダーシップを発揮している
 >1学年100名、内、男子は2〜5名
 > 地域ケア開発研究所では、1ケ月単位で健康チェックやいろいろな相談(無料)を行っている。今回の骨密度や足裏測定などもその一つ。(足の健康チェック資料)。また、高機能人体模型によるAEDの体験や看護体験の班にも分かれて行われました。
P1010947.JPGP1010945.JPG

2)昼食は、蛸老亭での炊き込みご飯
3)川崎重工業の明石工場(オートバイ)・西神戸工場(ロボット)の見学
 >船(潜水艦、LPG運搬船他)、飛行機(ジェットエンジン、哨戒機、ヘリコプター他)、鉄道(新幹線、地下鉄他)、産業用プラント、産業ロボット、オートバイなど自動車以外の乗り物などを造っている。
 >オートバイは10万台/年の生産能力がある。
P1010949.JPGP1010966.JPG

学友会HPにも記事が掲載されています。

2015年07月05日

36C喜寿を祝う同窓会

 私たちは喜寿の77歳を迎え、平成27年6月25・26日、一泊2日の喜寿を祝う同窓会を実施しました。
 姫路工業大学を卒業してから半世紀が経過しました。私たち学生時代の生活圏がどう変わったのか?体験しようと塩田温泉(上山旅館)に一泊し、母校の見学、姫路城の拝観を計画しました。36Cの卒業生総勢46名うち物故者10名不明者3名で残り33名の内12名が、今回の喜寿を祝う同窓会に参集し、学生時代にタイムスリップして大いに盛り上がりました。
 参加者全員は年齢相応に元気ですが、どうしても話題は健康に関することが主流となってしまうようですが、やはり学生時代のことになるといろいろな記憶がよみがえり当時の話に熱が入ります。
 閑静な旅館では料理とお酒を楽しみながら各人が近況なり今後なりを報告するなど非常に有意義な宴会運びとなりました。温泉も他の客もほとんど見当たらず私たちだけの大浴場のごとくゆったりした入浴を楽しみました。
IMG_3432.JPG

 次の日は残念ながら朝から激しい雨に見舞われましたが、旅館のバスで、書写の兵庫県立大学まで送っていただきました。バスを降りて傘をさして本館5階の姫路工業倶楽部の事務局を訪問、前田様に快く迎えていただきました。気の毒なことに雨の中ほぼ全学を案内していただき恐縮した次第です。応用化学科の実験室を見せていただき懐かしい思いをしました。また、現大学生は私たちからすれば孫の世代です。年齢の開きを実感しました。
 さらに、書写紀念会館を案内していただきました。素晴らしい見晴らしで姫路が一望できる建屋です。その中の喫茶で昼食をいただいてから本館の姫路工業倶楽部の事務所により兵庫県立大学の姫路工学キャンパスに新校舎ができるニュースを聞きました。私たちが学んだ校舎は姫路城の北方の伊伝居にありましたが影も形もありませんがその報を聞き頼もしく思いました。
vcm_s_kf_repr_832x624 (1).jpgvcm_s_kf_repr_832x624.jpg
(拡大するには写真をクリック)
 
 親切な前田様のご案内の母校を後に、雨の中姫路城に向かいました。雨のため普段より混雑はなく比較的スムーズに姫路城の天守閣まで登れました。雨具と靴と荷物を持ちながらの急な階段で私たちの年齢ではかなりタフなコースです。天守閣内部は当時の趣を残し以前に拝観した状況と変わりませんが外から望む姫路城の全景は以前より白く非常に美しい姿が印象的でした。
 今回の喜寿を祝う同窓会で終わりにする予定でしたが80歳(傘寿)まで元気ならば同窓会を開こうではないかとの意見で再会を期して、笑顔で散会しました。 平岡 重道

2015年06月22日

姫路工大C34同窓会

 平成27年6月14日、昭和34年応用化学科卒業同窓会を開催しました。
 私たちが在学2回生の昭和31年に着工された、大天守を史上初めて全解体、復元した昭和の大修理からはほぼ半世紀、大天守修繕を目的に実施された平成の大修理を終えた姫路城の見学を兼ねて、姫路駅前の「膳屋」で同窓会を開催しました。8名の参加でした。 中川 哲 

C34同窓会0001.JPGC34同窓会.JPG
*写真をクリックすると拡大します

2015年06月12日

姫路工業倶楽部会員の皆様へ、メールアドレス登録のご案内

姫路工業倶楽部 会員の皆様
 姫路工業倶楽部では、会員の皆様の親睦と交流の向上を図る手段のひとつとして、2011年5月より、即時性の高い情報やHITメールマガジン(以下HITメルマガ)を中心にEメールを活用した情報サービスの提供を行っております。

HITメルマガは、原則、1回/月のペースで、
・会員の皆様の投稿記事紹介
・支部、クラス会、クラブOB会、企業OB会のニュース
・大学、学友会などのイベントや研究活動の紹介
・姫路の地域ニュース
・姫路工業倶楽部からのお知らせ(ブログの内容紹介含む)
などの情報を発信しています。

そこで、未だ、メールアドレスの登録をされていない会員の皆様にご案内を差し上げております。
事務局で登録手続きを代行させていただくことも可能です。

2015年06月05日

第14回 C39同期会

 平成27年5月27日年相応の元気印9名が塩田温泉、上山旅館に集結、同期会を開催しました。四季会席に地酒とくればいきなりタイムスリップした。大阪都構想は大阪の老人力不足が潰したとか、安保法制については在学時の「安保反対」の大手前通りでのフランスデモを想いだし、オイ、オマエ、アホ、バカと議論白熱。延々6時間の酒席を楽しみました。
 頑固ジジ面がチラチラ見えた酒席でもありました。28日は温泉の朝湯で酒気を抜き、グランドオープンした姫路城を見学、お城をバックに集合写真。次回は3年後の喜寿に再会を約し、散会した。(文責:井戸泰臣)
C39同窓会0002.JPGC39同窓会0001.JPG
*写真をクリックすると拡大します

2015年06月01日

「ついに100回達成」

!思い出を胸に閉会、M30会ゴルフ!
 昨年の6月19日に第98回M30会ゴルフコンペを実施した際、年内に100回到達という念願の大記録の樹立が期待出来そうだと話し合っていましたが、この一年の間に仲間が次々と病に倒れ、メンバーが5人になって
しまいました。それでも100回まではと頑張ってきましたが天候に恵まれず、ようやく本年5月18日に待望の100回を達成しました。
 振り返れば、コンペを開始してから38年、82歳になった今、よくぞここまでと感無量です。その間、関西各県をはじめ岡山や九州までも観光を兼ね、また時には夫婦同伴で男性はゴルフ、女性は観光というゴルフ旅行も施し、楽しかったことや、仲間の鬼籍入りで悲しかったことなどが走馬灯のように思い出されます。
 しかし、寄る年波には勝てず、さしもの猛者たちも最近はスコア100を切れず、今やスコアより健康維持のために完走することに意義があるとやせ我慢を言って楽しんでいました。しかしメンバーが少なすぎるので100回達成を機にコンペを閉会しようという事になり、最後のコンペを記念祝賀会として盛大に開催しようと5月18日に地元の西神戸ゴルフ場で記念コンペ並びに神戸「しあわせの村」で宿泊記念祝賀会を実施しました。
 今は亡き仲間の冥福と病に臥せっている仲間の回復を祈りながらここまで頑張ってきた我々の慰労と懇親を図り、これからは命ある限りM30同期会で楽しもう。ゴルフはコンペではなく、趣味として健康維持のための運動として同好の士と無理をしないで楽しもうと、夜更けるまで思い出に花を咲かせて、大いに飲み、食べ、語り、愉快にM30会ゴルフ会を閉じました。
 楽しいM30会ゴルフでした。!皆さん長い間ご苦労さまでした。ありがとう!
中村 悟(M30)
P1050778.JPGP1050782.JPG

2015年05月31日

企業・大学・学生マッチング in HIMEJI 2015

 平成27年5月28日(木)13時〜17時、姫路工学キャンパス体育館 で実施されました。播磨地域に集積する企業と大学との新たな技術交流の促進を通じ、地域のものづくり力の一層の強化を図るとともに、学生に対する地元企業への雇用機会の創出を支援する狙いがあります。
P1010932.JPG【展示は72ブース】
産学連携事例:4件、
金属製品・部品:10件、
化学・合成樹脂・計測・印刷:13件、
産業機械・電気機械・器具:14件、
生活関連・食品・情報通信・サービス:15件、
その他:1件

【産学連携事例】
くさびタップ(破砕機用部品の取り付けボルトの緩み止め)の開発
 近畿工業株式会社(三木市) *第33期理事 阿保先生との共同開発品です。
LIGAプロセスによるマイクロ金型の開発
 佐和鍍金工業株式会社(姫路市)
超弾塑性チタン合金を用いた長寿命でメンテナンスフリーの金属製高性能ポンプの開発
 株式会社タクミナ開発センター(朝来市)
液滴技術を用いた露光用レジスト塗布装置・微細構造体洗浄装置の開発
 株式会社ユメックス(姫路市)

【大学教員による研究シーズ発表】
1)都市鉱山及び廃液からの貴金属回収 (聴講しました)
 兵庫県立大学工学研究科教授 八重 真治先生
P1010936.JPG >都市鉱山と言われる所以:貴金属が、携帯から15mg/台、ノートPCから150mg/台、1トンの携帯からは150g、ノートPCからは50g取れるのに対して、金鉱山1トンからは5-30gしか取れない
 >従来はZnによる置換析出。今回はシリコンを用いることで、15分でほぼ100%回収可能に。
2)コラーゲンペプチドの特性と食品への応用
 兵庫県立大学環境人間学部教授 吉村 美紀先生
3)工具カタログからのデータマイニングに支援されたものづくりシステムに関する研究
 兵庫県立大学工学研究科助教 児玉 紘幸先生
4)放電の発生に伴う発光や電気エネルギーを用いた応用技術
 兵庫県立大学工学研究科助教 岡田 翔先生

【その他】
P1010927.JPG・姫路工業倶楽部の総会後の懇親会でいつもお世話になっている「龍力」の本田商店殿が、姫路独協大学 薬学部が姫路城の桜の花びらから採取した天然酵母を用いて作った「姫路城 さくら酵母のお酒」。
姫路市のものづくり支援事業(いろいろあります)
 >特許取得推進事業(申請手数料の一部助成)
 >ものづくり開発奨励事業(開発などに要した経費でMAX100万円補助)
 >ものづくりのための放射光分析実習(参加費無料)、入門6/23、発展コース6/24
 >市内中小企業者と大学などによる共同研究(開発費MAX200万円)
アンケートの内容
 >学生の来場目的:
 1)企業研究 2)大学の研究発表を見るため 3)地域社会と企業について見聞を広めるため 4)その他
 >企業の来場目的:
 1)発注先を探すため 2)受注先を探すため 3)連絡先を探すため 4)大学の研究発表を見るため 5)大学教員との繋がりを作るため 6)その他
 >開催時期 >本日の満足度 >ご意見
33期理事の皆様に関係する出展をピックアップ(詳細は写真をクリック)
P1010930.JPGP1010938.JPGP1010929.JPG

2015年05月30日

硬式テニス部OB会:年2回(夏季・秋季)現役・OBの交流戦他

 硬式テニス部OB会は年2回(夏季・秋季)、現役・OBの交流戦及び年末のOB有志懇親会を開催しています。
2015_0523夏季OB会集合写真.JPG 今年も5月23日に夏季OB会を兵庫県立大書写テニスコートで開催し、OBは20〜60代が17名、現役は1回生男子4人、女子1人、3回生男子9名に女子マネージャー1名も加わり、15名が参加しました。
 当日は曇り空でしたがテニスをしやすい状況で、現役対OBのダブルスを楽しみました。戦績は現役10勝、OB 7勝でした。現役・若手OBは力強いショットが多く見られ、ゲーム展開もスピーディーになってきています。中高年OBは現役相手に対応が難しくなっていますが、長年培った技能・経験で対戦成績を互角以上に持っていきたいと思います。
 今回新しい試みとして、OB戦後若手OB(5名)による現役指導を取り入れました。現役からOBに一緒に練習に参加してもらいたいという要望があり、現役のレベルUPを図る目的で実施しました。現役も熱心に練習に取り組み、各自技術向上に励んでいました。
念願のテニスコートが一昨年に1面、昨年1面の計2面改修され、以前よりイレギュラーは少なくなり、テニスをしやすい環境になりました。本多テニス部顧問をはじめ関係者の皆さまに感謝申し上げます。
 OB会費より集められた資金の一部は現役支援金・強化費として充てられ、現役支援金は外部からのコーチ指導料、現役強化費はボール代に使用されています。OB会での現役支援金・強化費贈呈式では、現役からこの費用を無駄にすることなく活用し、リーグ昇格に向け頑張っていきたいという力強い言葉がありました。
2015_0523夏季OB会試合.JPG2015_0523現役支援金・強化費贈呈式.JPG

 また、昨年の12月27日に三宮(老房)でOB有志による6回目の懇親会を開催しました。年2回のOB会とは別に、テニスから離れたOBにも懇親の場を設け交流を図っていく趣旨で開催しております。参加者は40〜60代のOB総勢12名が集まり、年1回の親睦を楽しんでいます。この席でも現役のリーグ戦結果を報告し、OBに現役のクラブ活動に関心を持っていただき、現役支援をお願いするように努めています。
2014_1227年末懇親会.JPG

 今後もOB会を通じて現役とOB、またOB同士の交流を深め、OB会がさらに活性化するようにしていきたいと思います。
硬式テニス部OB会 副会長 野上尚洋(C03)

2015年05月21日

平成27年度 姫路工業倶楽部四国支部総会

 前日の雨もすっかり上がった、平成27年5月17日(日)、12時30分より、平成27年度の四国支部総会が開催されました。開催場所は、有名な道後温泉のある友輪荘(松山市道後町2-12-11、089-925-2013)です。
 総会に先立ち、記念撮影が行われました。
H27年度四国支部総会.JPG
【総会】: 
 久我四国支部長(S45)の開会挨拶に続いて、田中理事長(S47)から、姫路工業倶楽部へのご支援、ご協力に対する感謝の言葉、そして、中国での会社立上時、議論を徹底し、実行すべき事は厳格に行い、又、意思の疎通を図る為の苦労談:「人」と「言葉」を中心に講話が行われました。
 そして、事業報告(平成25年9月〜平成27年5月の活動報告、会計報告)と続きました。
【懇親会】:
 佐々木副支部長(S49)の乾杯に続いて、本部事務局前田(E49)から、姫路工業倶楽部の活動(会員相互の親睦と交流の向上を図るための活動、母校の発展を支援する活動)、また、大学の近況(校舎建て替え、学科再編、入試制度見直しなど)を報告しました。
 宴も進む中、各県の会員情報が報告されました。香川県の西森副支部長(E01)からは、63名に案内を出して22名の方から、出欠状況やコメントを頂いた。徳島県の岡副支部長(E49)は、2011年、2013年、今回の2015年の出欠状況を纏められ、50%の13名から返事を頂いた。粘り強く行うことが大事、徳島県も若手の出身者が増えてきたので期待しているとの話がありました。佐々木副支部長からは、愛媛県の状況が報告されました。今回、高知県からの参加はなく報告はありませんでした。(後日、久我支部長からは、ミニ支部会的なものを入れて毎年開催できればと思っておりますとのコメントを頂きました。)
 宴も終りに近づき、学生歌「白鷺の天守」(*)を全員で歌い、岡副支部長の一丁締めでお開きになりました。
*前田の自宅にあった超昔のカセットテープレコーダを準備して臨みました。

 岐路につくまでの時間を活用して、道後温泉を始め、近くに点在する有名な史跡を案内していただきました。HPの四国支部活動にも観光案内記事があります。
*拡大するには写真をクリックください
H27.5 四国支部総会、道後 (8).JPGH27.5 四国支部総会、道後 (2).JPG
  高台から臨む道後温泉本館裏側        子規記念博物館前

2015年05月18日

第4回 キャリア支援懇話会開催(2014年イブニングセミナー)

 2014年11月20日木曜、5時限(講演)と6時限(懇話会)で開催。今回、海津先生、伊勢先生のパイロットゼミの学生全員が参加したこともあり、1年生は過去最高の17名が参加。そして、卒研生、修士1年生と合計すると44名となりました。また、OBは、教員OB含めて17名(キャリアセンター長、工学部教員、山陽特殊製鋼、三菱電機、シスメックス、川崎重工、富士通テン、弁理士、ダイセル、神戸工業試験場など)で、合わせて61名が参加しました。
 会場は、昨年の反省も踏まえ、フリートークの移動のし易さを考慮して、書写紀念会館 紀念ホールで実施しました。

第一部 講演(先輩の経験談を聞こう!)
 グローバル化が進む厳しい社会の中で頑張っている先輩の体験談を伺うことの重要性を強調された森理事長の挨拶に続いて、井上センター長による大学の就職面の現状報告とご自身の経験も織り込まれたお話で始りました。
2014キャリア支援A.jpg2014キャリア支援B.jpg

そして、福山委員長(研究・教育支援委員会)から、キャリア支援懇話会の主旨説明がありました。
1)学びの目標について(入学してできるだけ早く気付いていただく)
 ■学生の皆さんの「将来展望が明確」の割合を上げる
2)コミュニケーション力について
 ■同世代と仲のよい友達間でのコミュニケーション力ではなく、世代、役割、経験を超えたコミュニケーション力を上げる。
そのために、第1ラウンド(講演)は、実社会(第一線)で活躍されている先輩の経験談を聞き、自らの将来展望について何かを感じ取って頂きたい。
また、第2ラウンド(懇話会)は、先輩や教員と弁当を食べながら、疑問に思うことを質問し、悩みをフランクに本音で語ってほしい。ぜひ、勇気を出してハングリーに本日の場を活かしてください。

演題1:「学生時代と会社経験からのアドバイス」
 株式会社ダイセルの松本隆幸氏(昭和59年産業機械工学科卒)の講演2014ダイセル松本氏.jpg
・姫路工大/兵庫県立大工学部出身者の配属先と役割
  >配属は必ずしも希望通りにはいかない。むしろ、専門外に配属されることも多い。いろんなことにチャレンジできると前向きに捉える。どんな役割に就いても、積極的に取り組んで経験を積む。出来るようになると、少し大きな仕事を任される。小さな成功体験で自信もつく。それが好循環を生む。そうすれば、知らないうちに仕事力が付いてきて、無くてはならない人材になっている。
 >楽なことよりもしんどいことを選んでほしい。
 >孔子の言葉に「30で立ち、40で惑わず」というものがあるが、確かに30代は悩むことが多くある。しかし、悩むことで努力が生まれる。どんどん悩み、努力する、その過程があるから充実した40代を送ることができる。
・学生時代の経験から(特に学外での経験)
 >学外の人、社会人、他校の人とも積極的に交流し、刺激を受けてほしい。
 >体育会本部役員として六公立競技大会企画の会議で他校役員の議論の鋭さ、企画力や議長の会議の仕切りなどに衝撃、社会にでたときの差を実感。自身の努力に繋がった。
 >大学祭の講演者選びで「山内一弘氏」に辿り着くまでの体験は人脈の大切さを学ぶ良い機会だったこと。また、企画し、実行実現することの経験が役に立っている。
 >学外活動としての姫路ESS活動。英会話の勉強は必須。学生のうちに海外の方との交流経験を積んだ。海外の人と話すことに慣れてたことが役に立ったと思う。また、英語の勉強だけでなく、社会人の実行力・企画力を学ぶ良い機会になった。同じ興味を持つ集まり、また利害関係のない人でもあり、このような仲間との繋がりは、色んな相談もできるし、人生や心を豊かにしてくれ、長いつきあいが可能である。
 >読書をしよう。良書を読もう。
・会社経験から(海外経験からなど)
 >海外出張と赴任は全く違う。ダイセルには、59名のOBがいて、13名が海外赴任の経験者。技術スタッフから現地社長までさまざまな重責を担っている。海外赴任は、得られることは非常に多いし、仕事力も上がる。積極的に海外に出て、チャンスがあれば赴任にチャレンジし、異文化を体験し人脈を広めてほしい。

Q:仕事で一番しんどかったことは。
A:仕事はしんどいものです。一つ一つの小さな成功体験が大事。
Q:配属先は、毎年変わるのか。 
A:適材適所もあり、そんな頻度では異動しない。

演題2:「姫路工大で良かった?」
株式会社 小松製作所の大野正夫氏(昭和55年機械工学科卒業)の講演
2014コマツ大野氏.jpg・ここってどんな大学?
 >第一希望でなく、少し悔しい思いをして入学された方が多いと思いますが、今から勉強すればよいのです。そして、創立当時のスローガン「東の東工大、西の姫工大(兵庫県立大学工学部)」を目指そう!
・一社会人として お話したい事
 >勉強って役立つの?・・・大学の勉強で大事なことは、論理的に考えること、工学的に考えることです。4年、6年経つと大きな差になります。どういうふうに研くかが大事。
 >仕事するってどんな感じ?・・・職場には1流校出身で素晴らしい人が20%ぐらいおられます。そのような中で認められる人は、大学の名前のせいではありません。皆さん、努力されているんです。非1流校とは諦めの早さが違うんです。プライドもって自分を信じてやってみようと思うかどうかの違いなのです。
・最後にアリさんの話
 >3割のアリさんはがんばる、6割はそこそこ、ぐうたら1割。頑張るアリさんばかりを集めるとすばらしい集団になるかというと、やはり、3割しか頑張らない。単に環境に影響されているだけ。時には客観的に見て自分で自分を育てることが大事。

第二部 懇話会(先輩や教員と弁当を食べながら本音で語ろう!)
まずは、学生やOBのテーブル配置を事前に設定して弁当を食べながら会話を行い、途中、フリートークに切り替え、各テーブルの企業OBを学生が自由に移動して話を聞く事ができるもので会話も弾んだようでした。
フリートーク全体D.JPGフリートーク全体.JPG
フリートーク全体B.JPGグローバル化.JPG

最後に、次回以降の参考にするためのアンケートを記入頂きました。そして、福山委員長の閉会挨拶で終了となりました。

2015年05月03日

クラス会、企業OB会に特別助成金制度導入

 平成27年3月8日に実施された理事会で、会員の皆様の相互の親睦と交流等の活性化支援策の一つとして、クラス会、企業OB会の開催に対して、支部と同じく、前期の会費納入数に応じて追加助成を行うことが承認されました。4月から具体的に推進しておりますので、ご活用ください。

 なお、企業OB会を開催される場合は、事前あるいは申請時に会員名簿をいただく必要がありますのでご注意ください。詳細は、 姫路工業倶楽部 支部等の助成金規定を参照下さい。

2015年05月01日

新緑に染まる天神山と書写紀念会館、そして

 大学周辺の山々が新緑に覆われ、天気も晴天で心地よい気温です。天神山を背負った書写紀念会館は新緑の木々に包まれ、独特の外観がそっと顔を覗かせています。そして、6号館屋上には、夜間まで行う研究のためでしょうか、ふとんの天日干しが行われていました。これは、いつの時代も変わらない光景ですね。P1010875.JPG
本館5Fの姫路工業倶楽部室より(2015.5.1 12:35、写真はクリックで拡大)
大学を訪問されるときは、ぜひ姫路工業倶楽部室もお立ち寄り下さい。

2015年04月27日

東日本支部有志の皆様によるキャンパスツアー

 4/4(土)12:00 姫路駅に集合しました。
この日の天気は曇り、満開を少し過ぎた桜を見ながら一路姫路工学キャンパスに向かいました。キャンパスでは、休日にもかかわらず機械系の阿保先生、電気系の上浦先生に大変お世話になりました。機械系では大学院生に、電気系では教職員の方による最新の研究をブリーフィングして頂きました。参加者が研究していた頃とは隔世の感があり、ただただ感心するのみ・・・・。しかし、中には鋭い質問をしている有志もいました。
Image02.jpgImage05.jpg
Image06.jpgImage08.jpg

 この日は、塩田温泉で一泊しましたが、姫路城グランドオープンのせいか、各室満室でした。有志一同郷土料理?をたんのうし、なごやかな晩餐でした。
Image09.jpg

 翌朝は誰かが雨乞いし?たのか、雨・・・・。塩田温泉から約1時間のところにある県立大学自然・環境科学研究所・宇宙科学センターに行きました。こんなところにも県立大学の研究施設があるものかと、感心しました。
Image10.jpgImage11.jpg

 その後、姫路駅に向かい姫路城を見学しようとしたのですが、整理券を入手しないと入れませんでした。中に入らなくても、外からでもその威容は十分すぎるくらい感じることができました。次は、北陸新幹線開通に伴い金沢でも、という意見もありましたが、参加したい方がおられればご連絡下さい。i