写真や画像をクリックすると拡大します!

2017年02月14日

次世代水素触媒共同研究センター「H28年度シンポジウム」案内

 本センターは、平成25年12月に設立し、自然エネルギーを最大限に活用し、水素発生、水素貯蔵、水素利用によるエネルギー循環社会を目指した生物酵素や無機触媒、電極材料等の開発を進めておられます。
 今般、研究メンバーの主な研究成果や今後の取組を紹介するシンポジウムを平成29年3月13日(月)に開催されますので、案内いたします。


日時: 平成29年3月13日(月) 13:30〜17:00(受付開始 13:00〜)
場所: 姫路じばさんびる601会議室(姫路市南駅前町123)
参加費: 無料

【基調講演】13:40〜14:40
 「クリーンな社会と燃料電池〜電極反応を究める〜」     
  山梨大学教授 クリーンエネルギー研究センター長 内田 裕之氏

【研究センター講演】14:50〜16:50
 1)「生物酵素・ヒドロゲナーゼの構造化学研究・2016」 
   生命理学研究科教授 樋口 芳樹氏
 2)「カーボンコートした多孔質ガラス電極の開発」 
   工学研究科教授 矢澤 哲夫氏
 3)「表面ナノポーラス化した水素発生金属電極の開発と今後の展開」 
   工学研究科教授 山崎 徹氏
 4)「水素利用のためのヒドロゲナーゼの電極への応用」 
   産学連携・研究推進機構特任助教 窪田 慎太郎氏
 5)「材料中の微量水素分析〜めっき膜中の水素挙動解析〜」
   工学研究科准教授 福室 直樹氏
 6)「迅速で簡単な細胞操作法の”創る”と”測る”への応用」
   物質理学研究科准教授 安川 智之氏
 7)「スプリング8を活用した、固体高分子形燃料電池 
    本格普及のための脱貴金属・脱炭素酵素還元触媒の開発」
   横浜国立大学グリーン水素研究センター 特任教員(教授)石原 顕光氏

【交流会 502会議室】17:30〜19:00
 参加費: 3000円

 *参加申し込み、詳しくは、次世代水素触媒共同研究センターH28年度シンポジウム.PDFを参照ください。 

2017年02月13日

大阪支部)ゴルフ同好会 平成29年度例会予定(案内)

 大阪支部のゴルフ同好会より平成29年度の例会予定の案内がありましたので、紹介いたします。

 ・上期例会
  5月13日(土曜日) サングレートゴルフ倶楽部
 ・下期例会
  11月25日(土曜日) 三田レークサイドカントリークラブ(予定)
                          会長 橋本 倫行(E43)
                          幹事 小野 徹弥(K57)
 詳しくは、大阪支部ゴルフ大会2017案内.PDF参照ください。

2017年02月10日

平成28年度_先端医工学研究センターフォーラム開催

 兵庫県立大学の医療工学研究シーズを結集し、医療機関、ものづくり産業の連携を促進し、学際複合的新産業の創生、最先端医療工学技術の実用化・産業化を推進することを目的として、2016年4月に先端医工学研究センター(AMEC)を設置しました。これまでの当センターの活動を紹介するためにフォーラムを開催します。
参加申込・お問い合わせ

第一部 講演会
日時: 平成29年3月7日(火) 13:00〜17:15 (受付開始、12:30)
場所: イーグレひめじ・あいめっせホール
参加費: 無料
基調講演
1. これからの医工連携〜臨床・製販・ものづくり〜
  柏野 聡彦氏(一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ 専務理事)
  *全国を対象として医工連携活動に尽力
2. 肺癌治療の最新の話題〜ここまで進んだPrecision Medicine〜
  里内 美弥子氏(兵庫県立がんセンター呼吸器内科部長)
  *最新のがん治療に積極的に取り組まれ、昨年の11月にはNHKスペシャルにも出演
研究講演
先端医工学研究センターの5部門より先端技術を駆使した最新の研究内容をご紹介致します。
・「知的画像信号解析に基づく計算機診断治療支援システム」
  :先端医療情報部門
・「高速エネルギーデバイス開発に向けた流体シミュレーション」
  :先端医療デバイス部門
・「半導体基板上人工細胞アレイによる検診システムの構築」
  :生体材料部門
・「人工知能による看護過程テキスト評価支援システム」
  :病院データシステム部門
・「生体モニタリング装置とその小型化および応用」
  :健康スポーツ医工学部門

第二部 交流会 
時間: 18:00〜20:00  
場所: 姫路モノリス(姫路市総社本町115)
参加費:  6,000円 

2017年02月08日

大阪支部)新年会&役員会(1/13)報告-10/7(土)の支部総会追加-

 大阪支部では平成29年1月13日(金)大阪中央電気倶楽部で新年会を兼ねた役員会を開催致しました。役員全員が出席し、会議の後、懇親会に入りました。
 今回は、新たに女性を含む2人の役員を迎え、お2人の挨拶の後、橋本大阪支部長から28年度の活動の総括を行い当面の課題についての報告がありました。
 29年度はスローガンとして「役員全員による知恵の捻出と実践」を掲げ具体的には次の5項目に取り組んでいく事にしました。
(1)評論より実行
(2)魅力ある企画立案
(3)支部会員の行事への参画率の向上
(4)役員の知恵の活用
(5)女性支部会員の参画
各項目については、次回の役員会でさらに詰めて行くことにしております。
また、支部会計の現況報告の後、28〜29年度の活動日程についても提示しました。特に今年は、第12回目の「支部総会」を10月7日(土)に計画しております。

 懇親会は、今回から女性役員も加わったこともあり、華やかな雰囲気の中で実施され今年の支部活動の活性化を誓い合うものとなりました。 (橋本大阪支部長)

2017年02月03日

「匠の技プロジェクト フォーラム 先端技術に生きる匠の技」開催案内

兵庫県立大学大学院工学研究科
 高度生産加工技術研究センター 

「匠の技プロジェクト フォーラム 先端技術に生きる匠の技」開催案内

 兵庫県立大学では、産官学連携によるものづくり体制を強化するため、昨年6月「匠の技プロジェクト」をたちあげました。このたび、今年度の活動の総括として下記のとおり「匠の技プロジェクト フォーラム 先端技術に生きる匠の技」を開催いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしています。


1.名称 「匠の技プロジェクト フォーラム 先端技術に生きる匠の技」

2.日時 平成29年3月14日(火) 14時〜17時(受付 開始 13:30〜)

3.場所 姫路市市民会館3階・中ホール

4.内容 ・吉江徳夫氏(セイコーエプソン梶j
      「『かたちづくり 』と『磨き』に こだわり35年 」
     ・菖蒲田清孝氏(マツダ梶j
      「マツダ のブランド 戦略 とモノ造り革新について 」
     の講演 並びに「匠の技プロジェクト」活動内容の報告

5.参加費 無料

6.申し込み方法その他 詳細は下記をご覧ください。
  http://www.eng.u-hyogo.ac.jp/center/AMT/main/takumi_forum_2017.pdf

以上

2017年01月30日

アメリカンフットボール部_納会2016

 平成29年1月15日、母校姫路工業大学アメリカンフットボール部ブルーライナーズ創立50周年と兵庫県立大学アメリカンフットボール部トレイルブレイザーズ創立10周年記念式典が新神戸駅前のANAクラウン・プラザ・ホテルで約200名の参加者が集って開催されました。
 古川明 西日本アメリカンフットボール協会副会長、山田恒治 関西アメリカンフットボール連盟専務理事にも参席頂き創立当時のお話や、祝辞を頂きました。
 ブルーライナーズ第2期生の私が現役の頃や其の後も、チームは部員数が11人ギリギリの年が何度もあり、部の継続が危ぶまれる様な状態がありましたが、後輩達が頑張ってくれてリーグ戦を一度も休む事もなく50周年を迎え、関西学生リーグdiv2で活躍する様になってくれています。
 本当に有難い事と後輩達の努力に感謝しています. 高濱 尚敬(E46)
アメフトOB会(2016)A.jpg
アメフトOB会(2016)C.jpg

2017年01月25日

【ダイハツ工業企業OB会「友姫会」】

 ダイハツ工業株式会社内企業OB会「友姫(ゆうき)会」(のべ会員:112名)では、2016年11月18日に神戸市有馬の会社保養所で恒例の懇親会を開催しました。友姫会は昨年結成20年の節目を迎え、今年はさらなる飛躍への一歩を踏み出し始めました。
 今回の幹事は生産技術部でした。新車種の生産準備で忙しい中でしたが、盛会を目指しチームワークよく準備を進めました。いよいよ迎えた当日、若手幹事が勢い余ってインターを乗り過ごすといった想定外の事態もありましたが、ベテランのナイスフォローで無事開会することができました。
 一次会では、自己紹介とサイコロゲームで参加者全員が『ありのままの自分』を自慢話、強み、弱み、武勇伝などなど披露(というか暴露)し合い、偶然にも社長と「バッタリ」からの「ご登場」というハプニングもあり、今までにない盛り上がりで時間が足りなくなるほどでした。二次会は、恒例となっている部屋飲みでの大学近況上映会です。今回は、正門周辺の工事や学祭の様子に母校の発展を喜ぶとともに、驚きの声があがりました。大学周辺、姫路駅周辺の様子を見ながら、昔話に花を咲かせ懐かしく想うとともに先輩、後輩の繋がりを感じることが出来ました。
 今後も同じ学び舎で学んだ縁を大切に、組織や職位、年齢を越えた繋がりを育む場として継続していきたいと考えています。 湯蓋 智裕(S05)
友姫会2016懇親会集合写真.jpg

2017年01月24日

第6回 姫路工業倶楽部和歌山支部 懇親会開催

 平成29 年1 月20 日(金)、19時より、13名の参加を得て第6回 姫路工業倶楽部和歌山支部 懇親会をしなの路で開催し、会員の親睦と交流を深めました。
 今回も昨年同様、和歌山県工業技術センターに分析技術情報の提供に来所されていました末広省吾様(C03、(株)住化分析センター)が出席くださいました。 

 今回、議事として、松本支部長より、理事会で検討されている内容(姫路工業倶楽部の会費と徴収方法の変更、会員の所在不明者の調査)について報告されました。
また、次期支部長人事に関しての意見を述べられて、参加者の了承を確認されました。

 次回、第7回懇親会は、平成29年(2017年)の8月に開催する予定です。
是非、御参加を御検討ください。お待ちしております。
和歌山支部幹事 松本 明弘(C05)
H290120第6回懇親会.jpg

2017年01月22日

第6回キャリア支援懇話会_開催

 第6回キャリア支援懇話会は、学生50名(1年:10名、3年・卒研:大学院:40名)、OB・先生26名の参加を得て、11月16日(水)、昨年に続き、書写紀念会館で開催されました。
 まず、事務局よりグループディスカッション、フリートークを中心に要領説明を行い、森委員長から挨拶と開催主旨説明が行われました。そして、キャリアセンター長&学生部長である井上先生から、就活の状況を踏まえたキャリア支援懇話会の重要性(位置づけ)について、ご自身の経験も踏まえてお話されました。
森委員長挨拶.jpg森委員長挨拶B.jpg

【第一部 講演】
 ワークスタカフネ株式会社 代表取締役 豆井雅之氏(E54)に、「起業について」というテーマで語っていただきました。
 パナソニックを定年退職後、通信販売・広告代理・経営コンサルタント・投資などを行うワークスタカフネ株式会社を平成25年11月に創業という自己紹介から始まり、職業分類の進化、そして、21世紀の社会変化と職業観と題して、「ライフシフト」という本から、社会の大きな変化点として、
 A)寿命が延び、人生100年の時代で、定年退職後に
  複数の就職を経て、老後を迎える 
 B)テクノロジーの変化では、AIとクラウドが大きく発展 
 C)人口移動の時代 
の紹介がありました。また、職業での変化点として、
 A)会社寿命より就業時間が長い 
 B)AI進化で仕事が無くなる事も起こる 
 C)家庭の変化 
を挙げられました。その結果、21世紀は、プロフェッショナル化、帰属(所属)の複雑化、個人の台頭、職業の複線化、マルチステージ化などの社会変化が起こると述べられました。
 次に、起業の環境として、日経新聞に日本の企業環境が世界で81位と紹介されているが本当でしょうかと問いかけるとともに、20世紀に比べて21世紀は、IT技術と新会社法で、起業の環境は大きく変化したと述べられました。そして、学生時代に起業したビル・ゲイツ氏や孫正義氏、マーク・ザッカーバーグ氏を紹介し、失敗も織り込める学生起業が一番得だと講演されました。最後に、学生の皆さんへの期待として、
 1)社会人の武器である 語学、会計(簿記)、法律(民法)を身につけて欲しい 
 2)21世紀を生き抜ける、得意分野を複数持つ、グローバルな複線思考 
   を踏まえたキャリアデザインをしっかりと持って欲しい 
と締めくくられました。 
DSC00660.JPG

【第二部 グループディスカッション】
 前回から「海外勤務経験」始め「学生時代に力を入れたこと」「部活について」「就職してからの仕事と大学での勉強」「就職面接官としての意見」「経営者として学生に望むこと」「起業について」「リケジョ先輩からのアドバイス」というテーマを区切りとしてA〜Jの10テーブルを設け、グループディスカッションをメンバーを変えて2回実施しました。そして、学生が尋ねたいテーマや企業、OB・先生と自由に話し合っていただくフリートークを1回行いました。活発な話し合いが続き、次の話し合いに入るタイミングに今回も苦慮しました。
IMG_0963.JPG
 書写紀念ホール
 奥(正面)左側から
 Aテーブル、Bテーブル
 Cテーブル、Dテーブル
 Eテーブル、Fテーブル
 Gテーブル、Hテーブル
 写真には写っていないが
 Iテーブル、Jテーブル
 

【Aテーブル】                  【Bテーブル】
IMG_0974.JPGDSC00691.JPG
【Cテーブル】                  【Dテーブル】
DSC00724.JPGIMG_0965.JPG
【Eテーブル】                  【Fテーブル】
DSC00698.JPGDSC00693.JPG
【Gテーブル】                  【Hテーブル】
DSC00697.JPGDSC00707.JPG
【Iテーブル】                  【Jテーブル】
DSC00720.JPGDSC00708.JPG

【第三部 立食形式の懇親会】
 題二部フリートークの延長も兼ねた立食形式の懇親会(ノンアルコール)を大学会館の食堂で実施しました。第二部で会話しきれなかった学生が、熱心に各テーブルを回り、フランクな会話があちこちで聞かれました。
DSC00736.JPG

以上、最後にアンケートを記載いただき、すべての予定を終了しました。82%の学生が、本懇話会の開催前と後で、「新しい発見があった」「自分の進む道がはっきりした」「今まで迷っていたが、迷いが無くなった」と回答してくれました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 今年も第6回キャリア支援懇話会を開催します。
大学会館(食堂)2階にある姫路工業倶楽部の掲示版に案内チラシを貼りました。
第6回キャリア支援懇話会案内板.jpg

■ 開催日 平成28年11月16日(水)
■ 時 間 14:40〜18:30(第4限〜)
■ 場 所 第1部:書写紀念会館 紀念ホール、講義形式
     第2部:書写紀念会館 紀念ホール、グループ討論、フリートーク
     第3部:大学会館 食堂ホール(1階)、懇親会(アルコールなし)
を予定しております。
 *昨年の様子(第5回キャリア支援懇話会)

キャリア支援懇話会開催の主旨〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
後輩の学生の皆さんの学びの目標の明確化(動機付け)、ならびにコミュニケーション力向上を支援する学生・OB・教員参加による講演と懇話会です。
[学びの目標について]
■学生の皆さんの「将来展望の明確化」の割合を上げる
 全国平均以上(40%以上)に上昇させる
[コミュニケーション力について]
■世代、役割、経験を超えたコミュニケーション力を上げる
(同世代、仲のよい友達間でのコミュニケーション力ではない)

・先輩の経験談を聞こう
■実社会(第一線)で活躍されている先輩の講演
 講師が社会と職場のなかで、一人の技術者として何を感じ、実践して来たか、何が大切なのか等、事例を含めて具体的に本音で語って頂きます。
 *今回は、ワークスタカフネ株式会社 代表取締役 豆井 雅之 氏 で、「起業について」というテーマで語っていただきます。
■学生に自らの将来展望について何かを感じ取って頂く
 一般的なキャリア教育関係の講座や特別講演、会社説明会、各種の就職情報サイトの提供情報と異なる

・先輩や教員と本音で語ろう
■講師の経験談について理解を深めよう
■グループ内の先輩(教員)の経験談を聞こう
■実社会等について知りたいことを先輩に話そう
■いま頑張っていることを先輩に話そう
■勉学の悩みがあれば先輩に話してみよう
昨年は、学生時代に力を入れたこと,部活について,就職してからの仕事、大学での勉強,海外勤務経験,就職面接官としての意見,経営者とし学生に望むこと,起業について, リケジョ先輩からのアドバイス等のテーマで、工学部教員、山陽特殊製鋼、三菱電機、日立製作所、シスメックス、富士通テン、弁理士、コマツ、ヘルシーワーク、ワークスタカフネの企業OB/OGの皆様に参加いただきました。
 *今年も多数の会員の皆様のご参加をお願いいたします。

2017年01月20日

平成28年度ウェルカム トゥ 姫路工学キャンパス

 平成28年度ウェルカム トゥ 姫路工学キャンパスは、第13回工大祭(11/4〜11/6)が開催されている11月5日(土)、13時から4号館4階の大講義室(4401教室)で、大学と学友会の共催で実施されました。
 対象は、1年生の保護者の方で、子供たちの大学生活をより理解していただく狙いがあります。男女の卒業生による講演や司会などで姫路工業倶楽部も協力しています。今回、154名の方が参加されました。
 最初に、学友会副会長でもある田中理事長が挨拶、姫路工業倶楽部の活動を紹介しました。特に、1年生を対象としたキャリア支援懇話会について、姫路工業倶楽部の紹介チラシの内容を説明しました。
DSC00520.JPG

 続いて、大学広報委員長の村松先生から、1.工学部の構成と教育・研究、2.キャンパスライフ、3.卒業後の進路 4.入試情報について説明がありました。
そして、「大学院か就職か?どうする進路選択?」と題する講演が姫路工学キャリアセンターの西尾先生から、過去の卒業生データを使って説明されました。(*1)

 続いて、「卒業生に語ってもらいます!」のテーマでは、三菱電機株式会社の加古 一代さん(F2011)、山陽特殊製鋼株式会社の岸田 泰典さん(M2009)に、学生生活や就職活動、また、大学で学んだことが今の職場でどのように生かされているか、会社の紹介も絡めて語っていただきました。(*2)
DSC00517.JPG加古さん(ウェルカム).jpg
岸田さん(ウェルカム).jpg

 最後のテーマ「在学生が語ります!」では、2年生になった男子学生(通学生と下宿、一人暮らし)が、学生生活のタイムスケジュールを示しながら、勉強やバイト、部活動などを紹介しました。(*3)

【アンケート回答(抜粋)】
(*1)
>1年次の保護者としての心構えを教えていただけたて、また体系立った説明も分かりやすかった。キャリアセンター、伝統的な支援など、学生一人ひとりを大切にサポートされていると知り安心しました。
>進路に対しての取り組みが熱心な大学であることがよく分かりました。娘にもそのことを伝え、将来について話会おうと思います。
>大学院進学のスケジュールが分かり参考になった。研究の中身ももちろん大切だが、研究の進め方、考え方が企業での業務に役立つとの言葉が印象に残りました。
(*2)
>大学院に進学するとしても、学部のときに就活することは有効であると感じました。
>お二人とも、ものづくりをしたいという明確な意思と熱い思いを持っていたことがすごいと思いました。
>選考の流れや就活のポイントが具体的にわかりました。
>学生時代に「これをした」と言えることを作ることが大切であるとわかった。いろんな意味で充実した学生生活を送らせてあげたいと感じた。
(*3)
>大学生の実生活が分かり楽しかったです。
(その他)
>保護者に対してだけでなく在学生に対して必修の授業としてやってもらいたい。
>こういった機会がないとキャンパスにくることが無いのでありがたいです。
>第一志望で選ばれる大学になって欲しいです。
など。

2017年01月19日

第78回 丹後大学駅伝 出場選手8人中6人が工学部生

第78回 丹後大学駅伝 結果報告(平成29年1月19日)
 拝啓 爽やかな秋晴れの頃、皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
 平素は、私たち兵庫県立大学 陸上競技部にご支援を賜り、心より御礼申し上げます。
 4年連続で関西学生駅伝に出場することができたのは、このような支援があってのことであると思っております。出場選手としてできることは、良い結果をもって恩返しすることであると思っておりましたが、21位と皆様の期待に応えられるような結果とはなりませんでした。それでも、チームとしては、今大会に出場できたことを誇りに思っております。
 来年度に向けましては、丹後大学駅伝への5年連続出場を目標にして、より一層精進してまいりますので、その折はよろしくお願いいたします。  敬具  
駅伝主将 
駅伝メンバーA.jpg
<駅伝メンバー>

 今年度も予選会を突破し関西学生対校駅伝に出場することが出来ました。今年で4年連続での出場となり、特に今年度におきましては出場選手8人の内6人が工学部生ということで、皆様の支援をより一層感じております。
 試合直前に続いたアクシデントで8人中5人が関西学生駅伝初出場という苦しい戦いになり、結果は最下位となってしまいました。悔しい思いをし、支えてくださった皆様にも申し訳ない気持ちでいっぱいです。しかし関西大会という舞台で京丹後路を駆け抜けられたこの経験を活かして、5年連続出場を目指し、前を向いて頑張っていきます。5月に行われる関西インカレにおきましても例年長距離勢は数多く出場活躍していますので、そちらの方も応援よろしくお願いいたします。
広報担当

駅伝スタート.jpg
<兵県大スタート 19-1> 

*山陽特殊製鋼株式会社の生野孝幸氏(理学部)、利根川正博氏(M10)の現地応援レポート、そして、メルマガによる号外速報に対する応援メッセージは、部報28号48頁を参照ください。   

第78回 丹後大学駅伝2016 11月19日結果速報
 多くの会員の皆様の応援を背に、兵庫県立大学の陸上競技部の選手も頑張りましたが、出場21校中21位
(4時間52分57秒)の結果になったようです。なお、シード権を獲得など、詳しくは、
http://blog.neet-shikakugets.com/tango-daigaku-ekiden-2015-results#team-results-2016

★第78回 関西学生対抗駅伝競走大会(丹後大学駅伝)は、11月19日に開催されます。兵庫県立大学の陸上競技部は、昨年に続いて、予選を突破し本選出場を果たしました。おめでとう!
開催場所は、京都府で、浜公園から宮津市役所までの84.1kmで行われます。
出走時間は、午前7時45分です。
最後まで大学のタスキをつなぎ、上位10位以内に入って来年のシードを取って頂きたいです。頑張れー!。お近くの方は、ぜひ応援よろしくお願いいたします。

★支援金をお渡ししました
兵庫県立大学の後援会や同窓会一丸で応援しています。平成28年11月15日、陸上競技部の学生が支援金を取りに来られました。
DSC00633.JPG
姫路工業倶楽部室前にて

★ゼッケンの「兵県大」、読みがしっくりきませんね!
DSC00494.JPG第77回丹後大学駅伝本選たすきリレー.JPG
 第78回丹後大学駅伝ポスター      ポスター左上隅の兵県大の襷リレー


第77回 丹後大学駅伝 総合13位!(平成27年12月15日)
 第75回に続いて本選出場を果たした兵庫県立大学の陸上競技部に後援会、学友会を始め、姫路工業倶楽部も参加費を一部支援しました。平成27年11月21日に実施された、第77回 丹後大学駅伝は、本選出場の20大学の関西男子学生によって、丹後地方(京丹後市〜宮津市)の8区間 81.4km、で争われました。
H27駅伝1.jpg*右端から5番目が兵庫県立大学のタスキ。(県大ブルーに浮かぶ大学名が他の大学に比べて、少し小さいように感じますね)

 兵庫県立大学の結果を報告してくれた中野君(3回生)によると、総合13位で残念ながら最終区間で繰り上げスタートとなり、最後まで兵庫県立大学のタスキをつなぐことはできなかったようです。そんな中、1区を走った村本君(理学部、4回生)はコースレコードで区間賞を取り、大学の名誉に貢献しました。
H27駅伝2.png

丹後大学駅伝 第77回関西学生対校駅伝競走大会 総合成績


第75回 丹後大学駅伝 総合10位と大健闘!(平成25年11月24日)
 姫路工業倶楽部で参加費の一部を援助した丹後大学駅伝(11/24実施)の結果報告に、陸上競技同好会の松田君(4回生)が、次を担う小原君(2回生)と駒井さん(2回生)を伴って、11/29、姫路工業倶楽部室を訪ねてくれました。 
 兵庫県立大学は、総合10位(4時間22分33秒)と大健闘しましたが、惜しくも、最終8区で県立大のタスキは途切れたとのことです。
兵庫県立大学陸上競技部のホームページに詳細が報告されています。

丹後大学駅伝A.JPG 丹後大学駅伝B.JPG
    【スタートを待つ選手達】               【濱端君から村本君へ】
 陸上競技同好会はすでにさらに上を見て歩みを進めています。狙うのは来年の全日本大学駅伝(*)。まずは、本選出場のための予選会突破とのことです。地区学連から参加できるチーム数は19大学で、そのうち、関西からは4大学と厳しい関門となっています。頑張れ!。

*全日本大学駅伝は、その名のとおり、「大学駅伝日本一」を競う大会です。箱根駅伝、出雲駅伝とともに学生三大駅伝と呼ばれていますが、出場大学が関東地区のみに限定されている箱根駅伝や選抜方式の出雲駅伝とは異なり、全国各地の予選を勝ち抜いてきた精鋭25大学が出場。大学駅伝日本一が決定します。

★12/13(金)、駅伝出場選手が姫路工業倶楽部室を表敬訪問してくれました
P1010281.JPG(後列左から)
西山君、中島君、津吉君
(前列左から)
村本君、濱端君、胸永君

2017年01月18日

四国支部愛媛より、近況報告

 平成29年1月15日に、今年支部総会を開催する予定もあり、新年会も兼ねて久我支部長をはじめ、香川より白井さん、西森さん、愛媛より浅野さん、佐々木の5名が、香川県多度津市に集まりました。
 同市にある料亭で昼食をとり、楽しく懇談する中、支部長より直近の倶楽部の状況及び四国支部の総会について説明を受けました。
四国支部、新年会、H29.1.15、新世.jpg

  その後、坂出市にある瀬戸大橋記念公園に移動し、公園内を散策し香川県立東山魁夷瀬戸内美術館に入り、様々な版画の作品を鑑賞しました。自然の風景を題材にされており、作品より、静かな、暖かい、奥ゆかしい雰囲気を感じ取ることができました。館内に、瀬戸内海を見渡すことができる喫茶室があり、談笑しながら、流れの早い海流と悠然と座る瀬戸大橋、そして透明度のある冬の晴天を十分に堪能できました。
瀬戸大橋、H28.10.9 (10).JPG瀬戸大橋と巨大船、H28.10.9.jpg

倶楽部の皆さまも是非四国へ来て頂き、当地へのご来場をお勧めします。
佐々木 芳郎(S49)

2017年01月17日

平成28年度 C38同窓会

 平成28年11月26日(土)昨年度と同じ大阪本町の備後町クラブにてC38同窓会を開きました。出席者は昨年より3名少ない16名でしたが幸いなことに物故者はなく、恒例の乾杯の音頭で始まりました。
 喜寿を迎えるかという年齢に達しますと自ずと各自の話題は健康にかかわってくるのも致し方ありません。脳梗塞とか前立腺がんとかよく聞く病名以外に口にはしない種々の病気を持っておられるのが普通と思われますが、毎年恒例のこの同窓会に出席して気がつくことは皆さん方がことのほか元気そうに見えるのです。その秘訣は何かと想像するにルーテインを持っておられるのではないか思われます。ジム、ゴルフ、ウオーキング、テニス、社交ダンス、畑等様々な分野にわたっているようです。中でもとりわけ驚かされたのはこの年になってもまだ42.195kmのフルマラソンに挑戦し完走する猛者がいることには頭が下がりました。
 約2時間半の会合でしたがあっという間に過ぎ、来年の再会を願い一本締めで終了しました。 久保 陞(C38)
201638c同窓会.jpg

2017年01月06日

姫路工業倶楽部 会員専用Facebookグループの開設について

一、 はじめに
 姫路工業倶楽部では会員専用Facebookグループの運用を2017年1月より開始致しました。以下をご参照のうえ、沢山の皆様にご参加頂きますようお願い致します。

 このグループは、姫路工業倶楽部の会員の皆さまに交流していだくための会員専用の場所です。学校を卒業後、就職や結婚、また転勤や転居などで環境が変わり、いつの間にか仲の良かった学生時代の友人と疎遠になったり同窓会のことが判らなくなることも間々あります。このページにいつも気軽にアクセスしてみて下さい。この場で会員の皆さま同士がつながり、情報を共有して頂けることを願っています。

二、 Facebookグループへの参加申請について
このグループに参加いただくには、Facebookのアカウントを取得後、管理者のTaro Hakuroと「友達」になっていただく必要があります。また、「友達申請」をしていただくのと同時に、次の情報を明記したメッセージをTaro Hakuro 宛てにお送りください。
1)氏名(Facebookの氏名と実氏名が異なる場合は両方)、
2)卒業学科と卒業年度、3)住所、4)Eメールアドレス。
Taro Hakuroがグループメンバーとして会員の皆様をメンバー表に登録した段階から、会員専用ページの情報が全て閲覧可能となります。
Taro Hakuro.jpg Taro Hakuroプロフィール写真

三、 書き込みしてみましょう
 グループに参加したら、差し支えのない範囲で自己紹介を書いてみましょう。卒年や所属クラブのことなどを書いてみるのがオススメです。思いがけない友人からのメッセージが届くかもしれません。
また、気になる話題の書き込みがあれば、コメントを書いてみてください。

以上、楽しい交流となるよう心がけてご活用ください。

2017年01月05日

平成28年度 姫路工業倶楽部大阪支部懇親会

 平成28年10月1日(土曜)、16時から19時半に掛けて、神仙閣(大阪駅前第一ビル12F)にて、45名(ご来賓3名含む)の出席を得て盛大に実施されました。 
 今年度は、親睦会の年度に当たっており、橋本支部長(E43)から活動の状況報告と当面の課題についての説明が行われました。引き続いて、本部を代表して、森副理事長(K45)から近況報告含めた挨拶が行われました。
DSC00450.JPGDSC00451.JPG

続いて、役員紹介、11月5日に実施される支部の秋の見学会の案内がありました。そして、恒例の記念撮影が、電気系と機械系・物質系に分かれて行われました。
【電気系】
H28大阪支部懇親会電気系0001.JPG 
【機械系・物質系】
H28大阪支部懇親会機械・物質系.JPG

 懇親会は、福本相談役(M30)の乾杯で始まりました。今回は特に「関白会」の若い会員にも参加して頂いたおかげでいつもと違って幅広い世代交流が図られたものと思います。会員の皆様には余興を交えて一言スピーチをして頂き、和気あいあいと宴が盛り上がりました。
懇親会座席表(下記の写真は各テーブル配置に対応)
H28大阪支部懇親会B.jpgH28大阪支部懇親会A.jpgH28大阪支部懇親会D.jpgH28大阪支部懇親会C.jpgH28大阪支部懇親会F.jpgH28大阪支部懇親会E.jpg

 そして、最後の締めくくりは、長井吉久さん(E40)の指揮で学生歌「紫雲たなびく」を全員で合唱して終了いたしました。(橋本大阪支部長、事務局)

2016年12月28日

平成28年度「白鷺39・43S会」

 平成28年10月26日、第10回同窓会を京都と奈良の境に在るレイクフォレストリゾートで今回も一泊で開催した。参加者は13名。当日は先にゴルフ会も敷地内のバードスプリングコースで行ったが、なんと保城氏がホールインワンをゲットして大騒ぎとなり花を添えた。
 宴会は18時からホテルで開催。今回は遠方と言う事もあって少人数となったが、もうお馴染みの仲間達とあって各人の近況報告も早々と済ませ、カラオケ2次会から不眠症の方々の3次会に時間を割いた。翌日の観光は午前中に奈良町を散策し、昼食会で終えた。
 この会も各人の近況報告などで趣向を変えてやって来たが、常連が多くなり、お互いが良く周知の飲み会の雰囲気で運ばれるようになった。それだけ参加者はお元気で居るからこそだと思う。寧ろ、体調に不安が有る不参加の方々を思うと、次回からは、近場で昼食会を持つ事なども考えて永く続けていきたい。 幹事:清遠 忠(S43)
2016白鷺同窓会_01.jpg

2016年12月16日

「医工連携コンソーシアム」の設立のご案内とご参加のお願い

 兵庫県立大学先端医工学研究センターでは、「医工連携コンソーシアム」を新たに設立され、参加者を募集されていますので案内します。

1.設立の目的
 当センターの活動を周知し、センター機能の有効活用及び参加者相互の情報交換の促進を図る。
2.コンソーシアム参加者への対応
 (1)当センター が主催、共催、協賛、後援等を行うセミナー、シンポジウム、
    フォーラム等の開催案内の提供
 (2)当センターの活動及び医工学技術などを紹介するニュースレターの提供
 (3)医工学に関する技術相談、技術指導に関する優先対応
3.参加方法
 参加申込書に必要事項を記入の上、姫路駅サテライトラボ宛送付願います。
 (〒670-0913 兵庫県姫路市西駅前町73 姫路ターミナルスクエア4F)
 電子メールでの送付も可とします。(infoアットマークamec-hyogo.org)、
                   *アットマーク:@
 参加費などは不要です。
4. 参加申込書
  医工連携コンソーシアム参加申込書(法人・団体用).doc
  医工連携コンソーシアム参加申込書(個人用).doc

2016年12月14日

第6回 姫路工業倶楽部和歌山支部 懇親会開催のご案内

 拝啓、師走の候、会員の皆様方には益々ご健勝のことと存じます。
さて、第2回姫路工業倶楽部和歌山支部総会・第5回懇親会開催を平成28年9月3日に開催しました。皆様のご尽力のおかげで、2年が過ぎました。本部と連携して、会員間の交流機会を多くする活動を行っています。
 下記の予定で、会員の親睦と交流の場を設けますので、ご多忙中のことと存じますが万障お繰り合わせの上、ご参加ください。
“姫路工業倶楽部の老若同窓生が一堂に会して新春の歓談をいたしませんか?”
敬具

                 平成28年12月13日 和歌山支部長 松本英計
   

日時 :  平成29年1月20日(金)午後19時00分〜21時00分
場所 :   しなの路 
      和歌山県和歌山市美園町5-1-1 JAビル2階 
      TEL 073-436-0088
会費 :  3000円

 なお、会場の都合もございますので、1月16日(月)までにご出欠のご通知をお願い申し上げます。
幹事 松本明弘、吉川 章

連絡先は、姫路工業倶楽部HP内の支部活動コーナーで和歌山支部をご覧下さい。

2016年12月04日

姫路工業倶楽部東日本支部・淡水会東京支部 合同懇親会

 平成28年11月9日(水)、姫路工業倶楽部東日本支部、淡水会東京支部は恒例の合同懇親会をお茶ノ水「ホテルジュラク」にて実施しました。今年は淡水会東京支部が幹事でした。淡水会東京支部の永井支部長、兵庫県立大学の清原学長の挨拶後、
合同懇親会2.jpg合同懇親会3.jpg

堀井彰三氏(淡水会東京支部会員堀井精一氏の実兄)による講話「石炭と地熱は地球を救う! 〜エネルギービジネス半世紀を振り返って〜 」が実施されました。堀井氏は昭和17年兵庫県生まれ、昭和39年神戸大学(経済)卒業後、出光興産鰍ノ入社し、国内外で石油販売、地熱開発、豪州での石炭開発に従事されました。今後のエネルギー問題に石炭の果たす役割について興味深いものがありました。
合同懇親会5.jpg合同懇親会4.jpg
合同懇親会6.jpg合同懇親会7.jpg

 姫路工業倶楽部からは、森副理事長(田中理事長代理)、前田事務局長、兵庫県立大学学友会からは八木事務局長(淡水会会員)、神田事務局員(前姫路工業倶楽部事務局長)が参加されました。
 姫路工業倶楽部東日本支部の井上支部長の乾杯の音頭の前に挨拶があったのですが、井上先生から世界大学ランキングの話(*)があり、兵庫県立大学が上位に入り込むには、現役、OBが何をすべきかを訴えられました。
合同懇親会.jpg合同懇親会8A.jpg

 以後、懇親会は終始和やかに行われ、最後の締めは、参加者中一番の若年者中野さん(J10)の一本締めにて、お開きとなりました。
 なお、来年の合同懇親会は11月12日(日)、東海大学交友会館で行います。
講師として公益財団法人ダイヤ高齢社会研究財団の澤岡詞野氏を予定しています。

東日本支部幹事長 森島 文夫(C51)

事務局追記:
*世界大学ランキングは、イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エジュケーション(THE)」が実施しており、9月21日に、2016年〜2017年の世界大学ランキングを発表した。世界大学ランキングは、教員数や博士号取得者数といった「教育力」、研究費収入や論文数といった「研究力」、論文引用数からみる「研究の影響力」、海外留学生数や国際共著者論文数といった「国際性」、産業界からの研究費収入といった「産業界への影響力」に着目したもので、全部で13の指標により決定される。全世界の評判調査(アンケート)を重要視している。
 2016年〜2017年の世界大学ランキングでは、全世界の約18,000の大学から980大学がランクインしている。残念ながら兵庫県立大学は入っていない。ただ、日本は69校がランクイン。アメリカ148校、イギリス91校に次いで第3位。
◆日本のランクインした大学

★日経BPコンサルティングは11月30日、 「大学ブランド・イメージ調査 2016-2017 近畿編」の結果を発表した。近畿編の対象大学は主要66校、調査期間は2016年8月1〜31日、有効回答はビジネスパーソン4,291人。

2016年12月03日

昭和39年機械科卒業の同窓会

 昭和39年機械科卒業の同窓会を平成28年11月10日大阪駅前の「聘珍樓」で開催し、20人が参加しました。平成28年2月に亡くなった忽那正司君に黙とう。乾杯のあと歓談と雑談------。『お墓の名義変更は生前にした方が良い-----』とか『エンディングノートを書いておいた方が良い-----』とか、奥さんが倒れられて看護に努める同僚からは『平素から料理をマスターすべきである』とか-------。今年から後期高齢者の仲間入りをした同期にとって切実な話を聴くことのできたありがたいひと時でした。
姫路工大35M機械科同窓会.JPG

 ゴルフの好きな6人は翌日「宝塚高原ゴルフクラブ」でゴルフを楽しみました。 松井 康明(M39)
A宝塚高原ゴルフクラブ.JPG