写真や画像をクリックすると拡大します!

2017年08月18日

関西熱化学グループ企業内同窓会

 参加者14名(姫路工大8名、神戸商大2名、理学部3名、環境人間学部1名)の県立大出身者で開催しました。掲載写真は、姫路工業倶楽部会員のみで撮影しています。
P1010181.JPG

 当社は尼崎に本社をおく製鉄用コークス製造メーカーです。三菱化学グループに属し、神戸製鋼所加古川製鉄所の敷地内に工場があり24時間連続操業をしております。
 出身者が多いのは、もちろん加古川工場と子会社である分析事業、精密洗浄事業及び活性炭製造業等を束ねる(株)MCエバテックです。実はMCエバテックのほうが、事業所が筑波・四日市にもあり、従業員数も多くなっています。2000年までは産業機械や応用化学出身者が大半を占めていましたが、最近は学部も多岐に亘っています。
 定年OB3名も入っての久しぶりの同窓会(実をいうとここに写っている働き盛りのメンバーの快気祝いであったのですが)を盆前の平成29年8月10日に三宮のビアホールで開催しました。ほぼ毎年開催して来たので、皆名前等はわかるのですが、どの職場でどのような仕事をしているのか、日頃全く接触のない人も多くあるため、まずは職場の紹介・情報交換から、果ては愚痴のいろいろまで話がたくさん出ました。入社時より体重の増えたメンバーが多く、定年OBからいろいろ忠告するのですが、なかなか言うことを聞かない「やんちゃ」ばかりでした。定年OBも「働きざかりの時はそんなもんかな〜」と最終的には自虐の苦笑いでした。県立大卒の新入社員がいないため、2009年卒の当社最年少が次回も幹事となり、企画することになりました。  豊田 隆俊(C51)

2017年08月16日

姫路工大ESS・OBと姫路短大ESS・OGの52年会

 2017年(H29年)7月15日(土)11:30から15:00まで、大阪駅から近い『神仙閣・大阪店』に、姫路工大ESS・OBと姫路短大ESS・OGが1年ぶりに集まり、卒業後約52年という『52年会』を持った。50年会(2015年)は姫路の山陽デパーット内の「東天紅」で、51年会(2016年)は神戸の「神戸メリケンパークホテル」で開催し、今回の52年会は大阪駅前第1ビル12Fの「神仙閣・大阪店」で開催した。いつものことながら、話題は尽きず、時間の経つのが早く感じる。皆の話は、ESS時代の楽しかったこと、卒業後のこと、最近の私生活のこと、病気の経験談、ほか、いろんな内容であるが、ドイツ語が時々出てきたりして、未だに向学心に燃えている(?)人も居て頼もしく感じた。短大OGの参加者が少ないのは残念であった。
IMG_7037.JPG
(写真:向かって前列右から高木(旧姓・橋本(短大))、(以下工大)嶋谷、古田、後列右から、原田、加藤、石野、長井 の7名。)

 この1年間のOB,OGの変化を幹事(長井)から報告した。その主なものは、2年前に開催した50年会の様子を、姫路工業倶楽部報・第27号とブログに掲載してもらった。その結果として、2件が第28号の「北から南から」に紹介された。@C33の池田陽夫氏からは、“自分がESSの創設に関わったので、ESSの様子を紹介された記事は大変興味深く読んだ”、というもの。姫路工業倶楽部本部の前田事務局長の仲介があって、池田氏から長井へ手紙(創部当時の写真付き)をいただいた。そこで池田氏には、当時のESSを紹介する文を工業倶楽部報へできれば寄稿するよう長井がお願いした。AS42の井倉道雄氏(カナダ・オタワ在住、工大時代はESSに所属)からは、前田事務局長へメールが届き、“長井と連絡を取りたく、メールを長井へ転送してほしい”と依頼してきた。前田様からメールが届いて、井倉氏とのメールによる直接連絡が始まった。また第28号の「会員だより2016」に、井倉道雄氏の寄稿文「4年前カナダ政府の研究所を退職」が掲載されて、工大を卒業後の経歴が詳しく示されて、奥様(Lydia Ikura)との写真もあった。前田様に大変お世話になり、連絡がつながりました、感謝します。

 閉会の時間が予定時間をオーバーしたため、慌てて退室することになり、工大の学生歌3曲と短大の学生歌1曲を歌うのを忘れてしまった。せっかく神仙閣の個室を確保したのに、学生歌を大きな声で歌えなかったことが心残りです(笑)。  文責:長井吉久(E40)

2017年08月14日

知の交流シンポジウム2017(9月19日)

 知の交流シンポジウムは、兵庫県立大学全学の知的資源を地域社会・産業界のイノベーションに役立てていただく活動の一環として毎年姫路地区と神戸地区で交互に開催されており、今年は神戸地区で開催されます。
知の交流シンポジウム2017ポスタ.pngプログラム、申込、交通アクセスなど詳細はポスターをクリックください!

姫路工業倶楽部は、知の交流シンポジウム2017に協賛しております。

<概要>
(1)日時 平成29年9月19日(火)10:30〜19:20
(2)場所 神戸商工会議所会館(神戸市中央区港島中町6-1)
   3階 神商ホール(一般講演、特別講演)
   2階 イベントホール(ポスター発表:約90件)
    交流会場 アリストンホテル神戸 2階 バレンシア

(3)プログラム(抜粋)
【一般講演】   (4件)
         C「人工知能による医用画像診断支援」
           工学研究科 小橋 昌司 教授
【理事長挨拶】   兵庫県知事 井戸 敏三
【特別講演T】 「イノベーションが創る未来社会
         〜エネルギー・地球環境問題と産業技術力の強化〜」
         国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 
          理事長 古川 一夫 氏
【ポスター発表】 90件
【一般講演】   (2件)
【特別講演U】 「究極のクリーンエネルギー『水素』社会の実現に向けて」
        岩谷産業株式会社 代表取締役社長 谷本 光博 氏
             常務執行役員 中央研究所長 宮崎 淳 氏
【交流会】    参加費 3000円(ただし、学生は1000円)

2017年08月08日

四国支部総会&懇親会2017

 平成29年7月23日(日)、11時30分より四国支部(*1)総会&懇親会が香川県坂出市で行われました。参加は16名(香川:5名、高知:3名、徳島:2名、愛媛:4名、本部:2名)でした。今回、久しぶりに高知県からの参加があり盛り上がりました。
DSC01361.JPG

 久我四国支部長殿の挨拶に続いて、本部の寺林理事長が来賓挨拶を行い、事業報告、本部概況報告と続いて、高知担当の川上副支部長が乾杯の音頭をとられて懇親会は始まりました。恒例の自己紹介で盛り上がり、最後は、香川担当の西森副支部長の1本締めでお開きとなりました。
DSC01355.JPGDSC01352.JPG
DSC01363.JPGDSC01365.JPG
(*1)H29/5月現在、四国支部140名(香川:64名、高知:15名、徳島:30名、愛媛:31名)

 四国支部では、近年、総会後近くの名所を訪ねる企画が組み込まれており、今回は「瀬戸大橋記念館(*2)」と「香川県立東山魁夷せとうち美術館(*3)」を訪ねました。
DSC01376.JPG

(*2)瀬戸大橋記念館
 人類の英知と最新の科学技術を結集して完成した、世界最大級の道路鉄道併用橋「瀬戸大橋」。 20世紀最大のプロジェクトの完成と開通を記念して建てられた“瀬戸大橋記念館”では、海底50メートルから海上200メートル、 長さ約9.4キロメートルにわたる壮大な空間のなかで展開された架橋工事の全貌や架橋技術の粋を、動く模型や映像などにより、 わかりやすく紹介しています。
(*3)香川県立東山魁夷せとうち美術館
 瀬戸大橋を望む絶好の地に、日本画の巨匠・東山魁夷画伯の版画作品を中心に約350点を収蔵。東山画伯の祖父が坂出市櫃石島出身であり、香川県とゆかりが深い。

2017年08月02日

「2017年度 三大学バドミントン部OB会(4回目)開催の案内」

「2017年度 三大学バドミントン部OB会(4回目)開催の案内」

bd-OB-3Dai-Himeji[1].jpg
目的: 姫工大/姫短/県大姫路 のOB・OG相互の交流と親睦
    現役への支援・貢献をはかる
対象: 姫工大/姫短/県大姫路 のOB・OG/現役
日時: 11/11(土) 12:00〜14:30
場所: 姫路キャッスルグランヴィリオホテル
    姫路市三左衛門堀西の町210番地
    駅南玄関 歩7分(TEL:050-5847-7770)
会費: 飲食含め OB 7,000円、OG 6,000円、現役 4,000円

出席希望者は10月10日(火)〆で
世話役: 西田(昭和48卒)、木下(昭和49卒)、鍋島(昭和50卒)、
       松倉(昭和46卒)
メルアド: bd_ob_3dai_himeji@yahoo.co.jp
(欠席の人についても、是非近況など連絡お願いいたします)

2017年07月16日

第40回鳥人間コンテスト(滑空機部門)出場に伴う活動費の一部ご支援のお願い

姫路工業倶楽部会員の皆様へ
                姫路工業倶楽部 事務局 前田恵一 

 兵庫県立大学)鳥人間部、第40回鳥人間コンテスト(滑空機部門)出場
 に伴う活動費の一部ご支援のお願い

 鳥人間部代表 井上さんから、2回目の出場となった今回も
会員の皆様に、製作費や運搬費などの活動費の一部
支援要請がありました。

 姫路工業倶楽部は、原則、大学側の要請に基づいて、 
成果が出た事案に対して横断幕等の制作費他で支援して来ました。
 ただ、今回も、上記に当てはまらないため、姫路工業倶楽部としての
支援は難しいのですが、鳥人間部が大学の名誉を掛けて、遅くまで
機体製作に努力されていること、参加によって、大学の広報活動にも
寄与することなども踏まえ、前回と同じように、姫路工業倶楽部の
会員の皆様へ広くご支援を呼びかけることで協力することになりました。

なお、本活動は、第34期 寺林理事長の承諾の下、7/4に実施された
大学との懇談会で工学研究科長殿他に紹介しております。
また、鳥人間部の活動(第40回鳥人間コンテスト出場)は、
ブログにも掲載しておりますので、ご覧ください。
http://blog.himejikgclub.org/article/180089299.html
ご支援、よろしくお願いいたします。

■ご支援をお願いしたい内容:
1口 1,000円のご寄附、できれば2口以上


ご寄附の受付けは、8月18日金曜日までとさせていただきますが、
7月21日(金)までにお申し出を頂いた皆様には
パイロットが着るTシャツにお名前を鳥人間部に記載してもらって、
琵琶湖を一緒に飛びたいと思います。
よろしくお願いいたします。

ご支援頂ける会員の皆様は、姫路工業倶楽部にその旨(口数)を
応援メッセージと一緒にご連絡下さい。

(メールアドレス:hi-club@eng.u-hyogo.ac.jp)
(FAX:079-266-2274)

事務局受付後、ゆうちょ銀行の口座番号を記載した振込用紙を
郵送させていただきますので、振込をお願いいたします。
振込いただいた寄附金は、振込手数料や送料など
事務上の必要経費を除いた金額を鳥人間部代表 井上さんに
お渡しいたします。

鳥人間部代表 井上さんからの支援要請文章:

鳥人間部 活動経費について(支援依頼)
               2017年6月30日
           鳥人間部 代表 井上 直樹

初めまして、鳥人間部代表の工学部 機械・材料工学科 3回生の
井上 直樹と申します。
兵庫県立大学鳥人間部 wishbirds は、 2017年7月29・30日に
開催される鳥人間コンテスト(滑空機部門29日開催)への出場が
決定しています。
2年前の出場結果は、あまり良いものとは言えず、その反省として
昨年は鳥人間コンテストに出場申込をせず、他チーム見学などを行い
機体製作・設計についての研究期間として活動し、今年出場といった
経緯になっています。

 昨年度の他チームなどの見学経費・機体製作研究経費(具体的には翼の試作)
などを全て部員から回収した部費のみで活動行ってきました。
 そして、今年、鳥人間コンテストの出場が決定し、昨年の研究期より
多く活動資金が必要になりました。機体製作経費だけでなく、
鳥人間コンテスト大会当日など機体の搬送や鳥人間コンテスト会場に向かうための
交通費もかかります。機体を搬送するためには大型のトラックが必要であり、
部員・OB /OGの中でも大型車の免許を所有している人物もいませんので
運転手・トラック共に運送企業に依頼するしかありません。
現在依頼している運送企業さんからの見積もりでは往復で22万円ほどかかる
というのが現状です。また大会当日は19人の部員が大会場に向かう
交通費・宿泊費は別にしても機体だけでなく、機材を運ぶ必要があり
自動車のレンタル代が必要になります。

 以上のように今後大会まで機体製作だけなく、機体の搬送といった経費を
部員から回収した資金のみで負担するのは厳しい金額になって
しまいますので、一昨年に資金援助を受けた身で大変恐縮ですが、
鳥人間コンテスト出場、私たち鳥人間部の空への夢を叶えるために
資金面でサポートを何卒よろしくお願いします。

2017年07月12日

第15回姫路工業大学グリークラブOB会

 平成29年7月1日、第15回グリークラブOB会を英国パブ「ホサンナ」で開催しました。
 今回、過去最高の 27名の出席があり、たいへん盛り上がりました。会場では、懐かしい練習風景、演奏会、合宿などの写真をスライドショーしており、人物は変わっても昔から同じように部活動を繰り返して継続してきたことに、姫工大グリーの伝統の重みを感じた・・・との後輩の感想。
 卒業以来、略半世紀ぶりに会った方もあり、顔と名前が一致しないことや、伝説の人物もたくさん来られて、学生時代の思い出や、グリークラブに入部する際の不純な動機なども楽しく語り合いました。
 今も合唱団で活動しているOBや出席人数が多いこともあり、「姫路工大グリークラブ愛唱曲集」を片手に、大いに迫力満点の男声合唱を楽しみました。予定時間をオーバーし、大きな声で、真っ赤な顔をして歌っている姿を見て、まだまだ合唱にかける情熱は続きそう。このOB会は平成12年に、昭和42 − 45年入学の有志10名ほどで同窓会を始めたもので、今回、昭和35年入学の大先輩から、昭和47年入学までの年齢が一回り違うメンバーが揃いました。
 尚、OB有志による男声合唱団「ダークオックス」を結成し、7月6日、伊丹ホールで初練習を行いました。 稲田健次(C43)
グリークラブOB会2017.jpg

2017年07月01日

姫路工業倶楽部大阪支部 第12回総会のご案内

 姫路工業倶楽部大阪支部 第12回総会を下記により実施いたしますので、多数のご参加をお待ちしております。  大阪支部長 橋本 倫行

        記
1. 年月日: 平成29年10月7日(土曜)
2. 時間: 16時00分〜18時30分
3. 場所: 神仙閣(大阪駅前第1ビル12階)
      大阪市北区梅田1-3-1-1200
      TEL:06-6341-4071
4. 内容: 姫路工業倶楽部大阪支部は飛躍します。とにかく、今年の総会に出席し
      見て、聞いて、語り合い直接感じて!!
      詳しくは、大阪支部総会2017のチラシを確認下さい。
 *連絡については、支部活動の大阪支部 を参照下さい。

2017年06月30日

平成29年度 姫路工業倶楽部四国支部総会開催についてのご案内

平成29年度 姫路工業倶楽部四国支部総会開催についてのご案内

 拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 平素は姫路工業倶楽部の活動に関しまして格別のご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
平成29年度四国支部総会を下記要領にて7月23日(日)に開催いたします、つきましてはぜひともご出席下さいますようお願い申し上げます。
 なお、今回は総会と懇親会の後に坂出市の瀬戸大橋記念公園を訪れて、瀬戸大橋記念館、絵画と素晴らしい瀬戸大橋の景観も合わせて見ることが出来る東山魁夷美術館そして公園の散策等見どころ沢山の場所で研修と見学を楽しんでもらえるものと考えております。
なにとぞ皆様にご参加いただき、四国支部総会を開催することができますよう、重ねてお願い申し上げる次第であります。 敬具
                   姫路工業倶楽部 四国支部長 久我 昭
           記
開催日時   平成29年7月23日(日)    
集合場所と時間 : 美 膳(びぜん) に11時30分、 坂出駅のすぐ前です。
(地図:https://goo.gl/maps/Lrwy9tp2M8s
総   会     11:30、 懇親会 12:00〜 の予定です。
   総会と懇親会が終了後に瀬戸大橋記念公園散策を予定しております。

*連絡先については、四国支部活動内を参照ください。
*集合時間は各県と本部からのJRの時間を勘案しまして予定しました。
東山魁夷美術館は65歳以上の身分証明者があれば無料ですので是非持参して下さい。

2017年06月29日

第7回 姫路工業倶楽部和歌山支部 懇親会開催のご案内

第7回 姫路工業倶楽部和歌山支部 懇親会開催のご案内

拝啓 ますます御清栄のこととお喜び申し上げます。
皆様のご尽力のおかげで3年が過ぎ、本部と連携して、会員間の交流機会を多くする活動を行っています。また、和歌山支部の体制も新しくなりました。  
さて,夏季の催しとして、宿泊可能な設定で、姫路工業倶楽部の老若同窓生が展望の良い場所でじっくりと親交を深めたいと考えております。そこで、姫路工業倶楽部和歌山支部第7回懇親会を下記のとおり、開催いたします。ご多忙中のことと存じますが万障お繰り合わせの上、ご参加ください。 敬具
                        平成29年6月26日
                          和歌山支部長 塩見泰一 
  
                 記

日時 : 平成29年8月26日(土) 懇親会 18時00分〜20時00分

場所 :   花王有田研修所
      和歌山県有田郡広川町山本1724-10   TEL:  0737-64-0001
花王有田研修所への交通案内.png

会費 : A) 8350円(懇親会 + 宿泊朝食込)
      B) 4000円(懇親会)

 なお,会場の都合もございますので,8月4日(金)までにご出欠のご通知を以下の連絡先までお願い申し上げます。また、ご出席される方は、会費(AまたはB)と、アクセス方法(1〜4)をお知らせください。
1)直接会場(自家用車利用)
2)直接会場(湯浅駅からタクシー利用 10分)
3)車乗り合わせ:午後15時00分 JR和歌山駅東口集合・出発
4)その他(                )
   
 連絡先 幹事 松本明弘、吉川 章

2017年06月28日

部報28号、ホームページに掲載しました

 部報28号、電子版として部報欄に追加登録しました。
部報28号表紙.png

■部報28号、編集・校正完了しました(2016年12月16日)
部報28号の編集、校正が完了しました。お正月にゆっくりとご覧頂きたかったのですが、年明けでの配送になってしまいました。
 新企画(若手技術者近況報告リレー、学生活動紹介)や多くの投稿もあり、50頁に増えました。
部報28号_目次.pdf

★会費納入はコンビニ・郵便局から
 姫路工業倶楽部の運営は皆様の会費で支えられています。2年間で3,000円の会費はコンビニあるいは郵便局から払込みをお願いします。
 第33期(平成27年4月から平成29年3月の2年間)分の払い込みが未だの皆様には、本会報誌(部報28号)に同封しました払込用紙に、金額・会員の名前などを印字済みですので、そのままコンビニ・郵便局の窓口に出して下さい。よろしくお願いします。

2017年06月27日

第12回エコフェス開催:7月2日(日曜)

◇第12回エコフェス開催(7月2日(日))
姫路環境人間キャンパスで実施される第12回エコフェスについての案内です。テーマは、「君と始める夏物語」です。
実施日:7月2日(日曜)10時〜
場所: 姫路環境人間キャンパス
DSC01316.JPG

◇第11回エコフェス開催(7月3日(日))
 姫路環境人間キャンパスで実施される第11回エコフェス-星に願いを-の看板が、いつものように時計台に設置されています。連続TV小説「あさが来た」で使用された環境人間学部の校舎(講堂など)などの見学も兼ねて、覗かれてはいかがでしょうか。
実施日:7月3日 (日曜) 10時〜
場所: 姫路環境人間キャンパス
DSC00259(エコフェス2016).jpg

◇第10回エコフェス開催(7月5日(日)10時〜)
 姫路環境人間キャンパスで実施される第11回エコフェス-大学祭-の看板が、いつものように時計台に設置されています。
実施日:7月5日 (日曜) 10時〜
場所: 姫路環境人間キャンパス
P1010942.JPG
実施日:7月5日 日曜10時〜
場所: 姫路環境人間キャンパス(アクセスマップ
*詳細は、兵庫県立大学大学祭実行委員会西支部のツイッター。でもチラシは現時点(6/15)でまだです。

2017年05月28日

硬式テニス部OB会2017

 2017年5月20日雲一つない晴天の下、恒例のOB会を開催しました。今回は14名の参加があり、現役対OBでダブルスを楽しみました。戦績は現役10勝、OB 7勝でした。 
 最年長(S41入学)のOBの方も大阪から参加されました。現役当時は伊伝居コートでテニスをされ、現在の書写コートは今回が初めてだそうです。元気にプレーされていました。
 私の現役当時のOB会では、初心者は試合が難しいのでボーラーか審判のみ担当でテニスをする機会がなかったのですが、最近はOB会後の午後に時間を取って、若手OBによる初心者も含めた現役指導を行っています。OBのアドバイスは現役の励み、今後の成長に繋がると考えています。
 今年就職したOBの中には、テニスを本職(スクールコーチをしつつ、実業団のように選手としてもプレー)にする方が出ています。在学時にアルバイトコーチはよくあるのですが、本業にするOBは初めてだと思います。失礼ながら1年生当時は特に目立った選手ではなかったのですが、在学時にコツコツと努力を積み上げ、リーグ戦でも勝利に貢献、卒業までに大きな成長を見せてくれました。また経験を積み、逞しくなってOB会に戻って来るのを期待しています。
 さて、本多顧問を始め関係者の方々のご尽力により、念願のオムニコートを1面造っていただけると聞き、大変嬉しく思います。書写コートは移転当初からクレーコートで、ローラー等で整備はしているものの、イレギュラーが多く苦労していました。オムニコートであれば安心してプレーでき、OBも呼びやすい環境になります。今後も多くのOBに参加いただきたいと思います。 
硬式テニス部OB会副会長 野上尚洋(C03)テニス2017_05200021.JPG
テニス2017_05200024.JPGテニス2017_05200040.JPG

2017年05月17日

第34期 通常総会のご案内(貸切バス発車時刻)

★貸切バス発車時刻(2017.05.17追加)
 第34期総会・特別講演への移動手段について、5/13(土)よりメルマガと電話で確認させていただきましてありがとうございました。現在、まだ案内中の方も一部居られますが、回答いただいた皆様の結果を踏まえ、貸切バスは、
1)9時30分出発:1台
2)10時00分出発:1台

に分けて運用させていただきます。ご活用ください。
姫路工学キャンパスへのアクセスと構内図

なお、まだ、ご連絡いただけていない方は、ご連絡よろしくお願いいたします。

市田様と姫路工業倶楽部で寄贈した絵画は、ネームプレートを除いて、本日5/17設置が完了いたしました。ロビーを飾るすばらしい仕上がりになりました。ご協力いただきました関係者の皆様に感謝申し上げます。
ぜひ、当日、総会前に、本物をご覧下さい。取り付け中の様子。
DSC01270.JPGDSC01268.JPG

三軒先生の書は、明日、設置予定です。


★A棟ロビーの様子(2017.04.14追加) 
 部報28号にもチラシを同封いたしましたが、
改めて、第34期 通常総会の案内をいたします。
多数の会員の皆様のご参加、お待ち申し上げます。

なお、総会、特別講演開催予定のA101号室の前のロビーやテラスには、語らいのためのソファーやイス・机が配置されました。
DSC01252.JPGDSC01230.JPGDSC01240.JPGDSC01241.JPG

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
姫路工業倶楽部 会員の皆様
                姫路工業倶楽部
                 第33期 理事長 田中 延幸

 第34期 通常総会ご案内 

 うららかな好季節を迎え、皆様には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて、姫路工業倶楽部の第34期の通常総会を下記の要領にて開催いたします。多用中のところ誠に恐縮ですが、万障繰り合わせの上、奮ってご参加ください。

                   記
【第34期 通常総会・特別講演会】
日時:平成29年5月20日(土)
   10時30分 受付開始
   (懇親会に参加される方は、懇親会費として3,000円、申し受けます
   11時 通常総会
場所:大学構内 新本館1階 大講義室
議題:第33期 事業報告および決算報告
   第34期 役員選出
   第34期 事業計画および予算案
   12時20分 特別講演会
    東京理科大学特命教授 篠塚 保 氏
    演題:「外交の現場で起きていることーその建前と本音」
【第34期 懇親会】
   13時30分 受付開始
   (懇親会のみ参加される方は、懇親会費として3,000円、申し受けます
   14時から 懇親会
   兵庫県立大学 JAZZ 研究会(学生)の演奏
   兵庫県立大学 フォト部(学生)の作品展示
   場所: 姫路キヤッスルグランヴィリオホテル 3階「雅扇の間」
      (姫路市三左衛門堀西の町210 番地 IP 電話:050-5847-7770)
      (周辺案内・アクセス等)    

 なお、参加申し込みは4月20日(木)までに、部報28号に同封しましたはがきに加えて、FAX、メールでも可能です。ご参加、頂きますようよろしくお願い申し上げます。
   * 〒671−2201 
     兵庫県姫路市書写2167
     兵庫県立大学 姫路工学キャンパス内 姫路工業倶楽部
     電話&FAX:079−266−2274
     Eメール:hi-club@eng.u-hyogo.ac.jp

 また、大学や懇親会場への移動には、貸切バスを運行しますので、ご利用下さい。
大学へは、JR姫路駅南バスターミナルを9時30分に出発し、総会開始まで30〜40分間、新本館を始め、大学見学時間を確保しています。そして、総会終了後の懇親会場への移動は、13時10分に大学を出発します。

2017年05月12日

第12回七機会同窓会

 我々、七機会(S34.M卒)は卒業後25年周年に第1回同窓会を吉原先生、桜井先生、山田先生、泉先生をお招きして開催し、以後3年毎に再会し、12回になります。平成29年4月12日、恒例の第12回七機会同窓会を神戸六甲荘で細川先生をお招きして行いました。入学時は40名でしたが、卒業は29名+3名(編入)=32名でした。年毎に参加者も諸事情で減少し、今年も細川先生と共に10名でした。参加者全員がそれぞれに似合った帽子を被っていたのが印象に残った。参加者の近況は健康のこと、終末をどう迎えるかが中心で、細川先生は、長年、日記をつけておられること、そのせいか、先のことより過ぎ去った昔のことを思うことが多くなったということでした。
 参加者の岡田廣次氏が宿泊中、急性心筋梗塞で急逝されました。ご冥福を祈り、合掌。 文責:生駒 清、宇津 元雄(M34)
七機会2017.jpg

2017年05月03日

入学50周年記念同窓会を開催(C46)

 平成29年4月15日に姫路市内の新北京で入学50周年記念同窓会を開催しました。当日は、関西圏在住の方々だけでなく、遠くはインドネシアの勤務先や東京・名古屋方面から参加いただいた方々も含めて22名が集まりました。司会の田中さんのユーモア溢れる進行のもと、懐かしい仲間からの挨拶を聞きながら、食事に舌鼓をうち、大いに飲みました。会場で最初に出会った時は、お互いの名前がすぐに思い浮かばないこともありましたが、お話を交わすにつれて次第に昔の記憶が戻り、会が終わる頃には46年前の卒業時に完全に戻っていました。参加いただいた方々は卒業後約半世紀が経過して、多くの人は仕事を辞める歳になっていて、それぞれに懐かしさがこみあげてきたのではないかと思います。最後に、この会が末永く続くことと、今回参加できなかった方々も含めて、同級生全員の健勝を祈り、再会を期して、長瀬さんの音頭のもと、参加者で1本締めをしました。
小川 貞一(C46) 
IMG_8014.JPG

2017年05月01日

超高齢者になった意気軒昂のM30会

 30年卒業組も85歳、政府のいう超高齢者になり卒業時38人いた仲間も、昨年また2人亡くなり合計18人が鬼籍に入り、今も7人が病に伏せ、夫人の介護や近況不明者を除けば元気なものはわずか6人となってしまいました。寂しくなるばかりです。このような現状から元気なうちに毎年顔を合わせよう、一人になるまでやろうと昨年話し合い、今年も先日の3月31日に同期会を実施しました。
 今年は年のことも考え遠方ではなく近くでということで昔のイメージを一変した明石駅前の「魚の棚商店街」の小料理屋「明石 喜楽」で開催しました。
 老いてますます盛んな老人5人のうち4人が遠方も苦にせず馳せ参じ、亡くなった仲間の冥福を祈るとともに病に伏せ出席できなかった人たちの無念を思いながらお互いの元気を喜び合い、明石名物の魚料理に舌鼓を打ちながら、最近の世相や学生時代の思い出に花を咲かせました。果ては場所を変え、歳を忘れてカラオケの2次会で自慢の喉を披露し、楽しい半日を過ごし、来年も元気な姿を見せようと約束して散会しました。 福本良一(M30)
M30クラス会(20170331).JPG
(参加者: 左から、上村 實、福原 典雄、福本 良一、中村 悟) 

2017年04月24日

22年ぶりに「MELCO神戸白鷺会」を開催

 同窓会「MELCO神戸白鷺会」が1995年 阪神淡路大震災で、流れてしまいました。紅谷会長のご提案があり、震災後初めて22年ぶりに4月19日ハーバーランド木曽路にて「MELCO神戸白鷺会」を開催しました。
 姫工大・兵庫県立大を卒業し、三菱電機神戸地区に勤務している方、勤務した方を対象とし、地震後の音沙汰並びに現役の方々を調査した結果、現在総勢22名の所帯となりました。
 今回、遠くは東京からの出席者を交え、14名が参加しました。予定の時間を大幅に超え、昔話や現代の話を交えながら、現役とOBの絆を深める事が出来ました。
 出席者全員のご賛同を得て、毎年、4月の第3水曜日に開催(次回は2018年4月25日(水))することにし、散会しました。 中西 悠二(E46)
MELCO神戸白鷺会2017.jpg

2017年04月21日

第22回テクノフェスタ(5/21 10時〜)播磨理学キャンパス

■第22回テクノフェスタ(2017年5月21日)
日付:2017年5月21日(日) 10:00〜
場所:兵庫県立大学播磨理学キャンパス
  (〒678-1297 兵庫県赤穂郡上郡町光都3丁目2-1 )
*リンク:兵庫県立大学 大学祭実行委員会西支部
DSC01255.JPG


■第21回テクノフェスタ(2016年5月15日)
日付:2016年5月15日(日) 10:00〜
場所:兵庫県立大学播磨理学キャンパス
  (〒678-1297 兵庫県赤穂郡上郡町光都3丁目2-1 )
第21回テクノフェスタ(播磨理学キャンパス).jpg

 
■第20回テクノフェスタ(2015年5月17日)
 理学部の大学祭は、テクノフェスタという名称で5月に開催されています。
宣伝の立て看板が、工学部時計台(?)に設置されていましたので紹介します。播磨理学キャンパスは、スプリング8から1kmほどのところです。

P1010874.jpg

2017年04月17日

うるう会2017姫路城花見宴

 今年も「うるう会」恒例の姫路城花見宴を4月12日「千姫ぼたん園」で開きました。
 しぐれ模様で気温も乱高下の気候続きでしたが、毎年世話役を引き受けてくれているI君のズバリの読みで当日は素晴らしい好天と、まさに満開の桜の下で、遠くは名古屋からも13名が参加しました。 
 昨年は卒業後60年の節目で“納め”の「うるう会」と花見を兼ねましたが、参加可能者で花見はできる限り続けようとなったものです。M君が整理してくれた花見宴記録によると、初回の1998年4月11日から毎年続けて今年で20回目、在籍者26名の半数ですから、上々の参加と自慢できます。
 各自持参の弁当と飲み物を口にしながら1年ぶりの歓談。話しの中身は医者通いやリハビリ、温水プール通いの効果で頼っていた腰痛杖が不要になったことなど健康上のことが殆どなのは止むを得ないことです。Y君、得意なハーモニカ伴奏で「ふるさと」「琵琶湖周遊の歌」なども口ずさみ、尽きない談笑を3時間余で切り上げました。
 私達は育ち盛りの小・中学校の時期を戦中戦後に育ち、まだ物資不自由ななか学制改革の新制高校を経て旧師範学校を改装/増築した伊伝居の学舎で学びました。卒業必要単位数は他校より多く設定され、講座ごとに各人違う課題の設計製図など厳しく絞られましたが、卒業研究、夏休み中の学外実習、見学旅行などを含め“物なし時代”での苦楽と共助の学生生活が今の絆に繋がっていると思っています。
 いつものスポットで輝く白鷺城をバックに記念撮影し、もの凄く多い外国人の行き来に驚きながら桜並木を抜け、綺麗に改装されたみゆき通りから、見事に改装された大手前通りへ出て、喫茶店で喉をうるおし、ひと休憩後、健康でまた来春の再会を約して散会しました。 河原 實(M31)
IMG_2121 - バージョン 2.jpeg
M31うるう会2017花見.jpg