写真や画像をクリックすると拡大します!

2012年02月23日

進路・就職指導講演会

 平成24年2月20日、進路・就職指導講演会を開きました。これは学部3年生と博士前期課程の学生を対象に、就活を始めるに当たっての講演会で、毎年後期試験が終った次の日に行います。
 今年の講師は、昭和46年電気卒業の福山重樹さん(富士通テンテクノロジ株式会社顧問)と昭和56年機械卒業の萩原茂喜さん(ダイキン工業株式会社常務執行役員)で、福山さんは「富士通テンの取り組み(モノづくりと技術者への期待)」、萩原さんは「企業が求める社員像」と題して講演をされました。
2012sidoukouen.jpg

2012年02月10日

高大連携シンポジウムで基調講演

 平成24年1月31日に開催された高大連携シンポジウム(入試委員会主催)で、姫路工業倶楽部の副理事長でコベルコ建機顧問の溝口孝遠さんが基調講演をしました。
 「企業から見た就業力とコミュニケーション力」と題して、高校と大学が連携して取り組んでいく課題に対して、企業の立場から講演されました。
 パネルディスカッションでは高校と大学の先生方が、それぞれの立場から考えが述べられました。

2012年01月11日

兵庫県立大学の学生がまたも快挙

 兵庫県立大学経済学部4年生の衣川くみ子さん(姫路出身)が将棋の学生女流名人になりました。
 平成23年12月23・24日に開かれた全日本学生将棋連盟の2011年度女流名人戦で優勝して、このタイトルを獲得しました。
 http://gakurenshogi.web.fc2.com/record/2011/joryu2011.html
 田口裕貴くん(工学部2年生)の全日本学生弓道大会の全国優勝に引き続いての快挙です。

2012年01月06日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になり、有り難うございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
今年は姫路工業倶楽部の設立60周年になり、
来る4月28日(土)に記念行事をします。
改めてご案内しますが、皆様方のご参加を
お待ちしています。
              平成24年1月

2011年12月26日

キャリア支援懇話会を開催しました

 2011.12.15にイブニングセミナー「キャリア支援懇話会」を開催しました。
学部1年生を対象に卒業生の講演と座談会です。
 学生37人、卒業生10人が集まり、教員も4人参加していただきました。
座談会では、卒業生1人と学生3〜4人の少人数のグループに分かれ、弁当を食べながら活発な会話が弾みました。
evening15s.jpg
参加した学生の感想は「ざっくばらんとした雰囲気がとっても良かった」「視野がとても広くなった」
「自分の将来に影響するような話が聞けた」などでした。

2011年12月21日

M36のクラス会をしました

 平成23年11月1日、2日、卒業後50年になる、3年ぶり5回目のクラス会を、明石海峡大橋を身近に眺められる「舞子ビラ」で実施しました。東は東京から、西は広島、出雲からを含めて総勢22名が参加しました。初日は懇親会に先立ち、希望者がクルーズ船(ルミナス神戸−2)に乗船し、ランチをともにし、その後「神戸花鳥園」でひとときを過ごしました。夕刻より始まった懇親会では、旧交を温め、現況紹介などで会が盛り上がり、宴会時間が足りないくらいでした。
Mail0015.JPG
翌日は自家用車6台に分乗し、「神戸ワイナリー」に立ち寄った後、家屋等の実物震動試験を行う「E−ディフェンス」に行きました。東日本大震災後でもあり当施設への見学者も多く、時宜を得た見学になったと思います。ビデオで試験の実施状況の説明を受けた後、震動試験場、試験後の建物供試体等を見学しました。

2011年12月19日

M42のクラス会

 平成23年11月5日(土)神戸の四川料理のマンダリンパレスでM42のクラス会をしました。
 出席者は24名でした。平成17年以来長らく開催されていませんでしたが、本年の姫路工業倶楽部の総会に参加した人が中心になり開催しました。
姫工大M42同期会集合写真20111105s.JPG
 会では各自の近況報告、昔話、社会情勢への論評などで、大いに盛り上がりました。

2011年11月25日

玄武洞に行きました(学友会)

 兵庫県立大学学友会は恒例のキャンパス巡りバスツアーを開催しました。今回は平成23年11月24日に、大学の付置研究所のコウノトリの郷公園と玄武洞を見学しました。
卒業生やその家族36人が、研究所の先生の案内でチョット専門的な説明を受けました。
genbudo01s.JPG
 写真は玄武洞にて説明を受ける参加者です。

ウェルカムキャンパスを開催

 兵庫県立大学学友会(http://gakuyuukai.org/)は平成23年11月6日、「ウェルカムトゥー姫路書写キャンパス」を書写紀念館で行い、101人が参加しました。
welcome3.jpg
 これは学園祭(工大祭)に合わせて、学生の保護者を対象に大学の紹介や研究室の見学をしていただくものです。姫路工業倶楽部は理事長が同窓会活動を紹介しました。
 見学ではインキュベーションセンターや学術情報館を大学院生の案内で回りました。

2011年11月23日

メルマガをどうぞ

姫路工業倶楽部ではメルマガを配信しています。次号は11月25日配信予定です。
配信ご希望の方は登録画面

https://s7.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=himejikc

で、メールアドレスなどを登録してください。

同窓会誌を発行しました

 同窓会誌「姫路工業倶楽部報」の23号を発行しました。
 住所判明の全会員に発送しました。住所変更などでまだ届いていない方は、事務局(o79-266-2274)までご連絡ください。

2011年10月28日

東日本支部の総会、懇親会

 平成23年10月10日、姫路工業倶楽部東日本支部と淡水会東京支部は、恒例の合同懇親会を開きました。今回は初めての企画で、現役の大学院生と研究員が「OB・OGに望むこと」と題してのプレゼンテーションをしました。
 工学研究科の電気工学専攻、博士前期課程1回生の橋岡亜弥さんは、ドイツやアメリカでのプレゼンテーションの経験を話しました。先輩方へ望むこととして、産学連携をもっと活発にして、研究の目的や成果の利用分野を見える形にして欲しいと訴えました。
 経営学部客員研究員の中野沙弥香さんは、県立大学統合の良かったことは、理系や看護系の授業が受けられるようになったことや神戸商大時代の研究環境が受け継がれていることを挙げました。
 改善して欲しいこととして、パソコン環境、関連雑誌の購入数の改善、女子化粧室が不足していることを訴えました。

大阪支部の総会、懇親会

 平成23年10月8日、姫路工業倶楽部大阪支部は、大阪駅前「神仙閣」で第9回の総会と懇親会を開きました。福本良一支部長は「親睦第一に活動をしていますが、その中で大学への関心は持ち続けていきたいと思います」と挨拶しました。
 記念講演としてユアサM&B株式会社、執行役員の小東信良さん(昭和43年電気工学科卒業)の「電気自動車とリチウムイオン電池」と題した、いま話題の講演があり、引き続き、上方講談道場所属の太閤堂新玄師の歴史講談「宇治川の一番渡り」を楽しみました。

2011年10月01日

ボギークラブのご案内

第111回ボギークラブコンペのご案内

 姫路工業倶楽部のHPをご覧の方に、ボギークラブから第111回コンペ開催のご案内をいた
します。
 ボギークラブについては、下記のファイルをご覧ください。
ボギークラブ.pdf
 コンペは年3回行っていますが、今年の秋コンペを11月11日(金)に加西インターカントリークラブで開催します。9時集合、9時31分スタートにしています。プレー費用は11,000円(コンペパーティセット代を含む)とコンペ会費1,000円(賞品代)です。6組の予約をとっています。交流と情報交換を目的に有意義な会をめざしていますので、奮ってご参加のほどをお願いいたします。ボギークラブメンバーは姫路工業大学ゆかりのある方であれば,どなたでもご一緒に御参加くださってよろしいです。
 ご参加をお待ちします。問い合わせは米田(yoneda.akio@blue.plala.or.jp)まで。
参加の受付は10月20日とします。


2011年09月21日

兵庫県立大学シンポジウムが行われました

兵庫県立大学シンポジウム
 2011年9月13日、毎年恒例の産学連携機構がコーディネートする兵庫県立大学シンポジウムが神戸市産業振興センターで開催されました。約400人の参加者が会場を埋め、前神戸商工会議所会頭の水越浩士氏の特別講演「人と経営ー企業人生で思ったこと」を聞き入っていました。
 県立大学の教員が最新の研究シーズを発表し、またポスター発表が行われ兵庫県立大学の底力をアピールしました。パネルディスカッションは「産学公連携に期待すること」というテーマで行われました。

ナノ・マイクロ研のキックオフフォーラム

 平成23年9月9日、書写キャンパス内の書写紀念会館においてナノ・マイクロ構造科学研究センターのキックオフフォーラムが開催され、全国、そして海外から合わせて約150人の関係者が集まりました。
 兵庫県立大学の清原正義学長の開会の挨拶、東北大学の井上明久総長(昭和45年金属材料工学科卒業)の東日本大震災の復旧・復興の様子を交えたお話がありました。
ナノマイクロキックオフ02s.jpg
 写真は挨拶される清原学長、聴衆の一番手前(カメラ寄り)が井上総長です。
 兵庫県立大学副学長で、産学連携機構の太田勲機構長の新しくなった組織の紹介、そしてナノ・マイクロ構造科学研究センターの山崎徹センター長から、詳しい組織の説明と事例紹介とフォーラムは続きました。
 海外からは、ドイツのカールスルーエ工科大学、台湾から清華大学の研究者が参加し、国際色がでました。同会館の入り口ホールではポスター発表があり、フォーラムのしめくくりとして、兵庫県企画県民部長の荒木一聡氏より閉会挨拶がありました。

企業内グループ「壱々会」

 富士通テン株式会社内の新任幹部社員の発令が、今年もあり、姫路工業大学、兵庫県立大学の工学部、理学部、環境人間学部卒業生による企業OB会「壱々会」(会員180名)からは、3名の会員が辞令を受けました。
 立場が今までと180度変わり、期待と不安でスタートした新任幹部社員に対し、
同会の山野眞市会長(昭和55年、電気工学科卒業)を始めとする幹部社員の先輩有志によって、激励会を開催しました。
11会.JPG
 新任幹部社員の一人がタイから一時帰国するのに併せ、豊田や中津川など、本社のある神戸以外の地区からも仕事を「調整」して、総勢15名が参加しました。
 わが社の市販ブランド「イクリプス」ワインで乾杯!。新任幹部社員の近況報告を肴に、辛口のアドバイスや同じ大学で「繋がる」「ネットワーク」の重要性を確認し合い、大いに盛り上がりました。
 上の写真は新任幹部含む参加者全員による集合写真です。笑顔がいいですね。何、企画・運営した筆者が写っとらん・・・!」前田恵一(昭和49年、電気工学科卒)

2011年09月04日

姫路城近況

「平成の大修理」の真っ最中の姫路城に行ってきました。
素屋根に囲まれて大天守閣は見えませんが、二つの小天守が頑張っているように見えます。
平成修理01.jpg
工事状況を見学できるコースがあります。エレベーターで昇ると、すっかりと瓦が剥がされた天守閣最上層の屋根をまじかに見ることができます。
平成修理02.jpg
休日には、時間帯により行列ができるほどの人気です。

2011年09月03日

消防庁長官賞、レスキューロボコン

 2011年8月6日、7日の両日に行われた第11回レスキューロボットコンテストにおいて、兵庫県立大学ロボット研究会のグループ「SHIRASAGI」は、総合6位に入賞し「消防庁長官賞」を受賞しました。
 本コンテストは、阪神・淡路大震災後、2001年から毎年行われている「レスキュー活動」を題材にしたロボットコンテストです。
 今年度は工作センターや教職員の方々の協力を受けながら製作した1チーム3台のロボットで、姫路城(白鷺城)にちなんでチーム名を「SHIRASAGI」とし、3年前より大会に参加しています。
ロボコン2.jpg
ロボコン01.jpg
写真はロボットの勇姿とダミー人形を救助している模様です。

2011年08月12日

兵庫県立大学シンポジウムのご案内

毎年恒例の産学連携機構がコーディネートする兵庫県立大学シンポジウムが開催されます。

日時 2011年9月13日(火)12時45分から
場所 神戸市産業振興センター

詳しくは添付のファイルをご覧下さい。
前神戸商工会議所会頭の水越浩士氏が特別講演されます。
県立大シンポ.PDF