写真や画像をクリックすると拡大します!

2015年06月12日

姫路工業倶楽部会員の皆様へ、メールアドレス登録のご案内

姫路工業倶楽部 会員の皆様
 姫路工業倶楽部では、会員の皆様の親睦と交流の向上を図る手段のひとつとして、2011年5月より、即時性の高い情報やHITメールマガジン(以下HITメルマガ)を中心にEメールを活用した情報サービスの提供を行っております。

HITメルマガは、原則、1回/月のペースで、
・会員の皆様の投稿記事紹介
・支部、クラス会、クラブOB会、企業OB会のニュース
・大学、学友会などのイベントや研究活動の紹介
・姫路の地域ニュース
・姫路工業倶楽部からのお知らせ(ブログの内容紹介含む)
などの情報を発信しています。

そこで、未だ、メールアドレスの登録をされていない会員の皆様にご案内を差し上げております。
事務局で登録手続きを代行させていただくことも可能です。

2015年06月03日

30期-32期クラス会開催一覧

【30期-32期クラス会開催一覧(2015.5.23)】
 今般、33期の参考にするため、30期-32期のクラス会開催状況を一覧に纏めなおしました。
30・31・32期クラス会一覧.pdf

【クラス会開催マップ2014】
 平成18年(2006)から現在の平成26年(2014)にかけて、姫路工業倶楽部本部が把握しているクラス会の星取り表を作りました。60歳の節目である昭和51年以前卒業のクラスの皆様がほとんどです。バリバリの現役世代は、お忙しいこともあるのでしょうか、1クラスのみです。

クラス会開催に関して、助成金制度もあります。
本部にお気軽にお問合せください。
クラス会開催マップ.pdf

2015年05月18日

第4回 キャリア支援懇話会開催(2014年イブニングセミナー)

 2014年11月20日木曜、5時限(講演)と6時限(懇話会)で開催。今回、海津先生、伊勢先生のパイロットゼミの学生全員が参加したこともあり、1年生は過去最高の17名が参加。そして、卒研生、修士1年生と合計すると44名となりました。また、OBは、教員OB含めて17名(キャリアセンター長、工学部教員、山陽特殊製鋼、三菱電機、シスメックス、川崎重工、富士通テン、弁理士、ダイセル、神戸工業試験場など)で、合わせて61名が参加しました。
 会場は、昨年の反省も踏まえ、フリートークの移動のし易さを考慮して、書写紀念会館 紀念ホールで実施しました。

第一部 講演(先輩の経験談を聞こう!)
 グローバル化が進む厳しい社会の中で頑張っている先輩の体験談を伺うことの重要性を強調された森理事長の挨拶に続いて、井上センター長による大学の就職面の現状報告とご自身の経験も織り込まれたお話で始りました。
2014キャリア支援A.jpg2014キャリア支援B.jpg

そして、福山委員長(研究・教育支援委員会)から、キャリア支援懇話会の主旨説明がありました。
1)学びの目標について(入学してできるだけ早く気付いていただく)
 ■学生の皆さんの「将来展望が明確」の割合を上げる
2)コミュニケーション力について
 ■同世代と仲のよい友達間でのコミュニケーション力ではなく、世代、役割、経験を超えたコミュニケーション力を上げる。
そのために、第1ラウンド(講演)は、実社会(第一線)で活躍されている先輩の経験談を聞き、自らの将来展望について何かを感じ取って頂きたい。
また、第2ラウンド(懇話会)は、先輩や教員と弁当を食べながら、疑問に思うことを質問し、悩みをフランクに本音で語ってほしい。ぜひ、勇気を出してハングリーに本日の場を活かしてください。

演題1:「学生時代と会社経験からのアドバイス」
 株式会社ダイセルの松本隆幸氏(昭和59年産業機械工学科卒)の講演2014ダイセル松本氏.jpg
・姫路工大/兵庫県立大工学部出身者の配属先と役割
  >配属は必ずしも希望通りにはいかない。むしろ、専門外に配属されることも多い。いろんなことにチャレンジできると前向きに捉える。どんな役割に就いても、積極的に取り組んで経験を積む。出来るようになると、少し大きな仕事を任される。小さな成功体験で自信もつく。それが好循環を生む。そうすれば、知らないうちに仕事力が付いてきて、無くてはならない人材になっている。
 >楽なことよりもしんどいことを選んでほしい。
 >孔子の言葉に「30で立ち、40で惑わず」というものがあるが、確かに30代は悩むことが多くある。しかし、悩むことで努力が生まれる。どんどん悩み、努力する、その過程があるから充実した40代を送ることができる。
・学生時代の経験から(特に学外での経験)
 >学外の人、社会人、他校の人とも積極的に交流し、刺激を受けてほしい。
 >体育会本部役員として六公立競技大会企画の会議で他校役員の議論の鋭さ、企画力や議長の会議の仕切りなどに衝撃、社会にでたときの差を実感。自身の努力に繋がった。
 >大学祭の講演者選びで「山内一弘氏」に辿り着くまでの体験は人脈の大切さを学ぶ良い機会だったこと。また、企画し、実行実現することの経験が役に立っている。
 >学外活動としての姫路ESS活動。英会話の勉強は必須。学生のうちに海外の方との交流経験を積んだ。海外の人と話すことに慣れてたことが役に立ったと思う。また、英語の勉強だけでなく、社会人の実行力・企画力を学ぶ良い機会になった。同じ興味を持つ集まり、また利害関係のない人でもあり、このような仲間との繋がりは、色んな相談もできるし、人生や心を豊かにしてくれ、長いつきあいが可能である。
 >読書をしよう。良書を読もう。
・会社経験から(海外経験からなど)
 >海外出張と赴任は全く違う。ダイセルには、59名のOBがいて、13名が海外赴任の経験者。技術スタッフから現地社長までさまざまな重責を担っている。海外赴任は、得られることは非常に多いし、仕事力も上がる。積極的に海外に出て、チャンスがあれば赴任にチャレンジし、異文化を体験し人脈を広めてほしい。

Q:仕事で一番しんどかったことは。
A:仕事はしんどいものです。一つ一つの小さな成功体験が大事。
Q:配属先は、毎年変わるのか。 
A:適材適所もあり、そんな頻度では異動しない。

演題2:「姫路工大で良かった?」
株式会社 小松製作所の大野正夫氏(昭和55年機械工学科卒業)の講演
2014コマツ大野氏.jpg・ここってどんな大学?
 >第一希望でなく、少し悔しい思いをして入学された方が多いと思いますが、今から勉強すればよいのです。そして、創立当時のスローガン「東の東工大、西の姫工大(兵庫県立大学工学部)」を目指そう!
・一社会人として お話したい事
 >勉強って役立つの?・・・大学の勉強で大事なことは、論理的に考えること、工学的に考えることです。4年、6年経つと大きな差になります。どういうふうに研くかが大事。
 >仕事するってどんな感じ?・・・職場には1流校出身で素晴らしい人が20%ぐらいおられます。そのような中で認められる人は、大学の名前のせいではありません。皆さん、努力されているんです。非1流校とは諦めの早さが違うんです。プライドもって自分を信じてやってみようと思うかどうかの違いなのです。
・最後にアリさんの話
 >3割のアリさんはがんばる、6割はそこそこ、ぐうたら1割。頑張るアリさんばかりを集めるとすばらしい集団になるかというと、やはり、3割しか頑張らない。単に環境に影響されているだけ。時には客観的に見て自分で自分を育てることが大事。

第二部 懇話会(先輩や教員と弁当を食べながら本音で語ろう!)
まずは、学生やOBのテーブル配置を事前に設定して弁当を食べながら会話を行い、途中、フリートークに切り替え、各テーブルの企業OBを学生が自由に移動して話を聞く事ができるもので会話も弾んだようでした。
フリートーク全体D.JPGフリートーク全体.JPG
フリートーク全体B.JPGグローバル化.JPG

最後に、次回以降の参考にするためのアンケートを記入頂きました。そして、福山委員長の閉会挨拶で終了となりました。

2015年05月11日

姫路工業倶楽部 第33期 通常総会

 姫路工業倶楽部の第33期の通常総会が、平成27年4月11日(土)午前11時より、姫路キャッスルグランヴィリオホテル「錦の間」で、76名の会員の皆様の参加を得て開催されました。また、兵庫県立大学 学長 清原様を始め、学生部長 藤原先生、経営部長 阪田様にもご臨席いただきました。 

  議題:第32期 事業報告および決算報告
     第33期 役員選出
     第33期 事業計画および予算案

 まず、議長として中山博史(E40)様、副議長として阿保政義(M62)様が選出され、議事を進めました。第32期理事長の森義明(K45)様が事業報告及び決算報告を行い、決算については、監事の南尚宏(M51)様が「適正に運用・処理されている」と監査報告しました。質疑はなく、出席者の拍手により、第32期の事業報告及び決算報告は承認されました。
IMG_3551(15%).jpgIMG_3576(30%CUT).jpg
IMG_3560(CUT).jpgIMG_3585(15%).jpg

 続いて、第33期役員名簿として、女性枠2名を含む45名が提示され、拍手で承認されました。
 そして、選出された第33期理事長 田中延幸(S47)様から、第33期 事業計画および予算案の報告が行われ、原則、運営方針は32期を踏襲するとの説明がありました。そのような中でも、特に、支部、会等の活性化支援、新たな会等の設立支援等の具体的取り組みとして、
・姫路支部、海外支部設立へ向けての取組開始
・企業OB会の設立推進に取り組む
・現役OB層への働きかけの方策検討
などが新しく紹介されました。また、女性理事の設置に関して、幅広い意見を活動に反映させる為に、女性の視点、考え方も必要と考え、社会で活躍する女性を理事会に参加して貰うべく、女性理事を設置する事を検討すると報告がありました。
そして、母校の発展の支援に関しても、より効果的な運営方法の検討を行うと報告がありました。
 これに対し、寺岡義伸(E42)様から、
1)個人情報保護の観点もあるが、希望者だけでもよいので名簿を発行して欲しい
2)部報に関して縦書きは、工学レポートの英文字表記が見づらいので横書きを検討してほしい
といった要望が寄せられ、田中理事長から、難しい点もありますが、持ち帰って検討しますとの答弁がありました。その後、拍手で、第33期事業計画および予算案は承認されました。
IMG_3591(CUT).jpgIMG_3603(15%).jpg 

2015年05月03日

クラス会、企業OB会に特別助成金制度導入

 平成27年3月8日に実施された理事会で、会員の皆様の相互の親睦と交流等の活性化支援策の一つとして、クラス会、企業OB会の開催に対して、支部と同じく、前期の会費納入数に応じて追加助成を行うことが承認されました。4月から具体的に推進しておりますので、ご活用ください。

 なお、企業OB会を開催される場合は、事前あるいは申請時に会員名簿をいただく必要がありますのでご注意ください。詳細は、 姫路工業倶楽部 支部等の助成金規定を参照下さい。

2015年04月17日

第33期 懇親会 フォト部の最優秀作品

 フォト部が「ひかり」「風景」というテーマで撮影、出展してくれた20件の作品中、会員の皆様から最も多い22ポイントを獲得しました。ぜひ、写真をクリックして鑑賞下さい。
夜光虫@川崎夜行3(20%).jpg
伊奈銀之助さん(4年生、機械系)の作品「夜光虫」
なお、懇親会の終盤、田中理事長から最優秀作品として図書カードを授与し、栄誉を称えました。

2015年03月31日

電気、機械、物質の各謝恩会で姫路工業倶楽部賞授与

 卒業生は、国際会館こくさいホールでの学位記授与式を終えた後、ポートピアホテル南館「大輪田の間」で電気系、機械系、物質系に分かれて、18:20、19:00から、謝恩会が盛大に開催されました。
 姫路工業倶楽部は、各系の幹事さんと事前調整を踏まえ、各系で森理事長の挨拶(下記)と姫路工業倶楽部賞(優秀学部生の部と優秀院生の部)の表彰状と賞金を森理事長が一人一人に授与しました。
P1010800.JPGP1010815.JPG
【森理事長挨拶】
 姫路工業倶楽部 第32期理事長 森 義明です。45年金属卒業です。本日は、誠におめでとうございます。
 姫路工業倶楽部賞について一言ご説明させて頂きます。姫路工業倶楽部賞は、昨年までは優秀学生表彰という名称で「学部生」のみを受賞の対象と致しておりましたが、会員の皆様方、先生方の強いご要望により院生まで拡大することに致しました。院生まで拡大するにあたって、「優秀学生表彰」では「院生」が含まれない、ということになりまして、今般、「姫路工業倶楽部賞」に名称を変更いたしました。そして、それぞれ「優秀学部生の部」「優秀院生の部」といたしました。
「優秀学部生の部」は、従来通り、学業成績とコミュニケーション力やプレゼンテーション能力などを総合評価として大学で選考頂きました。一方、「優秀院生の部」は、学業ではなく、論文数、受賞歴、特許件数などの研究業績と、研究発表の内容とで選考致しました。
 今回の受賞の方々は非常にレベルの高い方々であるとの印象を受けました。今後の活躍が大いに期待されるものと思います。おめでとうございます。それでは姫路工業倶楽部賞の受賞に移らさせていただきます。

【電気系(18:30〜)】
P1010806.JPGP1010812.JPG
   (向かって左から、谷さん、津吉さん、森理事長、上口さん、井上さん(院))
P1010799.JPG
(各コースごとの記念撮影の一シーン)

【物質系(18:45〜)】
P1010820.JPGP1010824.jpg
  優秀学部生(向かって左から、向井さん、森理事長、山田さん、白木さん)
P1010859.JPG
(物質系全員での記念撮影に森理事長も飛び入り参加)

【機械系(19:00〜)】
畠山賞、三浦賞に続いて姫路工業倶楽部賞が授与されました。
P1010837.JPGP1010844.JPG
     優秀学部生(向かって、吉井さん、森理事長、沖さん、西山さん)
P1010846.JPGP1010850.JPG
     優秀院生(向かって、原田さん、森理事長、阿佐さん)
P1010828.JPG
(専攻長 井上先生による畠山賞の授与シーン)

2015年03月23日

部報 第26号(姫路工業大学創立70周年特別号)掲載!

 平成27年1月1日発行の部報26号のPDFファイルを「部報」欄に掲載しました。本号は、姫路工業大学創立70周年の特別号として、通常より8頁増えております。
部報_26.jpg
 本文は画像クリック
【姫路工業大学創立70周年関連】
・巻頭挨拶:「創立70周年記念のお祝いと100周年に向けた期待」(東北大学元総長 井上先生)
・開会挨拶(兵庫県立大学学長 清原先生)
姫路工業大学のあゆみ(副学長 太田先生)
・県大の各同窓会からの祝辞
・特別講演「思いのマネジメント」(ノーリツ社長 國井氏)
・自由討論「大学にもの申す」、司会:川月先生
 (マツダ元社長 井巻氏、大阪支部長 福本氏、太子高校校長 菅生氏、葵機械工業副社長 堀氏)
・未来への決意(工学研究科長 山崎先生)
・大学内見学 
・灘菊の西蔵での祝賀会アルバム 等

2015年03月16日

姫路工業俱楽部賞(院生の部)選考会が開催されました

平成27年3月8日、32期まとめ理事会を午前中に実施し、13時より新たに設けた「姫路工業倶楽部賞(院生の部)」選考会を同じ、姫路市民会館 6会議室で開催しました。
 「姫路工業倶楽部賞(院生の部)」選考会は、電気系、機械系、物質系の各専攻各部門の推薦者10名と自己推薦枠2名合計12名の院生の方に、修士論文を10分間プレゼン頂き、上位3名を選出するものです。今回は、1名欠席で11名で実施されました。そして、プレゼン終了後、発表者には、森理事長から参加賞の図書カードが贈呈されました。

 評価は、1)課題設定 2)課題遂行 3)プレゼンテーション 4)資料作成 5)コミュニケーション の5つの採点項目があり、それぞれ20点、合計100点満点で採点しました。
 初めてのため、戸惑いもありましたが、無事上位3名を選出しました。ただ、肝心なプレゼンシーンを撮り忘れました。最後の上位3名を決める集計中の様子です。

選考会A.jpg 

2015年03月12日

H27年 第39回進路・就職指導講演会開催(大学と共催)

 平成27年2月10日(13時〜15時)、第39回進路・就職指導講演会が4号館4階の4401教室で開催されました。就職活動の解禁が遅くなったことも影響しているのか、学部3年生と大学院1年生、合わせて289名が参加され、立ち見が出るぐらいでした。
 毎年この時期に企業の最前線で活躍されている姫路工業倶楽部の会員を講師に迎え、進路選択・就職活動・社会参加の意義などについて、ご自身の経験、体験を踏まえ講演して頂いています。今年は、以下のお二人に講演して頂きました。

 日新製鋼株式会社 義村 博 氏(K45)
 演題:「恥かき 汗かき あせらずに」

 古野電気株式会社 鷲田 健人 氏(E60)
 演題:「これからの若手エンジニアに望む事」

進路全体(一部カット).jpg
          会場全体
義村氏.JPG
    義村氏
鷲田氏.JPG
    鷲田氏
 今回も、講師のご好意により、演題のパワーポイントを配布資料として提供頂き、学生の理解をさらに深める事ができました。実施しましたアンケートでは、「新しい発見があった」「自分の進む道がはっきりした」との回答が年々増加しております。また、
■職場での心構えや学部生と院生に求められるものの違いが分かりよかった。
■”恥をかく事が学ぼうとする力になる”という言葉が印象的でした。失敗を恐れていては成長しない。迷ったらまず挑戦してみるという考えを持って今後の就職活動に取り組んでいきたい。クレーム処理1つにしても自分の考え次第で非常に重要な仕事になるという考え方に感心した。面接についてのアドバイスは非常に参考になった。
■研究室選び、進学に際して今日の講演の事をいかしたいです。
など、多くの感想が寄せられました。

2015年03月01日

第33期 通常総会ご案内 

 姫路工業倶楽部の第33期の通常総会を下記の要領にて開催いたします。
多様中のところ誠に恐縮ですが、万障繰り合わせの上、奮ってご参加ください。

   日時  平成27年4月11日(土)
       午前10時30分 受付開始
       午前11時    通常総会
          議題:第32期 事業報告および決算報告
             第33期 役員選出
             第33期 事業計画および予算案
       正午から     特別講演会
          兵庫県立大学 工学研究科長補佐 川月 喜弘 氏
             仮題:「工学部・工学研究科の将来に向けて」 
       午後1時から   懇親会
                兵庫県立大学 JAZZ研究会(学生)の演奏
                兵庫県立大学 フォト部(学生)の作品展示 
                学生歌合唱:白鷺の天守紫雲たなびく
                各階層での写真撮影タイム
                 *32期の様子は総会アルバム参照

   場所  姫路キヤッスルグランヴィリオホテル
      (姫路市三左衛門堀西の町210番地 IP電話:050-5847-7770)
        通常総会・特別講演会 : 3階「錦の間」
        懇親会        : 3階「雅扇の間」

   参加費  懇親会費として3,000円、当日受付にて申し受けます。
 
 なお、参加申し込みは、引き続き受付中です。部報26号の綴じ込みはがきにてご返事を頂きますようお願い申し上げます。

2014年10月14日

第4回 キャリア支援懇話会(イブニングセミナー)開催

 キャリア支援懇話会は、姫路工業倶楽部が大学(工学部)の1年生に対して 学びの目標・動機付け、並びにコミュニケーション力育成を 支援する活動のひとつです。実施事項は姫路工業倶楽部会員の皆様による講演とグループ討論、フリートークでのアドバイスです。

 第4回目となる今回のプログラムは以下のとおりです。
 ・開催日 平成26年11月20日(木)
 ・時 間 16:20〜19:30(第5、6時限)
 ・場 所 第5限:書写紀念会館 紀念ホール、講義形式
      「先輩の経験談を聞こう!」と題して、
        ダイセルの松本様、小松製作所の大野様による講演です
      第6限:書写紀念会館 紀念ホール、グループ討論、フリートーク、食事
      「先輩や教員と弁当を食べながら本音で語ろう!」と題して、
        教師・卒業生(各10名程度)との本音トークです
 ・参加者 学生(1年生):先着定員50人(最大80名)

2014年03月12日

剣道で学生日本一!栄誉を称える垂れ幕支援

 第8回全日本学生剣道オープン大会(*) 男子2段以下の部で、優勝、学生日本一になった工学部1年 植林 暉仁(あきひと)さんに対して、姫路工業倶楽部は、学友会と共同で垂れ幕を製作し、名誉を称えました。
--本館に掲げられた垂れ幕--
P1010342垂れ幕.JPG
*第8回全日本学生剣道オープン大会 結果
 平成25年12月21日(土)〜22日(日):広島グリーンアリーナ
 男子弐段以下の部 (108名エントリー)
 http://chushi.xsrv.jp/game/exhibition_game/8th_exhibition_game.html

2014年02月26日

2014年_進路・就職指導講演会開催

 平成26年2月14日、学部3年生と博士前期課程1年生、約150人が参加して進路・就職指導講演会が開催されました。
 毎年この時期に企業の最前線で活躍されている姫路工業倶楽部の会員を講師に迎え、進路選択・就職活動・社会参加の意義などについて講演して頂いています。今年は、以下のお二人に講演して頂きました。

 目黒化工株式会社 滝 文雄氏(M55)
 演題:「企業選択と採用面接への助言」
 日新電機株式会社 明石 直義氏(E55)
 演題:「技術・仕事・やりがい」

IMG_2280.JPGIMG_2283A.JPG
IMG_2287A.JPG

今回、講師のご好意により、演題の骨子を纏めた配布資料を準備頂き、学生の理解をさらに深める事ができました。実施しましたアンケートでは、多くの学生から「新しい発見があった」「自分の進む道がはっきりした」と回答頂きました。また、
■会社での仕事、人との繋がりが分かった。
■面接についてのアドバイスは非常に参考になった。
■会社名で選ぶことをせず、しっかり企業研究していきたい。
■仕事をすると世界が広がり、いろんな経験ができることを学んだ。これから仕事をすることが楽しみになってきた。
などの感想が寄せられました。

2013年12月06日

11/21、第3回 キャリア支援懇話会(イブニングセミナー)開催

 11月21日、5時限(講演)と6時限(懇話会)で開催。
学生は、1回生9名含む53名、OBは教員OB含めて18名、キャリアセンターからは井上センター長と西尾先生、合わせて73名参加。

第一部 講演(先輩の経験談を聞こう!)
森理事長の挨拶、井上センター長のご自身の経験も織り込まれたお話で始った。
P1010223.JPG P1010224.JPG

そして、福山委員長(研究・教育支援委員会)から、今回のキャリア支援懇話会には
1)学びの目標について(数値はH21年度調査)
■途上型学生(将来展望が見えていない)の割合を全国平均以下(20%以下)に低下させる
■達成型学生(将来展望が明確)の割合を全国平均以上(40%以上)に上昇させる
2)コミュニケーション力について
■同世代、仲のよい友達間でのコミュニケーション力ではなく、世代、役割、経験を超えたコミュニケーション力を上げる
という狙いがあり、そのための具体的なアクションである講演と懇話会について詳細説明があった。

演題1:「就職 before and after」
三相電機株式会社の長野浩忠氏(平成9年電子工学科卒)の講演
P1010226.JPG資料無しの本音トーク
・自分に与えられた仕事を好きになってほしい
・全体的な視野で物事を見るべき
・諦めないで、できる理由を探して前向きに取り組む
・面接は恋愛と同じ。礼儀正しく、かつ会社の概要を知り、自分の考えで話す 等。

演題2:「キャリアマネジメントの3キーワード”タコつぼ・技術士・野心」
グローリー株式会社の橋本正己氏(昭和63年産業機械工学科卒)の講演
P1010229.JPG・社会情勢の変化に対応できるようにタコつぼ型(狭い分野)エンジニアにならない。科学技術振興機構が無料にて提供する技術者向けeラーニングサービスを活用しよう。
・話す力は聞く力、書く力は読む力。上手い人の言動を真似る。
・人間は1Hで45%、24Hで74%忘れる。ICレコーダを活用して何度も聞いて覚えよう 等。

第二部 懇話会(先輩や教員と弁当を食べながら本音で語ろう!)
まずは、学生やOBのテーブル配置を事前に設定して弁当を食べながら会話を行いました。少し話が出だすまでに時間が掛かり、OBや先生から質問の投げかけが多かったようです。1時間後、今回新しい試みとして取り入れたフリートークは、各テーブルに企業OBを配置し、学生が自由に移動して話を聞く事ができる内容で会話も弾み好評でした。

P1010234.JPGP1010243.JPG
P1010258.JPG

最後に、次回以降の参考にするためのアンケートを記入頂きました。そして、福山委員長の閉会挨拶では、本日のまとめとアップル創業者Steve Jobsの「Stay hungry,Stay foolish.」(ハングリーであれ、愚か者であれ)という言葉に加えて「Stay young」という言葉が贈られて終了となりました。

2013年11月22日

姫路工業倶楽部報第25号 発行(11月22日)

 姫路工業倶楽部報第25号、本日11月22日、会員の皆様に向け、第32期会費納入のお願いとともに発行しました。
兵庫県立大学本部から、配布資料の同封要請を受け、約3週間、発行が延びましたこと、お詫びします。

部報アラカルト2013.JPG

2013年08月06日

インターンシップを受ける学生に安全教育実施

 2013年8月6日、電気系でインターンシップを受ける学生に、安全教育を行いました。
講師は、技術士の和食宏さん(昭和40年電気工学科卒)です。以前、勤めておられた会社での経験を踏まえ、持参頂いた制服、ヘルメット、安全ぐつ、安全ベルトなどを実際に着用して、安全は、源流管理が大事であることを身振り・手振りで説明され、学生も納得の様子でした。
20130806A.jpg 20130806B.jpg

2013年05月15日

へたくそパレット会(32期理事長投稿)

4/13に行われた姫路工業倶楽部第32期通常総会における特別イベントのひとつ、フォト部写真展で1等賞の絵を見て書いた半分油絵半分パステル画です。他に朝顔の絵も添付します。へたくそですが、ホームページ(ブログ)のへたくそパレット会のつもりです。
ScreenHunter_03 May. 10 09.53.jpg ScreenHunter_03 Jul. 20 12.48.jpg

2013年04月13日

第32期 総会&懇親会アルバム

2013部報_総会アルバム.pdf

第32期 通常総会
 平成25年4月13日(土)、姫路キャッスルホテル 錦の間にて第32期の通常総会を開催いたしました。当日は、早朝地震で、大幅な交通機関のダイヤの乱れが発生するハプニング発生。
 第31期理事長の福山重樹さんが事業報告および決算報告を行い、承認されました。引き続き新理事長の森義明さんから挨拶および第32期事業計画案、予算案が提案され、質疑はなく、出席者の拍手により、承認されました。
特別講演会
兵庫県立大学 理事長(兼)学長の清原正義様から、「兵庫県立大学の公立大学法人化と将来像」というテーマで講演頂きました。
懇親会
 恒例の懇親会は、雅扇の間入り口でのウェルカムドリンクとJAZZ研究会(学生)による演奏で始まりました。
森新理事長の挨拶に続き、清原学長に挨拶、頂きました。そして、「龍力」会長、本田武義様(C31)寄贈の樽酒で太田勲副学長に、鏡開きを行って頂きました。
 今回、特別イベントを実施しました。一つは、JAZZ研究会によるスタンダードナンバーの演奏で、大いに盛り上がりました。続いて、長井吉久様(E40)指導の下、全員で学生歌を合唱し、同窓のきずなをより強くしました。また、会場内では、フォト部(学生)による作品展示も実施し、好きな作品への投票が行われました。
そして、恒例の写真撮影も、電気系・機械系・物質系の合同撮影を皮切りにいろいろな集合体で実施されました。
最後に、新しく副理事長に選任された田中延幸さん(S47)の挨拶及び一本締めで幕を閉じました。

IMG_0409.JPG
電気系
IMG_0412.JPG
機械系
IMG_0415.JPG
物質系
IMG_0433.JPG
先生
IMG_0400.JPG
フォト部
IMG_0401.JPG
ジャズ研究会
*画像の拡大は、その画像をクリックしてください

第32期通常総会を行いました

 平成25年4月13日(土)、早朝地震に見舞われましたが、姫路キャッスルホテルにて、第32期通常総会を行いました。今後2年間の活動予定など、詳しくはホームページや部報にてお知らせする予定です。
32期理事長事業計画説明.JPG

 特別講演会では、兵庫県立大学 理事長兼学長 清原正義様に「兵庫県立大学の公立大学法人化と将来像」という演題でお話頂きました。
清原学長特別講演会.JPG

 通常総会、特別講演会の終了後、懇親会を行いました。寄贈頂いた樽酒での「鏡開き」の様子です。
懇親会鏡開き.JPG
特別イベントの様子です 
1)JAZZ研究会(学生)によるジャズの演奏
JAZZ研によるジャズ演奏.JPG
2)Photo部(学生)の作品展示
写真部による展示.JPG
3)長井(E40)様指導で学生歌をみんなで合唱しました 
全員で学生歌合唱.JPG