写真や画像をクリックすると拡大します!

2021年06月16日

令和2年度学位記授与式の記事紹介

 兵庫県立大学通信(ケンダイツウシン)web版に掲載されておりましたので、ご紹介いたします。
    姫路工業倶楽部 事務局

 令和3年3月24日、神戸国際会館こくさいホールにて、学位記授与式を挙行しました。
 学士1,228名、修士は専門職学位を含め373名、博士22名、論文博士2名、合計1,625名が新たな門出を迎えました。
 式典の模様は、来場できなかった方に向け、本学YouTubeチャンネルよりLIVE配信するなど、新しい様式を取り入れました。
令和2年度学位記授与式挙行.jpg

詳細は下記URLをクリックして下さい。
https://u-hyogo-webmag.com/archives/article/030507graduation
この記事へのコメント
@『卒業式』を『学位授与式』と言うようになっていたのですね。で今年3月は学生(学部・院)だけで2部制だったのですか。学生諸君も色々思うところはあるでしょうけれどコロナ禍ではしょうがないですね。

Aこれを見て、ふと本学HPに太田学長の学長式辞を探して眺めてみました。
https://www.u-hyogo.ac.jp/outline/about/shikiji/graduation210324.html
 工業倶楽部にも関係する内容を語って下さっていたので下記に抜粋転記します。

『・・私は、常に、卒業生と学生は大学の宝であると思っております。

卒業後の皆さんの活躍が本学の評価を高め、学生の勉学へのモチベーションを向上させます。
この意味において、皆さんの肩には、兵庫県立大学の名誉と未来が懸かっております。

また、「卒業」は終わりを意味するものではありません。皆さんと兵庫県立大学との繋がりは永遠です。

本学に対して、卒業生だからこそできること、卒業生にしかできないことを是非考えていただききたいと思っております。・・・』と。

こんなコロナ禍の非常事態下変則卒業式でも、
太田学長自らこの様に語って下さっていたとは有難いと思いました。これを受けての卒業生諸君を受け止めて工業倶楽部員それぞれの立ちな持ち場で 愉快にそして気楽に益々充実/活発にやっ行って参りましょう。
Posted by 大野正夫(s55年機械卒・同s57年修了) at 2021年06月26日 20:31
コメントを書く

[必須]
お名前(卒業学科・卒業年もご記入ください):

メールアドレス:

ホームページURL:

[必須]コメント:

誹謗中傷など不適切な内容の投稿については削除する場合もありますので、ご了承下さい。