写真や画像をクリックすると拡大します!

2020年11月02日

会員だより〜徒然なるままに近況報告〜

 三月に再雇用の定年退職し、永六輔さんの「これからは楽しいことしかしません。」を思い出しました。ところが、「楽しい」ことが、即答できません。そんな中、書籍で、何十年と掃除し続けて会社や学校、地域が変わった話を知りました。ひたすらトイレ掃除することで広島から暴走族が消え、若者が正業に就いたなど、ただ事ではありません。また、掃除されている方々がいい顔されていました。
 「たばこの吸い殻一つでも、拾えばそこを通る、仮に百人が気持ち良く通れる。」ということから、吸い殻を拾うことから始めました。最初は「当てつけにならないか。」とか「認めて欲しい」など複雑な思いがありました。けれども、掃除のあとは必ず心が洗われています。バス停には吸い殻や空缶、プラ容器、そして敷石の溝の雑草があります。なかでも雑草の「ちがや」は硬い土に張った地下茎を引き抜く必要があります。引いた雑草は堆肥とし自然に帰してやります。また、吸い殻や空缶は、リサイクル分別しゴミに出します。こうしていると自然の循環の中で生活していることを実感します。
 地域のバス停を掃除していることでいろいろと気づかされます。「楽しみ」の一つが見つかったかな。
     近藤 利春(E51)
厚木市七沢玉川公民館前バス停.jpg
この記事へのコメント
拍手、パチパチパチ!
Posted by S41 神田晋治 at 2020年11月02日 10:05
神田様ありがとうございます。大リーグの大谷選手は「なんでゴミを拾うのか…」と聞かれると「人が捨てた幸運を拾っている」と答えています。まあぼちぼちです。
Posted by 近藤利春(E51) at 2020年11月02日 17:48
バス停を掃除する、おもしろい。
私には出来ませんが、そんな事をする、という発想がおもしろい。それを「楽しみ」にするなんて、考えもしないです。
しかし、おもしろいので、一度おって見たい、と考えます。
Posted by 清水 義一郎 37E at 2020年11月25日 17:40
コメントを書く

[必須]
お名前(卒業学科・卒業年もご記入ください):

メールアドレス:

ホームページURL:

[必須]コメント:

誹謗中傷など不適切な内容の投稿については削除する場合もありますので、ご了承下さい。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188085378

この記事へのトラックバック