写真や画像をクリックすると拡大します!

2020年09月15日

カラヴァッジョ展を同窓・Y氏(M33 )と鑑賞

 大阪 梅田行きは久し振りで、元会社の新年会(2020年1月)を終え、あべのハルカスで開催中の展覧会に同窓のY氏(M33)を誘い観賞することが出来た。当時は、いまの新型コロナのPandemicは想像だにせず観賞した。
 カラヴァッジョは38歳で早世した16世紀の「光と闇」を描いた天才画家と言われていて、是非とも観たい展覧会だった。
 当時の日本は,、種子島の鉄砲伝来に始まり、1549年のザビエル 訪日により キリスト教が伝わって来た。布教はまず城主からで、「天正遣欧少年使節団」を派遣した。少年たちは欧州で紹介され、いま長崎空港の近くに 銅像として顕彰されている。
 この群雄割拠の時代に 伊達政宗はスペインと通商交渉のため 支倉常長を正使とし、180人の「慶長遣欧使節団」を派遣し,その子孫がハボン(日本)の性で残っている。常長はメキシコから 大西洋を渡り1615年11月にローマ教皇に謁見している。常長の侍姿はローマの人には珍しく、京都で開催された2009年の貴族の名門ボルゲーゼ美術館展で、観ることが出来た。
 日本では織田信長が「本能寺の変」で自害し、羽柴秀吉はその翌日には、のちに言われる 「中国大返し」で「山崎の戦い」に臨み、明智光秀を撃破、後に天下人になり、戦国末期からキリスト教を禁じ 江戸時代になった。
 なお、このカラヴァッジョ展の傑作の絵画と言われる「法悦のマグダラのマリア」は神に赦しを請う娼婦を描いていて、ダ ヴィンチが1498年に描いた「最後の晩餐」のキリストに最後まで従った女性と思はれている。
 これらのカンヴァス画が 500年を経て、美しいと同行して頂いたY氏と感心し、当時の日本の歴史を感じる展覧会だった。       
宮 部 達 雄 (M31)
法悦のマグダラのマリア.jpeg
この記事へのコメント
コメントを書く

[必須]
お名前(卒業学科・卒業年もご記入ください):

メールアドレス:

ホームページURL:

[必須]コメント:

誹謗中傷など不適切な内容の投稿については削除する場合もありますので、ご了承下さい。