写真や画像をクリックすると拡大します!

2019年04月24日

うるう会(M31) 2019 お城 花見宴

今春のうるう会 姫路城花見宴は、サクラ満開の好日・4月9日、12人のメンバーが参加して旧交を暖めました。      
お城花見宴は、毎春「千姫ぼたん園11時集合」と決めていて、地元幹事の池上君からのサクラ満開の連絡で姫路城に集ります。
今春は天候不順で花見情報が混乱し、幹事を悩ませましたが、ようやく最高の花見日和が訪れました。
遠路 東からは三重・津の谷川君で、朝6時半に家を出たとのこと、続いて 名古屋から新幹線で田中大君、大津の礒野君、高槻の横山君になって横断幕を持参してくれます。そして西からは、下関の今城君で新幹線での参加になり、奥さんがダウンしたので主夫業をしていて、近くの姪御さんに後を託しての出席でした。 
メンバーが集まると、先ずは元気確認の力強い(?)握手に始まり、現役時代のことや 健康の話で楽しい団欒になって盛り上がります。そして横山君のハーモニカ伴奏で戦中派のみんなががよく知っている「同期の桜」の合唱になりました。
「うるう会大会」はその名のとおり卒業してから ほぼ4年毎に宿泊などして、東西のメンバーの近隣各地を持ち回りしていましたが、2016年 卒業60周年を記念して我々のルーツ姫路で開催し、21回でその幕を閉じました。
一方 「姫路城花見宴」は満開の花見をしようと姫路近隣のメンバーが 毎春集まることにして、平成10年(1998年) から地元 池上君の花見情報でお城の花見を楽しみ、今春で22回目を迎えて「平成」最後の花見になりました。
姫路城花見宴に参加するメンバーは、勿論 元気者ぞろいですが、全員が80歳代後半になっています。 これからの長寿社会で頑張り「令和」の時代もできるだけ永く続けたいものです。
花見宴の最後は大手前通りを全員が健脚(?)活かして歩き、JRのティールームでみんな好きなものをドリンクし、再会を約してのバイバイになりました。
   宮 部 達 雄(M31)
うるう会(2019お城花見).jpeg
この記事へのコメント
コメントを書く

[必須]
お名前(卒業学科・卒業年もご記入ください):

メールアドレス:

ホームページURL:

[必須]コメント:

誹謗中傷など不適切な内容の投稿については削除する場合もありますので、ご了承下さい。