写真や画像をクリックすると拡大します!

2018年04月04日

姫工大M43_卒業50周年クラス会

「あんた誰やったかなあ?」から「おれ・おまえ」へ

 平成30年3月19日(月)に神戸三宮駅至近の東急REIホテルにおいて、卒業50周年を記念するクラス会を開催しました。確か今回が2回目のクラス会のはずですが、前回がいつ・どこで開催したかも諸説あるほどで、少なくとも阪神淡路大震災以前なので、約半世紀ぶりの集いとなりました。遠く仙台からの出席もあり21名が参加しましたが、中には卒業以来の再会という級友もいて、お互いにあまりの変貌ぶりに「あんただれやったかなあ?」と、まずは昔の面影を探すのに一苦労。テーブルを出席名簿順に固めたり、胸にデカ字の名札を付けたりと、それなりの工夫をしていたのですが初めはみな戸惑い気味で、会場も比較的静かな雰囲気でした。改めて50年の年月を感じさせられた次第です。
 やがて開会となり、まずは酔っぱらわないうちの記念撮影をし、物故者への黙祷のあと、「再会を祝い、またぴん・しゃん・ころりを祈念して」との音頭で乾杯をしたとたんにはじけ、語るほどに・飲むほどに和やかで賑やかな会場に激変。齢相応に耳が遠くなってきているのか話声の大きいこと。いつの間にやら「おれ、おまえ」の昔に戻り、不思議なものでみなの顔つきや声音までが蘇ってきたようでした。まだまだ現役で活躍している級友もおり、近況報告を兼ねた2分間スピーチでは病、孫、趣味から仕事の話までと幅広い話題が語られました。予定の2時間30分があっという間に過ぎ、来年以降の早い時期に次回を開催することを決議し、名残を惜しみつつの閉会となりました。 渡邉昭男(Ⅿ43)
M43(2018).png
この記事へのコメント
コメントを書く

[必須]
お名前(卒業学科・卒業年もご記入ください):

メールアドレス:

ホームページURL:

[必須]コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
誹謗中傷など不適切な内容の投稿については削除する場合もありますので、ご了承下さい。