写真や画像をクリックすると拡大します!

2017年01月22日

第6回キャリア支援懇話会_開催

 第6回キャリア支援懇話会は、学生50名(1年:10名、3年・卒研:大学院:40名)、OB・先生26名の参加を得て、11月16日(水)、昨年に続き、書写紀念会館で開催されました。
 まず、事務局よりグループディスカッション、フリートークを中心に要領説明を行い、森委員長から挨拶と開催主旨説明が行われました。そして、キャリアセンター長&学生部長である井上先生から、就活の状況を踏まえたキャリア支援懇話会の重要性(位置づけ)について、ご自身の経験も踏まえてお話されました。
森委員長挨拶.jpg森委員長挨拶B.jpg

【第一部 講演】
 ワークスタカフネ株式会社 代表取締役 豆井雅之氏(E54)に、「起業について」というテーマで語っていただきました。
 パナソニックを定年退職後、通信販売・広告代理・経営コンサルタント・投資などを行うワークスタカフネ株式会社を平成25年11月に創業という自己紹介から始まり、職業分類の進化、そして、21世紀の社会変化と職業観と題して、「ライフシフト」という本から、社会の大きな変化点として、
 A)寿命が延び、人生100年の時代で、定年退職後に
  複数の就職を経て、老後を迎える 
 B)テクノロジーの変化では、AIとクラウドが大きく発展 
 C)人口移動の時代 
の紹介がありました。また、職業での変化点として、
 A)会社寿命より就業時間が長い 
 B)AI進化で仕事が無くなる事も起こる 
 C)家庭の変化 
を挙げられました。その結果、21世紀は、プロフェッショナル化、帰属(所属)の複雑化、個人の台頭、職業の複線化、マルチステージ化などの社会変化が起こると述べられました。
 次に、起業の環境として、日経新聞に日本の企業環境が世界で81位と紹介されているが本当でしょうかと問いかけるとともに、20世紀に比べて21世紀は、IT技術と新会社法で、起業の環境は大きく変化したと述べられました。そして、学生時代に起業したビル・ゲイツ氏や孫正義氏、マーク・ザッカーバーグ氏を紹介し、失敗も織り込める学生起業が一番得だと講演されました。最後に、学生の皆さんへの期待として、
 1)社会人の武器である 語学、会計(簿記)、法律(民法)を身につけて欲しい 
 2)21世紀を生き抜ける、得意分野を複数持つ、グローバルな複線思考 
   を踏まえたキャリアデザインをしっかりと持って欲しい 
と締めくくられました。 
DSC00660.JPG

【第二部 グループディスカッション】
 前回から「海外勤務経験」始め「学生時代に力を入れたこと」「部活について」「就職してからの仕事と大学での勉強」「就職面接官としての意見」「経営者として学生に望むこと」「起業について」「リケジョ先輩からのアドバイス」というテーマを区切りとしてA〜Jの10テーブルを設け、グループディスカッションをメンバーを変えて2回実施しました。そして、学生が尋ねたいテーマや企業、OB・先生と自由に話し合っていただくフリートークを1回行いました。活発な話し合いが続き、次の話し合いに入るタイミングに今回も苦慮しました。
IMG_0963.JPG
 書写紀念ホール
 奥(正面)左側から
 Aテーブル、Bテーブル
 Cテーブル、Dテーブル
 Eテーブル、Fテーブル
 Gテーブル、Hテーブル
 写真には写っていないが
 Iテーブル、Jテーブル
 

【Aテーブル】                  【Bテーブル】
IMG_0974.JPGDSC00691.JPG
【Cテーブル】                  【Dテーブル】
DSC00724.JPGIMG_0965.JPG
【Eテーブル】                  【Fテーブル】
DSC00698.JPGDSC00693.JPG
【Gテーブル】                  【Hテーブル】
DSC00697.JPGDSC00707.JPG
【Iテーブル】                  【Jテーブル】
DSC00720.JPGDSC00708.JPG

【第三部 立食形式の懇親会】
 題二部フリートークの延長も兼ねた立食形式の懇親会(ノンアルコール)を大学会館の食堂で実施しました。第二部で会話しきれなかった学生が、熱心に各テーブルを回り、フランクな会話があちこちで聞かれました。
DSC00736.JPG

以上、最後にアンケートを記載いただき、すべての予定を終了しました。82%の学生が、本懇話会の開催前と後で、「新しい発見があった」「自分の進む道がはっきりした」「今まで迷っていたが、迷いが無くなった」と回答してくれました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 今年も第6回キャリア支援懇話会を開催します。
大学会館(食堂)2階にある姫路工業倶楽部の掲示版に案内チラシを貼りました。
第6回キャリア支援懇話会案内板.jpg

■ 開催日 平成28年11月16日(水)
■ 時 間 14:40〜18:30(第4限〜)
■ 場 所 第1部:書写紀念会館 紀念ホール、講義形式
     第2部:書写紀念会館 紀念ホール、グループ討論、フリートーク
     第3部:大学会館 食堂ホール(1階)、懇親会(アルコールなし)
を予定しております。
 *昨年の様子(第5回キャリア支援懇話会)

キャリア支援懇話会開催の主旨〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
後輩の学生の皆さんの学びの目標の明確化(動機付け)、ならびにコミュニケーション力向上を支援する学生・OB・教員参加による講演と懇話会です。
[学びの目標について]
■学生の皆さんの「将来展望の明確化」の割合を上げる
 全国平均以上(40%以上)に上昇させる
[コミュニケーション力について]
■世代、役割、経験を超えたコミュニケーション力を上げる
(同世代、仲のよい友達間でのコミュニケーション力ではない)

・先輩の経験談を聞こう
■実社会(第一線)で活躍されている先輩の講演
 講師が社会と職場のなかで、一人の技術者として何を感じ、実践して来たか、何が大切なのか等、事例を含めて具体的に本音で語って頂きます。
 *今回は、ワークスタカフネ株式会社 代表取締役 豆井 雅之 氏 で、「起業について」というテーマで語っていただきます。
■学生に自らの将来展望について何かを感じ取って頂く
 一般的なキャリア教育関係の講座や特別講演、会社説明会、各種の就職情報サイトの提供情報と異なる

・先輩や教員と本音で語ろう
■講師の経験談について理解を深めよう
■グループ内の先輩(教員)の経験談を聞こう
■実社会等について知りたいことを先輩に話そう
■いま頑張っていることを先輩に話そう
■勉学の悩みがあれば先輩に話してみよう
昨年は、学生時代に力を入れたこと,部活について,就職してからの仕事、大学での勉強,海外勤務経験,就職面接官としての意見,経営者とし学生に望むこと,起業について, リケジョ先輩からのアドバイス等のテーマで、工学部教員、山陽特殊製鋼、三菱電機、日立製作所、シスメックス、富士通テン、弁理士、コマツ、ヘルシーワーク、ワークスタカフネの企業OB/OGの皆様に参加いただきました。
 *今年も多数の会員の皆様のご参加をお願いいたします。
この記事へのコメント
コメントを書く

[必須]
お名前(卒業学科・卒業年もご記入ください):

メールアドレス:

ホームページURL:

[必須]コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
誹謗中傷など不適切な内容の投稿については削除する場合もありますので、ご了承下さい。