写真や画像をクリックすると拡大します!

2019年05月22日

東日本支部からのお知らせ

3大学合同懇親会の開催予定
 日:令和元年11月10日(日)
 場所:霞ヶ関ビル35階 東海大学校友会館
 講演予定(講演者および講演内容は未定です)       

ちなみに昨年度は笑福亭松喬氏の落語を拝聴しました。
    落語家A.jpg
               監事  明石 昌彦(S44)

2019年05月15日

四国支部総会

 令和元年5月6日(月)、11時30分より四国支部総会及び懇親会を香川県丸亀市で行いました。参加は16名(香川:6名、高知:2名、徳島:2名、愛媛4名、本部:2名)でした。開催場所は、中津万象園にある懐風亭という味どころであり、丸亀美術館も併設されており、由緒ある所です。
豊田理事挨拶.jpg懇親会.jpg
 総会は、久我高昭四国支部長の挨拶に始まり、本部の豊田理事長より来賓挨拶を受け支部長より姫路工業倶楽部の活性化について、これまで行ってきた状況説明と課題を事業報告として会員及び理事長、事務局長に提出がありました。
 西埜事務局長より本部概況報告があり、続いて徳島担当の岡副支部長が乾杯の音頭をとられて懇親会が始まりました。恒例の自己紹介で盛り上がり、香川担当の西森副支部長の1本締めでお開きとなりました。
 最後に役員の改選があり、新しく支部長は佐々木芳郎、副支部長(愛媛)は山本卓也となりましたので、宜しくお願いします。

中津万松園の沿革
総会を行った懐風亭がある中津万松園は、1688年、京極二代目藩主高豊候により丸亀藩中津別館として築庭されました。15000坪の園内には、白砂青松の松原につづいて1500余本の矮松を植え、庭の中心には京極家先祖の地である近江の琵琶湖を象った八景池を置いてあります。
 総会の前に時間をさいて庭園と園内にある丸亀美術館を駆け足で回りました。大傘松という樹齢600年の1本の松が直径15mにわたって大きく傘を広げた形には、長年に渡って造り込み今日まで維持されているのには驚かされました。皆さん、庭園及び丸亀美術館に是非お立ち寄り下さい。
集合写真.jpg

丸亀城散策
 総会後の恒例である名所訪問として近くにある丸亀城を訪れました。ボランティアガイドをお願いして、城の特徴、見どころを懇切丁寧に説明を受けました。丸亀城は、1597年(慶長2年)に讃岐国の領主生駒氏により築城が始まり、1615年(元和元年)一国一城令で廃城になりました。生駒氏改易後、山崎氏が西讃岐に入封し、1643年(寛永20年)に城跡地に築城を開始しました。今残る主要な石垣は山崎氏の時代に築かれた石垣と考えられています。山崎氏絶家の後、1658年(明暦4年)に京極氏が藩主となり、廃藩置県まで治めました。
 丸亀城は石垣の名城として全国的に有名です。今回案内の中で、様々な石積みを見学、説明を受け、また各藩からの応援を受けた石垣への様々な刻印を見て、このような歴史ある建造物は多くの協力がないとできないと改めて感じました。皆さんも四国へ来る機会がありましたら、是非、丸亀城にご来場下さい。
丸亀城石垣.jpg
                           佐々木芳郎(S49)

2019年05月11日

第4回電子の会のお知らせ

拝啓 姫路工業大学工学部電子工学科、同大学大学院電気電子工学専攻、兵庫県立大学工学部電子情報電気工学科電子素子・回路コースおよび同大学大学院電気系工学専攻をご卒業の皆様におかれましては、時下益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、大変盛況に催されました前回の第3回電子の会から5年余りが経過し、そろそろ第4回をとの有り難いリクエストを多くの卒業生からいただいております。そこで、実行委員会を立ち上げ、平成31年6月15日に開催すべく、只今鋭意準備中でございます。

同会は下記の通り2部構成で、第1部では旧2号館(電気・電子館)の建て替えが終了した新館(B棟)の見学会も予定しております。第2部は姫路キャッスルグランヴィリオホテルにて懇親会を催します。太田勲学長をはじめ電子工学科、電子素子・回路コースで皆様をご指導下さいました先生方にもご出席いただく予定でございます。皆様お誘い合わせの上、ご来会下さいますようお願い申し上げます。

正式なご案内は、改めましてEmailにてお送りいたします。つきましては、返信用葉書(電子の会連絡票)にEmail addressをご記入の上、平成31年5月10日までにご返送下さいますようお願い申し上げます。

皆様にお会いできることを楽しみにしております。
まずはお知らせかたがたお願い申し上げます。                
                                        敬具 
                                   平成31年4月吉日
                         電子の会会長 大西康文(昭和49年卒)

     記

第1部 総会・講演会
 1. 日 時 平成31年6月15日(土) 13:00〜16:00
 2. 会 場 兵庫県立大学 姫路工学キャンパス A棟 102教室
 3. 会 費  無料
第2部 懇親会
 1. 日 時 平成31年6月15日(土) 17:00〜20:00(予定)
 2. 会 場 姫路キャッスルグランヴィリオホテル
         兵庫県姫路市三左衛門堀西の町210 TEL. 079-284-3311(代)
 3. 会 費 12,000円
       (予定、講演会会場から懇親会会場までの送迎バス運賃を含む)

2019年05月09日

第42回鳥人間コンテスト活動報告2: 鳥人間部 代表より

【平成31年4月24日】 鳥人間部 代表より
 2019年度鳥人間コンテスト出場可否の通知書を開封した時、信じられない、納得いかない、チームメンバーに申し訳が立たないといった気持ちで一杯になりました。しかし、ここで立ち止まっている訳には行きません。来年度、再来年度と、鳥人間コンテストは開催の機会があります。今年度出場できなかったという事は、私達のチームに足りなかったものがある、という事です。
 三回生は、今年度の機体「Strauß」を完成させた後、引退となりますが、鳥人間部の挑戦はまだまだ続きます。今年度出場できなかった無念を後輩に託し、鳥人間チームとしてより一層の発展を目指します。
 これからも、鳥人間部をよろしくお願い致します。 鳥人間部 代表 渡部 太希

【平成31年4月10日】 エントリー叶わず!
 第42回鳥人間コンテストのエントリーについては残念な結果となりました。部員の皆さんは我々OB/OG以上に残念な思いかと推察します。一昨年の出場以来、必死に、夢を追いかけていたので気持ちの立て直しは、大変かと思いますが、次に向かって頑張ってください。(事務局)

【平成31年3月24日】 2019年度使用する桁(翼の一次構造)の荷重試験実施
 3月24日、体育館にて荷重試験を行いました。この作業は桁試験と呼ばれ、機体が飛んだ時に翼が壊れないかどうかを確かめる非常に重要な作業です。総重量100kgを超える錘を各所に吊るし、たわみ量を計測します。事故や怪我なく無事終えることができました。 鳥人間部 代表 渡部 太希
鳥人間レポート20190324.jpeg

【平成31年1月28日】 2019年度の機体設計図完成
 今年は、鳥人間部にとって勝負の年です。私達OBも熱い声援を送りたいと思います。引き続き、ご支援・ご協力、よろしくお願いいたします。(事務局)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 2019年度の機体の設計図が完成致しました。機体名は “Strauß”(シュトラウス)です。日本語では「ダチョウ」の意味です。
この名前は、飛べない鳥を自分たちの手で飛ばそうという思い、さらにチーム名であるwishbirdsの “wish”という単語の意味を取って決定致しました。
琵琶湖で無事フライトを終えられるよう、部員一同大会に向けて邁進致します。 鳥人間部 代表 渡部 太希
鳥人間20190128.jpeg

【平成30年11月30日】企業・学生マッチングイン姫路2018に出展 
 平成30年11月30日に行われました、企業・学生マッチングイン姫路2018に鳥人間部が出展をしましたので報告致します。学生団体は、私たち鳥人間部のみの出展でありました。鳥人間部としては、出展をすることにより近隣の企業の技術を知り、何か自分たちの活動に活かせないか、また、企業への技術協力(製品の発注など)をお願いし易いようにする、という狙いで参加致しましたが、多様な企業が出展をしていましたので、技術、知識面において非常に有益な情報を得られたと感じます。  鳥人間部 代表 渡部 太希
鳥人間20181127.jpeg

【平成30年11月6日】 A棟1階ロビーで製作機体展示
平成30年11/2-4に行われた工大祭で、広報活動の一環として、A棟1階ロビーでの製作機体の展示を行いました。多くの一般の方、また学生に来場頂き、鳥人間部の活動を知って頂く上で良い機会になったと感じます。
 鳥人間部 代表 渡部 太希
鳥人間報告20181108.jpg

【平成30年8月13日】 第41回鳥人間コンテスト見学
 7月28日(土)に部活動の一環として第41回鳥人間コンテストの見学を実施致しました。大会自体は台風の影響で滑空機部門のみの実施となりましたが、様々なチームの機体を間近で見学し、会場の雰囲気を感じることができたことは部員にとっても良い刺激になったと思います。
image1.jpeg

 8月10日、11日姫路工学キャンパスにて実施されましたオープンキャンパスに大学の広報活動の一環として鳥人間部も参加致しました。本活動によりオープンキャンパスに参加していただいた方々にも鳥人間へのご理解・関心をお持ちいただくことができたと思います。
 また7月を持ちまして、18執行代(現3回生)は引退という形となり、新たなチーム編成で今後とも活動することになります。今後とも鳥人間部をよろしくお願い致します。(鳥人間部代表 倉本 慎一)

【平成30年6月25日】 新しいユニフォーム決定
兵庫県立大学鳥人間部代表の倉本です。
活動の近況報告させていただきます。

・来年の鳥人間コンテストに向けて、春頃から取り組んでおりました主翼及びキャノピー(コックピット先端部)の試作がつい先日完成致しました。今回の試作では作業効率及び強度の向上や塗装などの新しい技術も確立致しました。この結果をもとに来年の機体製作を行っていきたいと考えております。
image1-1(鳥人間コクピット0625).jpg鳥人間WING0625.PNG

また、今年のユニフォームが届きましたので、部会の終了後に1,2回生で集合写真を撮りました。来年はこのメンバーを中心に活動することになりますので、私個人としてもぜひとも頑張っていただきたいと思います。
image3-1(鳥人間1・2年生0625).jpgimage4-1(鳥人間ユニフォーム0625).jpg

今後の予定としては1回生への翼製作の練習や来年用のコックピットフレームの製作を行いつつ、7月末の鳥人間コンテストの見学や他チームとの交流などを予定しております。今後とも鳥人間部をよろしくお願い申し上げます。 兵庫県立大学 鳥人間部代表 倉本 慎一
*旧本館の地下1階が作業場になっているようです(事務局記載)。

【平成30年5月17日】 外部の力も借りています
・昨日の5月16日(水)には新入部員に対し勉強会を開催致しました。普段聞き慣れない単語などなかなか苦戦されていたように感じられましたが、今後とも活動を通じて少しずつ覚えていただきたいと思っております。
image3.jpeg

・5月11日に2回生の次期パイロットによる、コックピットのモックアップフレーム(練習用のフレーム)を用いた乗り込み練習を実施致しました。今後はモックアップフレーム、練習に基づいて2019年度機体のフレーム製作を行う予定です。
image2.jpeg

・5月4日(金)の午前には、元海上自衛隊パイロットの教官の小西様による講演を実施致しました。本物のパイロットからの視点で鳥人間についてお話ししていただき、部員にとって良い刺激になったと思います。
また同日午後には「社会人チーム瀬戸ッ飛」様と正式に共同作業の提携を結び、今後は「瀬戸ッ飛」様のご協力のもと、尾翼(機体後方の小さい翼)まわりの技術向上を図ります。

・4月22日(日)に新入生歓迎会の一環で夢前川にてBBQを実施し、試作用のキャノピー(機体の先端部分)の成型を行いました。現在はキャノピーの組み立て作業を行っています。1回生については現時点では9名の新入生が入部しております。
image1.jpeg

【平成30年2月19日】 体育館にて桁試験実施
 体育館にて桁試験と呼ばれる、機体の安全に関わる作業の 後輩たちへの引き継ぎを実施、完了致しました。今後は主翼及びキャノピー(コックピット先端)の試作を行いつつ、新歓への準備に取り掛かる予定です。今後ともよろしくお願い致します。  鳥人間部 代表 倉本慎一
鳥人間20180219A.jpg鳥人間20180219A.jpg

過去の活動内容:
■第40回鳥人間コンテスト出場:滑空機部門14位
■第38回鳥人間コンテスト、初出場まとめ

2019年05月08日

喜多クラブ同窓会

昭和52年機械工学科入学者をベースに機械工作(6講座)メンバーにて毎年開催している「喜多クラブ」の同窓会を、平成最後の平成31年4月30日に姫路の料亭川飛にて開催しました。
当時の大学院生と学部生7名、その奥様方6名が参加しました。
皆学生時代の気分に戻り(風貌だけはそれなりに変化しましたが)、言いたいことを勝手にしゃべり、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
最後に全員で記念写真を撮り、また来年の再会を皆で約束しました。
今回は残念ながら、お世話になった喜多先生のご参加がかなわず残念でしたが、また先生とお会いすることを皆楽しみにしております。
今回参加した当時の大学院生と学部生、その奥様方とは毎年5月に「喜多クラブ」の名のもとに姫路に集まり親睦を深めております。
今年も開催できたこと良かったと思います。
これからも継続して喜多クラブを開催する予定です。
           記:生田利夫(機械工学科 昭和52年入学)
喜多クラブ201904.png

学生サークル会館耐震補強工事完了

平成30年4月1日から取り掛かっていた「県立大学姫路工学キャンパス学生サークル会館耐震補強その他建築工事」のうち、サークル会館棟の工事が完了しました。
部室棟ももうすぐ完了予定です。
DSC03344.JPGDSC03359.JPG
   完成したサークル会館棟 
DSC03354.JPG
完成間近の部室棟

S47 「パワーアップは同期会で」

平成31年4月、元町の「幡多バル」で同期会1回目を開催しました。土佐清水の料理が美味しい店です。今回のハイライトは卒業後音信不通の○○さんがわざわざ千葉からかけ付けてくれました。最近新しく参加する人が毎回あるので盛り上がります。
毎年、年2回実施しており、秋は10月で令和初の同期会となり、同期の息子さんのお店イタリアンで新福島開催です。人気があるお店で楽しみです。もう次回のお店が決まったので幹事は安心です。
また皆様の現在活動・活躍中のお話をお聞きして、パワーアップ致します。
             今井正昭(S47)
S47同期会 20190419.jpg

2019年05月07日

第35期総会後の懇親会

第35期総会 特別講演に引き続き13時から、ウェルカムドリンクとJAZZ研究会(学生)の歓迎演奏で始まりました。
IMG_4205.JPG
第35期豊田理事長の挨拶に続き、太田学長に挨拶していただきました。
IMG_4220.JPGDSC03271.JPG
そして、朴様(C51)のご尽力により「龍力」でお馴染みの本田商店様より寄贈いただきました樽酒で鏡開きを行い、山ア副学長(K53)に、その樽酒で乾杯の音頭を取って頂きました。
IMG_4236.JPGDSC03277.JPG
IMG_3147編集.JPG
しばし食事と歓談。
IMG_3154編集.JPGIMG_3150編集.JPG
IMG_3157編集.JPG
お腹も落ち着いたところで、特別イベントであるJAZZ研究会の演奏、続いて、学生歌「白鷺の天守」を合唱し、同窓のきずなを深めました。
IMG_4264.JPGIMG_3170編集.JPG
引き続き、恒例の記念撮影は、いつもの電気系、機械系、化学・物質系、先生と学生、クラブOB、企業グループの合同撮影などいろいろな集まりで行われました。
IMG_4315.JPGIMG_4317.JPG
     電気・電子系                機械系
IMG_3187編集.JPGDSC03308.JPG
    応化・材料系                先生・学生
IMG_4307.JPGIMG_4322.JPG
     ラグビー部OB               アマチェア無線部OB
DSC03300.JPGDSC03312.JPG
     デンソーテン               山陽特殊製鋼
懇親会も終わりに近づき、入り口付近で実施されていた特別イベントの1つ、フォト部の作品への投票が締め切られ、最高得点の作品を撮影した学生さんに豊田理事長から副賞(図書カード)が授与されました。
DSC03286.JPGDSC03320.JPG
そして、新しく副理事長に就任された大西 洋二氏(M52)より閉会の挨拶及び一本締めで終了いたしました。
IMG_4389.JPG