写真や画像をクリックすると拡大します!

2019年03月29日

歴代卒業記念品(平成31年3月)

・平成30年度卒業記念品の情報を追記しました。(2019.3.29)
・平成29年度卒業記念品の情報を追記しました。(2018.4.28)
昭和29年3月卒業(1954年第2回卒業)記念品、姫路城の入った銅製のベルトバックル、ついに発見!(2017.7.10)そして、
1)新しいバックルにいつ切り替わったか?第5回、6回、7回の卒業のいずれかです。
2)第1回卒業記念品、恐らく、第2回と同じと思いますが、・・・。
皆様、情報(写真等)ありましたら、ぜひ、ご提供下さい!



年代卒業記念品
平成31年3月〜平成27年4月平成最後の卒業生344人(平成31年3月卒業、第66回)も、生協の協力で、なんとか、同じ名刺入れを贈呈することができました。今回は、部報30号の同梱に加え、学務課の協力で、各支部紹介チラシと学友会10周年のあゆみも入れていただきました。(2019.3.29)

・平成30年3月卒業(第65回)も、昨年と同じ名刺入れを部報29号と姫路工業倶楽部紹介チラシ(HITメルマガ、Facebookでの会員グループ参加そして住所やメルアド変更時の連絡のお願いなどを記載)と一緒に贈呈しました。(2018.4.28)

・平成29年3月卒業(第64回)、空押しによる姫路工業倶楽部のロゴも入れました。ただ、前年の名刺入れは終売となり、少し革の質感が違う後継品に切り替わりました。(2017.4.5)
DSC01994.JPG

・平成28年(2016年)で第63回となりました。学位記授与式後の卒業記念品の贈呈に関し、理事長のお祝いの言葉が入った姫路工業倶楽部紹介チラシに加え、部報27号を初めて同封しました(2016.3.22)。201603卒業記念品.jpg
 名刺入れ(空押しによる姫路工業倶楽部のロゴ追加)
平成27年3月〜

平成21年4月
姫路工業倶楽部の紹介チラシを同封しました(2015.3.24)
P1010293.JPG
名刺入れ
平成21年3月〜

昭和52年4月
20140205.JPG
 名前入り印鑑と朱肉付ケース
昭和52年3月〜

昭和47年4月
IMG_1590(名刺入れ表側).jpg
IMG_1592(名刺入れ内側).jpgIMG_1583(卒業記念).jpg
名刺入れ(田中俊則氏(E48)からの情報です)
筆者(E49)も学生時代の勉強机から未使用のまま、40年の時を経て同じものが出てきました!ただ、刻印は姫路工業大学ではなく姫路工業倶楽部に変わりました。
東日本支部 幹事長 森島文夫氏が、S51も白い名刺入れだったよと7/11企画委員会席上で。
 *姫路は「姫革細工(牛革を白くなめした革)」の特産地だそうです。
S47/3〜S46/4・昭和47年年3月卒業生は、大学紛争もあり、卒業記念品の贈呈は無かったのではないか。複数の回答より。
昭和46年3月〜

昭和42年4月
・第19回卒業記念(1971)の灰皿情報を松倉 豊継氏(F46)から提供頂きました。
46年卒業記念品2.JPG
46年卒業記念品3.JPG
・断捨離(*1)で身の回りを整理中、段ボール箱に保管されているのを見つけました。
 卒業式典が学生運動の余波でなくなり、学科毎に教室で主任教授から卒業証書を手渡されました。その時にもらった記念品と思います。応接セットに置くような灰皿で、煙草を吸っていた時期にも使わず、大切に保管し、いつの間にか忘れていました。この度、断捨離で身の回りを整理中見つかり、当時を思い出し懐かしく思いました。あれから40数年を経ていますので、色合いも何だか重厚感を漂わせています。

*1:断捨離(だんしゃり)とは、不要なモノなどの数を減らし、生活や人生に調和をもたらそうとする生活術や処世術のこと。
*2:灰皿に刻まれた日々(是)好日(にちにちこれこうじつ)という文字は、禅語です。
毎日がよい日である、という意味ですが、これにはとても深い意味が含まれています。
「その日その日が最上であり、最高であり、かけがえのない一日であって、 日々の、苦しみ、悲しみ、喜び、楽しみなど、こういった良い悪いに対する執着がなくなり、今日を素直に受けとめ、自然の中で生きているということを感じ、1日を意のままに使いこなす、すごせる、というところに 真実の生き方がある。」

・第18回卒業記念(1970)の灰皿情報を藤北正二氏(M45)から提供頂きました。
表A.jpg裏A.jpg
 学生運動の影響で卒業研究の準備が終わりデーターを取り始めた頃に登校禁止になり卒論も適当に書いたように思います。提出した時に、論文の体を成していないと言われました。それでもお情けで卒業しました。
当然卒業式はなく卒業証書は実家に郵送されていました。多分記念品もその時に送られた物と思います。40年以上愛用しています。お陰で肺気腫のお墨付きを貰っています。

・第17回卒業記念(1969)も第18回と同じ灰皿情報であると佐々博政氏(M44)より頂きました。調査にご尽力いただきました平川修氏(E44)、山川強氏(E44)に感謝いたします。

・第16回卒業記念(1968)も灰皿であるとの情報をS43の皆様の調査で判明しました。
昭和43年(1968年)卒業記念品が出て来ました。所有者・写真提供は、山田健太郎氏です。(2016.5.14)
白鷺39・43S会の卒業記念品.JPG
 S43年卒業のみが残っていることが公式プログに掲載され気になっていました。ご披露頂きたくお願いします。(白鷺39・43S会幹事 清遠 忠氏)
昭和42年3月〜

昭和34年4月
第15回卒業記念 1967 のバックルです。なんと机上の小物入れ缶の中にありました。ほとんど使用せず、保存されていました。(国村 勝氏)
S42卒業記念品バックル表.JPGS42卒業記念品バックル裏.JPG

第14回卒業記念 1966年のバックル、前事務局長 神田晋治氏の提供品です。書写紀念会館内にある姫路工業倶楽部室で保管中です。『卒業時にもらったものです。』、
ベルトバックル1.JPG

第9回卒業記念 1961 のバックルを提供頂きました。(平岡 重道氏)
 *第8回は「卆業」、第9回は「卒業」の文字に変わりました。
1960-1961バックル.jpg

第8回卒業記念 1960 のバックルを提供頂きました。書写紀念会館内にある姫路工業倶楽部室で保管します。
私の卒研指導教官が「京大」の文字入りのものを着用しておられるのを見かけたことがあります。良い趣味には私には思えませんでした。「姫路工大」ならどうでしょうか?(明瀬 利秋氏)
昭和31年3月〜

昭和28年4月
第4回卒業記念 姫路城の入った銅製のベルトバックル
 心当たりを探しておりましたが、見つかりません。記念品は、姫路城の入った銅製のベルトバックルであったと思います。当時、バックルが若者に重宝され、手製のものを付けている人もおりました。しかし、卒業後の背広には大きすぎ、着用しませんでした。見つかれば、お送りいたします。(濱端 進氏)

1954年 第2回卒業記念 銅製バックル発見
 事務局がC29回顧録集に掲載された写真が卒業記念品のバックルではないかと思い、メール確認し発見に繋がりました。
 「C29回顧録集に記載の絵は、卒業記念品に貰ったものの表写真です。裏面には1954第2回卒業記念 姫路工業大学の文字が記されています。
 小生、現物を所持していますが,同窓生も生存者が少なくなりつつあり、貴工業倶楽部の証拠品として活用いただきたく、寄贈したいと思いますので、送付します。お役に立てば幸いです。」 告野 牟氏(C29)
DSC01323.JPG
DSC01326.JPG

送って頂いたバックルは油紙に包まれ小箱に収められていた由。当時の東明徽章という会社は、現在も東明徽章工芸株式会社として活動されています。手作りによる伝統の底力でしょうか。(事務局)
DSC01327.JPG
昭和40年4月〜

昭和36年3月
ベルトのバックル1
ベルトバックル2.JPG
卒業記念品ではありませんでした。前事務局長 神田晋治氏の提供品です。現在、書写紀念会館内にある姫路工業倶楽部室で保管中です。
『入学時に購買部で購入したものです。伊伝居での購買部は食堂の片隅で、大学のマーク入りのノートなどを売っていました。』また、平岡重道氏からも頂きました。

M50 昭和46年機械工学科入学のミニ同窓会開催

 平成31年3月15日に明石駅前サイゼリアで開かれた昭和46年機械工学科入学のミニ同窓会に参加させて頂きました。昨年4月姫工大キャンパスで開催された同窓会(24名参加)の後、明石在住のメンバーが中心になり隔月でミニ同窓会を開いています。65歳を過ぎてもまだ働いている人も多く参加者は7名でしたが 昼食をはさんで4時間程 当時の合ハイの写真を見て大いに盛り上がりました。
 卒業当時はまだ米国は遠い存在で 私が入社した大阪に本社がある中堅自動搬送機メーカーでは米国出張などとても考えられない時代でした。しかし1982年に日産の新工場建設に伴い1年間テネシー州に現場監督として出張することが出来ました。それ以降ほとんど米国滞在で工事サービスを担当してきました。私用も含めると米国50州中45州訪問しました。その間4名の先輩後輩、3名の同級生に会いましたが 今回の同窓会で多くの姫工大卒業生がアメリカに行ったことがあると話題になりました。もう少し卒業生の連絡網が発達していれば もっと多くの卒業生に会うことが出来たのではないかと悔まれます。
 某君が卒研の指導教官であった先生から“今のままでは君達のような生徒は社会に出ても絶対に通用しない。”と叱咤激励された話で盛り上がりました。よく米国の大学は卒業するのが難しく学生も優秀だといわれます。確かにMITは多くのノーベル賞受賞者を出しており優秀な人も多いですが例外もあるようです。ある日系自動車会社にフィリピン出身のMITを出たマネージャーがいました。技術打合せの席で彼が突然機械工学便覧を持ち出し円周の長さの計算式を調べた時には驚かされました。MITにもこのような卒業生もいる様でHITもなかなか捨てたものではないと思いました。劣等生だった私達を叱咤激励して頂いた先生方に感謝いたします。
 昭和48年入学の賢明女学院との合ハイの写真を見て、姫工大卒業生と結婚した女性が2名いるという話が出ました。他にもこの写真の中の女性と結婚している先輩後輩もおられると思います。奥様と一緒に当時を懐かしんでは如何ですか。  坂井俊彦(M50)
2019-3-15  クラス会関連写真(M50).jpg【M50ミニ同窓会】
2019-3-15  クラス会関連写真(合ハイ)(M50).jpg【昭和48年入学の賢明女学院との合ハイの写真】

2019年03月28日

(株)デンソーテンの壱々会、H30年度総会&懇親会開催

 平成31年3月6日、19時より、東天紅(三宮) で、(株)デンソーテン壱々会(184名)の総会&懇親会が実施されました。大学から奈良先生、姫路工業倶楽部から、福山31期理事長、前田が招待を受け参加しました。36名の参加でした。
 総会では、野口会長から2018年度計会報告や会則変更、2019年度の体制が報告され拍手で承認されました。
DSC02962.JPGDSC02984.JPG
 引き継き、懇親会が次期会長に就任する秋田氏の司会で進められ、来賓挨拶として、福山31期理事長、そして、奈良先生が大学の近況を報告されました。
DSC02964.JPGDSC02967.JPG
 
 毎回、参加者全員の自己紹介兼ねた各職場紹介による情報交換が行なわれるのですが、今回は、歓談途中で、前田による姫路工業倶楽部の活動報告と敬島執行役員からの企業内OB活動の大切さを中心とした挨拶のみが実施されました。そして、宮野氏による一本締めでお開きになりました。
 姫路工業倶楽部前田記
DSC02970.JPGDSC02971.JPG
DSC02982.JPG

2019年03月25日

ジャカルタ同窓会、3/13に懇親会開催

 姫路工大及びその学部を引き継いだ兵庫県立大学工学部、理学部のジャカルタ同窓会を2019年3月13日にジャカルタの北海道ビール園で実施した。
 MRT建設(*)のため、ジャカルタに赴任していて、MRT完成に伴い、日本帰国する前家さん、インドネシア大好きで、1月にジャカルタに戻ってきた柏井さんの歓送迎会を兼ねて実施し、6人が参加した。
 前家さんより、「MRTを通じてインドネシア社会に貢献できたことは生涯の思い出になり、今後も日本技術者が支援を続けていくと思う。」の言葉がありました。
 今回6人と参加者が少なかったが、姫路書写の母校の校舎、体育館等の変遷、書写山によく登ったこと、学生食堂のメニューなど、ローカルな話題で盛り上がった。 橋本 隆(C46)
20190313_213426ジャカルタ.jpg
写真前列左より、大脇、柏井、後列左より、横井、前家、橋本、花房

*MRTとは地下鉄のことで、ジャカルタにようやく、日本の技術で、完成し、2019/4/1より営業開始になります。

2019年03月20日

B棟(電気系)の内覧会が行なわれました

【平成31年3月19日】 内覧会が行なわれました
 あいにくの雨の中、太田学長、山ア副学長、川月工学研究科長、大学関係者、姫路市、兵庫県、地元住民の方、そして姫路工業倶楽部から6名が参加、総勢約30名。
DSC03011.JPG姫路工業倶楽部から参加した6名でB棟前で記念撮影(左から田中氏、正林氏、川口氏、福山氏、松井氏、後列、前田)

 太田学長から、一連の大学建て替えに関する予算承認などのエピソード並びにB棟の概要説明の後、3班に分かれて見学開始。10時から11時半の予定が12時を回るほど熱心に実験室、講義室、共同利用機器センター他を見学しました。説明には、学内OBの先生方6名(森下・本多・福本・岡・藤田・中嶋先生)も参加されていました。なお、B棟は6階建て、床面積7413uです。
DSC02999.JPGDSC02986.JPG
【実験室】                    【150名の講義室】
 また、実験室や講義室には姫路工業倶楽部が平成30年12月吉日に寄贈した電波時計も設置されていました。
DSC03003.JPG


【平成31年1月28日】 内覧会が行なわれます
 このたび、大学より、B棟(教育研究棟T)の内覧会を開催することとなり、姫路工業倶楽部の皆様方にご案内いただければ幸いに存じますとのメールをいただきましたので、展開いたします。内覧会ご希望の会員の皆様は、姫路工業倶楽部事務局にご一報いただきますようお願いいたします。
 なお、希望者多数の場合、ご要望にお応えできないことがあります。

記: B棟(教育研究棟T)内覧会

1 日 時:  2019年3月19日(火)10:00〜11:30 

2 出席者 約50人

3 内 容
(1)太田学長あいさつ  (2)共同利用機器センター見学  (3)教員研究室見学 (4)教室見学      

4 姫路工学キャンパス内案内図.pdf


【平成30年10月1日】 一部移転し運用開始
 一部、移転が行なわれ、実験も開始されているようです。(3号館前の工学の道から撮影)
DSC02603.JPG

【平成30年8月29日】 大学に引き渡されました
9月から2号館からの移転がはじまります。
DSC02450.JPG
DSC02453.JPG

【平成30年8月9日】 案内板ベール脱ぐ
 青いカバーで覆われていた案内板が、ついにベールを脱ぎました。
DSC02388.JPG 【工学の道側の案内板】

 名称は、新1号館(電気系)ではなく、B棟(研究教育棟1)となっています。B棟は、8月中に竣工しますが、竣工式及び供用開始時期については未定とのことです。そして、9月から2号館の研究室の移転作業が開始し12月中に移転は終了する見込みとのことです。
 いよいよ、B棟の稼動に伴って、旧本館や現2号館の解体が近づいてきました。

【平成30年8月3日】 案内板もいよいよ
 案内板も設置されいよいよというところです。なお、A棟の場合、2017/3/25に竣工式を踏まえ、4/1より活用でしたが、新1号館の竣工式を踏まえた活用は、2号館からの移転も考慮すると後期?からでしょうかね。
写真の左は図書館、奥は3号館、そして右側は新1号館。工学の道と同じ高さにある通路は階段で中央広場に通じています。
DSC02370.JPG

【平成30年7月2日】 フェンスが撤去されました
 関係者以外の立ち入りを防止するフェンスが撤去され、いよいよ完成が近づいたようです。
DSC02341.JPG

【平成30年6月13日】 屋上に太陽光発電設備が
 屋上にはタワークレーンもなくなり、太陽光発電設備が設置されました。各階のヒサシにエアコンの室外機も設置され出しました。
DSC02326.JPG

【平成30年6月1日】 外観が姿を見せました
 足場が完全に取り払われ、外観が姿を見せました。
・6号館5階より撮影。
DSC02310.JPG
・3号館前より撮影。トラックの後ろ側は大学会館や7号館、6号館に行くための通路と階段になっています。
DSC02316.JPGDSC02313.JPG

【平成30年5月11日】 壁面の足場が取り外されだしました
 一部ですが、いよいよ外観が姿を現しました。
DSC02280.JPG

【平成30年4月27日】 屋上の手すり設置完了?
 屋上に手すりの設置が完了?し、各階に設けられていた機材の搬入口が本日はありませんでした。
 また、先日、太田先生(学長)のお話を聞く機会があり、8月か9月には完成し、2号館と旧本館がその後、取り壊されるとのことでした。
DSC02278.JPG

【平成30年3月26日】 同じく6号館5階から撮影しました
 いよいよかと思いましたが、固定クレーンは今だ稼働中でした。
DSC02226.JPG

【平成30年2月28日】 6号館5階から撮影しました
 今まで、建物の中心に設置されていた固定クレーンが取り外されだしたようです。
DSC01929.JPG

【平成30年1月29日】 西坂側から撮影しました
 手前は、総合教育・情報教育を行う7号館
DSC01890.JPG

【平成29年12月27日】 計画の5階まで到達したようです
DSC01866.JPG

5階になっても、現在の3号館の方が高いように感じます。
DSC01868.JPG

【平成29年11月27日】 4階部分の鉄筋作業中
旧本館5階、姫路工業倶楽部室から撮影しました。
DSC01795.JPG

【平成29年10月27日】 3階部分の鉄筋作業開始
 鉄筋コンクリートによる作業、2階までは終了し、現在、3階部分の鉄筋作業が行われています。(6号館5階の窓から撮影しました。)
DSC01611.JPG
大学構内の広葉樹の紅葉も進んでいます。
DSC01608.JPG

【平成29年10月6日】 1階、2階部分の鉄筋作業
DSC01560.JPG

【平成29年9月13日】鉄筋作業開始
DSC01437.JPGDSC01440.JPG


【平成29年8月10日】基礎工事:基礎部分のコンクリート注入完了
DSC01390.JPG
【平成29年7月16日】
DSC01346.JPG

【平成29年6月30日】基礎工事:鉄筋による組み立て開始
DSC01320.JPG

【平成29年6月16日】
DSC01296.JPG

【平成29年5月31日】
DSC01285B.jpg

【平成29年4月21日】
DSC01256.JPG


【平成29年3月29日】基礎工事:整地作業終了?
 平成30年3月26日までの工事期間の看板からすると、後ちょうど1年というところです。
DSC01201.JPG
DSC01202.JPG


【平成29年1月27日】基礎工事:工学の道横樹木も伐採
基礎工事進行中。また、3号館前の工学の道横の樹木も何本か伐採されました。
DSC00891.JPGDSC00894.JPG

【平成29年1月10日】基礎工事:野外会場?取り壊し
DSC00876.JPG

【平成28年12月19日】フェンスが取り付けられました
インキュベーション側それとも図書館側からのイメージ図?
新1号館イメージ図.jpg

7号館2階の踊り場より
DSC00829.JPG

【平成28年11月11日】新1号館)整地作業開始
石舞台も撤去!
DSC00593(18%).jpg

*詳細建て替え計画について

2019年03月18日

【第2回E48(44年入学電気同期生)の同窓会】開催案内

 前回(2016年9月24日)に第1回のE48(44年入学電気同期生)の同窓会を行いました。今年、第2回の同窓会を予定していますので、参加のほどよろしくお願いいたします。 

【第2回E48(44年入学電気同期生)の同窓会】
1.日時 2019年11月2日(土)

2A.(午前に集合できる人)
   9:30 神姫バス姫路駅北口バスターミナル集合
   9:45 姫路駅北口発 → 10:10 県立大工学部バス停着
   10:10〜12:07 大学見学(工大祭と新しい電気棟の見学)
   12:07県立大工学部バス停発 →12:33姫路駅バス停

2B.(午後の同窓会に参加する人)
  (時間) 13:00〜15:00 
  (会場)福亭:http://www.seiko-fukutei.com/access.php
  (住所)〒670-0925 兵庫県姫路市亀井町75
  (TEL)079-222-8150
   *希望者には“二次会はコーヒーショップ”

3.会費 7000円

4.お申込み:幹事 定松まで(TEL072-854-3207)

2019年03月17日

大阪支部 H31年度ゴルフ例会のご案内(上期例会詳細)

■2019年3月18日(上期例会)
日時: 平成31年5月11日
場所: 三田レークサイドカントリークラブ
集合時間: 午前9時まで
出欠のご返事: 4月12日まで
詳しくは、大阪支部H31上期ゴルフ例会.PDF

■2019年1月23日
 大阪支部 ゴルフ同好会の小野幹事から、H31年度例会の案内が送られてきましたので、ご紹介いたします。多くの支部会員の皆様のご参加をお願いいたします。
1)上期例会:5月11日(土)
2)下期例会:11月23日(土)
詳しくは、大阪支部ゴルフ例会予定

2019年03月15日

四国支部総会開催のご案内

 四国支部の総会&懇親会を下記の内容で、開催予定です。多数の支部会員の皆様のご参加をお願いいたします。

日時: 2019年5月6日(月曜日) 11時30分〜

場所: 中津万象園(*) 懐風亭(アクセス他
    *丸亀城主の庭園です。
    香川県丸亀市中津町25-1
    TEL/FAX 0877-23-2266
お申し込み:支部長 久我昭、あるいは各県の代表者(副支部長)-連絡先はクリック下さい-まで、お願いいたします。 

懇親会後、丸亀城見学予定
・丸亀城は、国内で残存する12の城の1つで、少し離れてみると壮大な石垣が見事です、その技術も見事で、おすすめの城の一つです。その石垣は「扇の勾配」と呼ばれ、山麓から山頂まで4重に重ねられており、合計60メートルで、総高では日本一です。
丸亀城.JPG

・讃岐富士は、いつ見ても美しい姿です、丸亀市と坂出市にまたがって雄姿を見せてくれています。
讃岐富士.JPG
   

2019年03月11日

第35期通常総会・特別講演会・懇親会の案内

■第35期通常総会・特別講演会・懇親会の案内

姫路工業倶楽部会員の皆様
                  姫路工業倶楽部
                   第34期 理事長 寺林 史朗
 春寒の候、皆様には益々ご健勝の事とお喜び申し上げます。
 さて、姫路工業倶楽部の第35期の通常総会、特別講演会、懇親会を下記の要領にて開催いたします。多用中のところ誠に恐縮ですが、万障繰り合わせの上、奮ってご参加ください。

              記

日時: 平成31年4月13日(土)
    午前10時30分 受付開始
   (懇親会に参加される方は、懇親会費として3,000円、申し受けます)
場所: 姫路キヤッスルグランヴィリオホテル
    (姫路市三左衛門堀西の町210 電話:050-5847-7770)
    (周辺案内・アクセス等) 
    通常総会・特別講演会:3階「錦の間」
    懇親会 :3階「雅扇の間」

【通常総会】
  午前11時
   議題: 第34期 事業報告および決算報告
       第35期 役員選出
       第35期 事業計画および予算案

【特別講演会】
12時〜
   岩谷産業)中央研究所長 常務執行役員 宮崎 淳 様
  「究極のクリーンエネルギー『水素』社会の実現にむけて」

【懇親会】
  午前12時30分 受付開始
  (懇親会のみ参加される方は、懇親会費として3,000円、申し受けます)
  午後1時から午後3時30分
     兵庫県立大学ジャズ研究会(学生)の演奏
     兵庫県立大学フォト部(学生)の作品展示 など

 クラス会、企業内OB会、クラブOB会などのミニ会合の場としても、今回の通常総会、特別講演会、懇親会を活用いただきましたら幸甚です。

なお、参加申し込みは3月29日までに、部報30号や第35期総会案内に同封しましたはがきに加えて、FAX、メールでも可能です。ご参加、頂きますようよろしくお願い申し上げます。
    〒671−2201 
     兵庫県姫路市書写2167
     兵庫県立大学 姫路工学キャンパス内 姫路工業倶楽部
     電話&FAX:079−266−2274
     Eメール:hi-club@eng.u-hyogo.ac.jp

ご参考: 第34期通常総会第34期 懇親会