写真や画像をクリックすると拡大します!

2017年04月24日

22年ぶりに「MELCO神戸白鷺会」を開催

 同窓会「MELCO神戸白鷺会」が1995年 阪神淡路大震災で、流れてしまいました。紅谷会長のご提案があり、震災後初めて22年ぶりに4月19日ハーバーランド木曽路にて「MELCO神戸白鷺会」を開催しました。
 姫工大・兵庫県立大を卒業し、三菱電機神戸地区に勤務している方、勤務した方を対象とし、地震後の音沙汰並びに現役の方々を調査した結果、現在総勢22名の所帯となりました。
 今回、遠くは東京からの出席者を交え、14名が参加しました。予定の時間を大幅に超え、昔話や現代の話を交えながら、現役とOBの絆を深める事が出来ました。
 出席者全員のご賛同を得て、毎年、4月の第3水曜日に開催(次回は2018年4月25日(水))することにし、散会しました。 中西 悠二(E46)
MELCO神戸白鷺会2017.jpg

2017年04月17日

うるう会2017姫路城花見宴

 今年も「うるう会」恒例の姫路城花見宴を4月12日「千姫ぼたん園」で開きました。
 しぐれ模様で気温も乱高下の気候続きでしたが、毎年世話役を引き受けてくれているI君のズバリの読みで当日は素晴らしい好天と、まさに満開の桜の下で、遠くは名古屋からも13名が参加しました。 
 昨年は卒業後60年の節目で“納め”の「うるう会」と花見を兼ねましたが、参加可能者で花見はできる限り続けようとなったものです。M君が整理してくれた花見宴記録によると、初回の1998年4月11日から毎年続けて今年で20回目、在籍者26名の半数ですから、上々の参加と自慢できます。
 各自持参の弁当と飲み物を口にしながら1年ぶりの歓談。話しの中身は医者通いやリハビリ、温水プール通いの効果で頼っていた腰痛杖が不要になったことなど健康上のことが殆どなのは止むを得ないことです。Y君、得意なハーモニカ伴奏で「ふるさと」「琵琶湖周遊の歌」なども口ずさみ、尽きない談笑を3時間余で切り上げました。
 私達は育ち盛りの小・中学校の時期を戦中戦後に育ち、まだ物資不自由ななか学制改革の新制高校を経て旧師範学校を改装/増築した伊伝居の学舎で学びました。卒業必要単位数は他校より多く設定され、講座ごとに各人違う課題の設計製図など厳しく絞られましたが、卒業研究、夏休み中の学外実習、見学旅行などを含め“物なし時代”での苦楽と共助の学生生活が今の絆に繋がっていると思っています。
 いつものスポットで輝く白鷺城をバックに記念撮影し、もの凄く多い外国人の行き来に驚きながら桜並木を抜け、綺麗に改装されたみゆき通りから、見事に改装された大手前通りへ出て、喫茶店で喉をうるおし、ひと休憩後、健康でまた来春の再会を約して散会しました。 河原 實(M31)
IMG_2121 - バージョン 2.jpeg
M31うるう会2017花見.jpg

2017年04月14日

平成28年度 壱々会総会&懇親会

 富士通テン株式会社の企業内同窓会「壱々会」の総会&懇親会を平成29年3月31日に神戸三宮の中華料理「東天紅」で実施しました。(3月現在会員181名) 
 2016年度の活動報告、決算報告、2017年度世話役の承認に続き、懇親会では機械・材料工学科の日下准教授と阿保准教授、姫路工業倶楽部から当社OBである福山元理事長、前田事務局長をお迎えし、福山様のごあいさつ、前田様のご発声で懇親会を行いました。
 お世話になった先生、諸先輩方、そして同僚たちと懇親を深め、大いに盛り上がりました。参加者は役員から平成28年度新人までと幅広い年代となりました。会社の中ではこのつながりで仕事が進展することも多々あります。これが大学同窓会の醍醐味でもあると思います。
 今後も姫路工業倶楽部、会員の交流を大切にして、母校、会員、会社の発展に貢献していきたいと考えていますのでよろしくお願いいたします。
以上 壱々会会長 野口 伸一(M63)
H28年度壱々会総会&懇親会.jpg