写真や画像をクリックすると拡大します!

2016年10月28日

姫路工大K46クラス会

 姫路工大金属材料工学科を昭和46年に卒業したK46の今年のクラス会は毎年秋にあり。今年は10月22日、三宮の「うおまん 三ノ宮 ミント神戸店」で実施しました。K46の卒業生46名(健在者40名、不明者2名、物故者4名)のうち、24名が出席して高い参加率でした。卒業以来、初めて会うという友人もいて旧交を暖めました。67歳以上ばかりですが、まだ会社勤務をしている者、自営業、年金生活などそれぞれの立場で頑張っています。来年度の再会を約束し、有意義な半日を過ごしました。 世話人 飯田 好市
K46クラス会2016.JPG
JR三宮駅南側 歩道橋にて

2016年10月26日

アーチェリー部 第28回OB・OG戦報告

 絶好のアーチェリー日和となった10月9日、第28回OB・OG戦を書写レンジにて行いました。同窓会も兼ねたこの大会を楽しみに、選手や応援に40名を超えるアーチェリー部の卒業生たちが地元兵庫、大阪、愛知、広島などから集合しました。
 今回、平成22年卒の坂井さんと藤枝くんのカップルがめでたく婚約されたことや、平成18年卒の田中くんが全日本社会人ターゲット選手権へ参加したなど嬉しいニュースが報告された後、OB選抜チーム、現役チーム、OB現役混合2チームの4チームに分かれて7人づつ、4チームが、50/30mの合計点数で競いました。
 50m終了時点では、現役チームがトップで、2位のOB選抜チームに37点をつけていましたが、昨年優勝しているOB現役チームが「若い者には負けん」と、じりじりと奮起の追い上げを見せ、最終エンドまで勝敗はわからない状況で閉会式での結果発表を待ちました。結果、現役チームがOB選抜チームにわずか8点差の3820点で辛くも逃げ切り、現役の面目を保ちました。
 試合後の学生食堂で行われた交流会では、今日の試合で自己新を出した一回生に、OBで最高得点賞の田中君の粋な計らいでプレゼントが手渡され、1回生の女子部員、高橋さんは11月の新人戦での健闘を誓いました。また今年2年ぶりに女子部員が入部して頑張っていることに、OGで教師をされている坂井さんも嬉しそうでしたが、女子の後輩部員をどのように扱っていいかわからない現役男子幹部の三回生に酔った勢いの愛の溢れる熱血指導をしていました。皆で来年の再会を約束してのお開きとなり、飲み足りない何人かは夜の姫路に繰り出して旧交を深めました。
 アーチェリー部 OB、OGの皆さん、10月第2日曜日(体育の日の前の日曜)は是非姫路に来て、アーチェリーを楽しみましょう!
                         平成元年E卒 福場 毅(旧姓郡山)
アーチェリーOB戦.jpg

2016年10月22日

E48卒業後43年で初の同窓会

 平成28年9月24日、福亭で、卒業後43年で初の同窓会を開催しました。
 昭和44年(1969年)入学のこのクラスは「入学から卒業まで」大学紛争に翻弄されたクラスと言えます。東京大学安田講堂占拠により前代未聞の東大入試中止の余波を受けトコロテン式に受験生が流動した年でした。我が姫路工業大学電気工学科もその影響を受け競争率13.3倍という高倍率となりました。この難関を経て晴れて姫路工業大学電気工学科にて同じクラスになった縁で結ばれた定員50名のメンバーですが、入学時の1回生と3回生の時に夫々大学紛争に巻き込まれ卒業も48年、49年、50年と別れてしまいました。
 卒業年は違っても入学時が同じということで、卒業から43年の夫々の人生を経て、ここに再び集い、再会を懐かしみました。思い出話に花が咲いている最中に明日香ワインを製造しているクラスメイトからワインの差入れを戴き大変盛り上がりました。
 次回は誰かの古希狙いで再会しようと約束して散会しました。 田中 俊則(E48)
E48クラス会1.jpg
E48クラス会2.jpg

2016年10月21日

姫路工業大学C41同窓会

 平成28年10月12日、姫路プラザホテルで昭和41年応用化学科卒業同窓会を開催しました。私達が在学中は姫路城の昭和の大修理中で外見は囲われていました。教養の授業で先生の案内で修理中の大天守閣に入って見学したことを覚えています。在学中に1名、卒業後の数年後に1名欠けた以外50年間一人の訃報もなく、皆元気に過ごしているようです。ここ10年ほどは2〜3年毎に同窓会を開いています。今回は久しぶりに姫路での開催となりました。
 前回までは泊まりがけでの同窓会でした。ところが「本人は元気でも親や連れ合いの介護といった事情」で不参加が増え、今回はとりあえず原則日帰り。希望者の宿泊は世話するということで募ったところ同窓生の約半数の23名の参加となりました。
 当日、11時集合が予定。JRが芦屋付近で一時不通となって、バスヘの代替え。JRで来る予定の参加者が大幅に遅れてしまいました。 12時半宴会開始としていましたが見切り発車で12時45分開始。
 西山幹事の挨拶の後、オープンセレモニーにと西山の尺八吹奏。上坂幹事の発声で乾杯。その後は料理とお酒を楽しみながら、一人づつ近況報告となりました。
 参加者は見たところ皆元気そうでした。健康の話、身につまされる闘病経験。定年から10年以上経っているのにまだ現役でバリバリやっている仕事の話、退職後に始めた趣味や、ボランティア活動。お遍路めぐり、飼い始めたペット<猫>の話など「持ち時間3分以内で」という森田司会者の指示もなんのその、予定の時間いっぱい盛り上がりました。2年後の再開、次回の幹事を決めて吉森幹事の一本締めで散会。
 二次会はホテルの1階のロビーに隣接した喫茶室ではぼ全員が残って講座毎にグループに分かれてダベリング。三次会はカラオケに行こうとなって約半数の11名が参加。2時間たっぷり、学生時代に流行った歌を歌いまくり。4次会はホテルに泊まる人を中心に久しぶりにマージャンで締めくくり。長い一日でした。  西山健治(C41)
C41クラス会2016.JPG

2016年10月18日

兵庫県立大学の熊本復興支援例

兵庫県立大学で実施する熊本地震の被災地応援例をご紹介します。大学会館(食堂)に張り出されていました。
サントリーの飲み物やじゃがりこを購入するとその一部(1円/本or1円/個)が熊本県被災地復興募金になるようです。塵も積もれば山となる!ということです。
実施期間は、2016年10月3日〜31日 です。県大の熊本支援例.jpg

2016年10月16日

第13回工大祭、カウントダウン開始

★カウントダウン開始: 10/14現在、後21日
今年のWELLCOMEゲートは新本館の工事でちょっと見ずらい。逆に帰りのSEE YOU AGAIN!!はよく見えます。
DSC00472.JPGDSC00474.JPG

現本館前の階段にも、第13回 工大祭「Say Cheese!!」のモザイクアート出現。
DSC00475.JPG
 
★いよいよ第13回工大祭の準備が始まりました
 本日(9/23)、第13回工大祭の案内看板が時計台と学生会館前に設置されました。お近くの方はお友達やご家族をお誘いして覗いてみてください。
開催日は、11月4日(金)〜6日(日)です。
DSC00398.JPGDSC00396.JPG

 なお、今年の工大祭の様子は、主催する学生自治会の皆様にお願いして、部報28号に紹介記事を掲載いたします。ご期待下さい。

また、11月5日には、姫路工業倶楽部と大学が共催で工学部1年生の保護者の皆様を対象とした「ウェルカムトゥ姫路工学キャンパス」も開催いたします。多数のご参加、お待ちしています。
・H27年度の様子
 http://blog.himejikgclub.org/article/170017181.html
・H26年度の様子
 http://blog.himejikgclub.org/article/111389668.html

2016年10月12日

E33クラス会

 今年も神戸三宮の国際会館10階「西村屋ダイニング」で開催しました。全員が80才を超えた現在、幹事4人の内2人までが体調不良で欠席する始末。15名予定の参加者が11名となりました。
 昨年元気に場を盛り上げていた的埜君が亡くなったので、クラス追悼の会にしようとの粉川君の提案で、全員の時系列上映を計画しました。昭和29年4月の姫工大入学時の記念写真から、クラスのダンスパーティ、卒業式の写真や、これまでの同窓会全部の写真を大型TVに写し、“あれ、これは誰だ?”、“この時はふさふさの頭だ”とか大変盛り上がりました。最後に来年の再会を約束して解散しました。 丸山 壽夫
E33クラス会(2016).jpg

2016年10月05日

兵庫県立大学 男女共同参画シンポジウムが開催されます

兵庫県立大学 男女共同参画推進室より、シンポジウム開催の案内をいただきましたのでお知らせします。
女性研究者の魅力発信として、以下のプログラムが実施されます。参加無料です。

基調講演1:「ワクワクをカタチにするものづくり 〜感性と機能の融合〜」
  渡辺百合香さん(株式会社 資生堂 化粧品開発センター)
基調講演2:「理系女子× わたしらしさ」
  高岡素子さん(神戸女学院大学 人間科学部環境・バイオサイエンス学科 教授)
クロストーク:女子学生と女性研究者による対談
日時: 10月22日(土)13:00〜16:30
場所: イーグレひめじ3F(あいめっせホール)

理系に興味をお持ちの高校生、大学生のお子様、お孫さん(女子)がいらっしゃいましたら是非ご一緒にご参加頂きたいとのことです。

アクセス含む詳細及び申し込みについては、男女共同参画シンポジウムのチラシをご覧下さい。