写真や画像をクリックすると拡大します!

2016年06月27日

第9回 姫路工業倶楽部機械の会

 平成28年5月14日、第9回姫路工業倶楽部機械の会が兵庫県立大学姫路工学キャンパスの書写紀念会館において開催された。機械の会は機械工学コース/機械工学部門(旧機械工学科/機械工学専攻)の卒業生・在学生・現旧教員の親睦、情報交換を図ること目的に設立されたもので、前回の会合が平成25年に開催されてから三年経過していたこともあり、総勢百名に参集いただいた。
 機械の会はまず総会から始まり、会長の金子 弘様(院H19卒,三城光学研究所所長,ワールドオプティカルカレッジ校長)より挨拶を頂き、次いで海津浩一教授より最近の大学の組織改編の内容と姫路キャンパスの整備計画の進捗状況について説明がありました。その後、機械の会もこの組織改編に合わせて母集団となる対象者を、学部では機械・材料工学科の機械工学コース、大学院では機械系工学専攻の所属する卒業生・在学生・現旧教員とすることが了承されました。次回の機械の会はこの新たな組織により運営されることになります。総会の最後は退職された格内 敏名誉教授と伊勢智彦先生(豊橋技術科学大学,講師)の在職中および現在の状況の紹介が原田泰典教授からあり、伊勢先生の最近の研究面でのご活躍が特に印象的であった。
 総会に次ぐ講演会では、平成28年3月に退官された格内 敏名誉教授より「大学での41年間を振り返って」と題して本学における研究活動について、国際会議や海外留学時のスナップショットを交えて紹介いただいた。難しい研究内容とは対照的に、卒業アルバムでは決して掲載されていないような、教員だけの懇親会の風景の写真が数多く披露され、恩師の若かりし姿、在りし日の姿がスクリーンに紹介される度に会場に歓声と微笑みに包まれていた。講演後に副学長の太田 勲先生から国際会議毎に世界各国を観光していることについて、「あっちこっちで遊んでばかりおるな!」と皮肉交じりに質問され、格内先生が頭を抱える様子がとても滑稽で、終始なごやかな雰囲気で1時間の講演会を終了した。
 懇親会は場所を移して大学会館の生協食堂で行われた。この直前に正門の時計台前の階段で集合写真が撮影され、5月の涼やかな風と、わずかに見える新本館の建設状況を参加者全員に確認いただけた。懇親会場では、総会、講演会に参加頂いた方々と新たに懇親会から参加した格内研究室の卒業生十数名を加え、格内先生を囲む会となった。まず太田副学長に乾杯の発声をいただいて会食となり、卒業生の間を格内先生と金子会長のペアで行き来する、名刺交換のいらない懇親会となった。著者は格内先生と30年間のお付き合いで家内よりも付き合いが長いのであるが、それでもなお、お見かけしたことのない格内研の卒業生にお会いすることができて、41年という年月を感じさせる感慨深い交流会であった。  機械の会 幹事 阿保政義 (M62)
機械の会1.jpg機械の会2.jpg機械の会3.jpg機械の会4.jpg機械の会5.jpg機械の会6.jpg機械の会7.jpg機械の会8.jpg機械の会9.jpg機械の会10.jpg機械の会11.jpg
機械の会12.jpg

2016年06月24日

東日本支部 総会

 平成28年6月12日、東海大学校友会館にて東日本支部総会が実施されました。この東海大学校友会館は霞ヶ関ビル35階にあり北東側に皇居、南西側に東京タワーが望め、周りは外務省、財務省、内閣府、特許庁等の各省庁があり、まさしく日本の行政の中心地であります。
 総会は井上支部長の挨拶後、平成26〜27年度の活動、会計報告等が承認され、また次期支部長、幹事長には引き続き現支部長、幹事長がその任に当たることが決まりました。
DSC00216A.jpgDSC00219A.jpg
 井上支部長(K45)挨拶  森島幹事長(C51)H26-H27決算報告他

 その後、一球会幹事の麻生さんからゴルフ参加者の案内がありました。どの会もそうですが、各会員の高齢化が進み若い会員の方の入会をお願いしたいところです。

 引き続き、兵庫県立大学 准教授 小橋昌司氏(F07)が「人工知能による医療画像ビッグデータ解析がひらく予測医療」について講演を頂きました。大変興味深い講演を拝聴させていただきました。
 なお、2016年4月に先端医工学研究センター(AMEC)が姫路に設置されましたが、小橋先生は同センター 先端医療情報部門長をされています。
DSC00232(小橋先生B).jpgDSC00238.JPG

 懇親会では田中理事長(S47)から本部の活動報告、来春の姫路工業倶楽部総会の紹介がありましたが、この総会は間もなく落成される姫路工学キャンパスの新本館で執り行うとのことでした。東日本支部からも多くの方に参加していただきたいと思います。
 懇親会はクラス、出身、勤務先等の垣根を超えた交流の場として、多岐にわたり情報交換ができる場と考えています。今後とも多くの方の参加をお願いします。
DSC00255.JPGDSC00253.JPG
 
 最後は姫路工業倶楽部前田事務局長による一本締めでお開きとなりました。
 森島 文夫(C51)
東日本支部一本締めA.jpg
司会の中野氏(J10)と一本締めの前田事務局長(E49)、後ろは東京タワー

2016年06月10日

マツダと兵庫県立大学の共同研究開始について

 兵庫県立大学とマツダ株式会社は、平成28年6月7日、世界最大級の大型放射光施設SPring-8を活用した材料開発研究に関する共同研究契約を締結しました。

兵庫県立大学記者発表

スプリング8(トピック)

マツダニュースリリース

2016年06月06日

H28年度 姫路工業倶楽部 山陽特殊製鋼支部総会

 4月22日(金)に割烹「森富」にて、H28年度 姫路工業倶楽部 山陽特殊製鋼支部の総会を開催し、48名の会員が参加しました。本年は、兵庫県立大学から、准教授の日下先生、阿保先生、福本先生をお迎えし、書写キャンパス建て直しの状況など、大学の近況を紹介して頂きました。先生方とは学生時代の思い出話で盛り上がり、話が尽きませんでした。兵庫県立大学と山陽特殊製鋼の絆が更に深まったように感じます。
 総会では、皆が仕事の場とは違う顔で、終始笑顔の絶えない雰囲気で会が進行しました。この会を通じて、部署や役職の垣根を越えた親睦交流を深めることが出来ました。
 様々な立場でありながら、同窓という繋がりのもと、共に楽しい時間を過ごすことが出来る、この絆に感謝すると共に、姫路工業倶楽部がより一層有意義なものになるよう、今後も盛り上げてまいりたいと思います。
H28年度山特支部総会.png
最後に、ご多忙の中、総会に参加して頂きました先生方に、心より御礼を申し上げます。 藤井 愛理(F2013)

硬式テニス部OB会(年2回現役・OBの交流戦、及び年末OB有志懇親会)

〜硬式テニス部OB会は現役のクラブ活動をサポートしています。〜
 2016年5月21日、姫路工学(書写)キャンパステニスコート。抜けるような青空の下、今年もOB会が行われました。力強いサーブ、スピンの効いたストローク、時折見せるドロップショット。昨年対戦時よりリーグ戦の経験を経た現役は、大きく成長し安定したプレイを見せ、レギュラーの中心選手としての活躍を確信しました。現役1回生も有望な新人が入部しており、また少なかった女子部員も3名入り、全現役部員16名、マネージャー1名の活気のあるクラブになっています。
 OBは25名の参加があり、学内OBは全員参加しました。従来から、卒業して間もないOBの参加は多かったですが、中高年のOBも参加しています。対戦成績は11勝10敗で現役の勝利となりました。
H28年度夏季OB会.jpg

 OB戦の後は若手OBによる現役指導が行われ、現役はOBの指導に熱心に耳を傾けていました。OB会から現役への支援として「現役支援金及び現役強化費」を充てています。現役支援金は外部からのコーチ指導料、現役強化費はボール代に使用されています。OB会は毎年現役支援を続け、現役のクラブ活動をサポートしています。
 秋季OB会の会合では現役からリーグ戦の結果報告をしています。リーグ戦は多くのOBが駆けつけ、現役の応援をしています。昨年は惜しくもリーグ入れ替え戦で昇格を逃しましたが、4部再昇格の報告と共に祝勝会が開催できる日を待ち望んでいます。

 また、昨年の12月29日には、三宮(老房)でOB有志による7回目の懇親会を開催しました。OB会相談役をはじめ、中高年を中心に17名が集まり、年1回の親睦を楽しんでいます。
H27年度年末OB有志懇親会.jpg
 OB会は現役への支援・交流、及びOB同士の交流を今後も続けていきたいと思います。
以 上 硬式テニス部OB会 副会長 野上 尚洋(C03)

2016年06月01日

第14回_姫工大グリークラブOB会開催

 トップ・サーティ(大阪駅前マルビル30F)で、17名の参加を得て懇親会を開催しました。
姫工大グリーOB会(20160527).jpg

会の現状と計画
 平成12年(2,000年)に、S46 〜S49年卒の有志11名で、懇親会形式のOB会をスタートさせました。 当時はグリークラブ全体のOB会という認識ではなく、年齢の近い者の集まりという感覚でした。二次会でカラオケに行き、記憶している愛唱曲を歌うことを楽しんでいましたが、もう少し「歌」の比率を高めようということで、ホテルの部屋を借り切ったり、パーティールームの利用など、「個室で食事+合唱」のスタイルに変えてから、約8年になります。
 一昨年の秋、学生歌の録音で、OB会スタート時の有志より年上の先輩とのつながりが出来、さらに昨年12月に開催された兵庫県立大学合唱団の定期演奏会に、OBとして賛助出演させていただいたことなどから、少しずつ年齢層の幅が広がった構成となっています。
 今後も従来のような「個室で食事+合唱」を継続する予定ですが、それとは別に「姫路工業大学グリークラブOB合唱団」を立ち上げる動きをスタートさせることになりました。これから検討を始めるので、立上げ時期などは未定ですが、他大学には多いOB合唱団を姫路工業大学にも作りたいと考えています。
以上  大野 進(C46)

産業機械科_昭和40年入学 古希同窓会

 2年毎開催するようになって今年で4回目を迎え、古希にあたる集いであった。昨年暮れに開催日の打診から5か月、皆それぞれに楽しみに集まった同窓会、恩師の小寺澤先生をお招きし、21人の懐かしい顔が揃った。場所はこのところ変貌の激しい姫路駅周辺を見下ろせるリーズナブルな播州ダイニングのレストランであった。
 いつもながら入れ替わりの自己紹介にはそれぞれの事情を反映した変化を感じつつ、またやっと参加頂けた方を囲んでの歓談、学生時代以降の年輪の語らい、趣味の上達、現役続行、健康寿命を願って盛り上がったひと時だった。また今年も仲間の1人を追悼しなければならなかったのは残念だった。
 播州産(志方牛、夢美人の卵、坊勢さば、播州地鶏など)にこだわって盛られた料理はまた来たい思いにさせる美味しさで、とりわけ土産は古希祝いの明石鯛の「鯛めし」や桃色吐息豚ソーセージなどで家に帰ってからも話題を頂いたものだった。
 最後に余裕も生まれ、姫路城と名城仲間である難攻不落と言われたあの熊本城に寄付することができたことも、元気で参加できている仲間の感謝の意でもあった。
 また30年5月を目途に再会できることを約して二次会に、姫路城に、新幹線など三々五々と別れていった。
日時 平成28年5月14日 12:00〜15:30
場所 姫路駅前 フェスタビル4F 播州ダイニング GOTTO
幹事一同
産業機械40年入学同窓会(20160514).jpg